ユリゴコロとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
【久々にきたページ戻り】沼田まほかる「ユリゴコロ」感想(ネタバレ有): 夜 ...
【久々にきたページ戻り】沼田まほかる「ユリゴコロ」感想(ネタバレ有),背徳・知性・官能 など「夜」にふさわしい作品を紹介していきます。ゾクゾクする本・伏線が張り巡らされて いる本が大好き。ドラマや映画も取り上げます。
ユリゴコロが映画化!あらすじや感想、評価は?原作は沼田まほかる ...
吉高由里子が葛藤する殺人者役、5年ぶりの主演映画『ユリゴコロ...
ユリゴコロ|人生にギャップアップはないんだな~ - アメーバブログ
映画『ユリゴコロ』が2017年9月に全国公開される。同作は『大藪春彦賞』を受賞し、『本屋大賞』にもノミネートされた沼田まほかるの同名小説をもとにした作品。余命わずかな父の書斎で見つかった、事実か創作か...- CINRA.NET- 2時間前

■2018年1月01日
1敗11勝
11勝したらそのあとも勝てると思うじゃない。 Rが味方してくれるから勝ち続けると思うじゃない。 なのに何が悪かったのか何が原因なのか、一転して敗者に。英語でいえばLOOSERに。 ただの敗者ならまだ

■2017年10月10日
月旨と月方が憎い
ブログを放置していたことよりも体を放置していたことがやばい。 かつて無いほどに体重と体脂肪が増えている。 ごめん嘘、小中学生時代の方が体脂肪率は高かったけど、走り始めてからの「かつてなさ」では最高潮

■2017年7月29日
坊主憎けりゃ今朝まで憎い
さー今日も室内でトレーニングしちゃおうかと階段を降りた時に視界の端に動く物体が。 尻尾と後ろ足だけ見えたソイツはそこそこお馴染みのヤモリさんではないか。 家を守ってくれるし金運もアップするっていうし

■2017年6月25日
ワイファイではなく敢えてウィーフィーと呼びたい
ブログ辞めたと思ったでしょ? 離脱したと思ったでしょ?ドロップアウトしたと思ったでしょう? 単にサボりです。 焼肉で言うならばタンにカルビです。 重篤でもなければそれに準ずる出来事が身内に起きたわけ

■2017年4月16日
孤狼の血
孤狼の血 Amazon昭和六十三年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員が失踪した事件の捜査を担当することになった。飢えた

■2017年3月30日
メガネの日コンタクトの日
ブログ脳どころかブログNOと化している近頃のあたくし。朝、いつものようにコンタクトをおめめの中にねじ込もうとケースから指で取ったらさぁ大変。 レンズが欠けているではないか。 使ってるのはソフトレンズ

■2017年3月21日
めんがいいです。
めんがいいのです。 ご飯よりもこねて潰して細くした、麺が消化に良いのです。 もちろんパンも同じ小麦粉だから良いのだけれど、どちらかと言うとそば粉の方が好きなのでそばにしてください。 でもそばはアレル

■2017年2月23日
プレミアムフライデー
とうとうプレミアムフライデーだね! でもうちの会社は関係ない!フルタイムだよ!くそ!プレミアムフライデーの話は終わり!今日のお昼はここ、イオンのフードコートで食べよう。俺の名前は矢野秀夫(仮称)、2

■2017年2月20日
ブログ脳
ブログ休んでいる。 ブログ休みすぎている。 23日間も更新してねぇってどうしたんだ俺、と自問自答するもブログ脳ではなくなったと答えが帰ってくるばかり。 説明しよう。ブログ脳とは、何かを見たり何かが起

■2017年2月05日
入力完了。
去年末からコツコツ書き換えてたプロフィールの更新が完了しました。 プロフィール画面からご覧になれるとかなれないとか。 全項目書き換えたとか書き換えてないとか。 というかむしろ、このブログ自体存在して

ユリゴコロ 感想 沼田 まほかる - 読書メーター
吉高由里子、初の殺人者役に!主演映画「ユリゴコロ」...- サンケイスポーツ- 7時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもユリゴコロに関連のある画像ばかりではありません。
ユリゴコロの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

ユリゴコロ』は、沼田まほかるのミステリ小説。
2011年4月4日に双葉社から単行本が刊行された。
2014年1月9日には双葉文庫から文庫本が発売された。
2017年に映画化された。
;美紗子:4冊のノート『ユリゴコロ』を書いた人物。
;亮介:婚約者の千絵が失踪し、父の末期がんが判明。
母が不審な交通事故死を遂げた。
ある日実家で、余命わずかの父の書斎の押入れに、ひっそりと仕舞われていた4冊のノート『ユリゴコロ』を見つける。
その事がきっかけでその秘密に迫っていく。
2011年の発売以降、販売部数累計25万部を超え、2012年には大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネート、「このミステリーがすごい!」国内部門第5位など数々の国内ミステリーランキングにランクインした。
アメリカ・中国・韓国・台湾でも翻訳出版された。

引用:Wikipedia:データベース

ユリゴコロのツイート

ユリゴコロに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもユリゴコロに関連のある動画ばかりではありません。

ユリゴコロに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング