ヤルタ会談とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
ヤルタ会談/ヤルタ協定/ヤルタ体制 - 世界史の窓
第二次世界大戦の末期、1945年2月に開催されたアメリカ・イギリス・ソ連の三国首脳による戦後処理に関する会談。 ヤルタ会談 チャーチル、ローズヴェルト、スターリン.
ヤルタ会談とは何? Weblio辞書
ヤルタ‐かいだん〔‐クワイダン〕【ヤルタ会談】 ... 第二次大戦末期の1945年2月、米・英・ソのルーズベルト・チャーチル・スターリンの三首脳がヤルタで行った会談。降伏後の ...
ヤルタかいだん【ヤルタ会談】 | や | 辞典 | 学研キッズネット
... (しゅのう)会談。ドイツの分割管理(ぶんかつかんり)や,国際連合(こくさいれんごう)の設立(せつりつ)などが話し合われ,ヤルタ協定(きょうてい)がむすばれた。
ヤルタ密約 チャーチル英首相、ソ連対日参戦1カ月前に情報漏らす ...
2018/4/17 - 1945年2月4日、ヤルタ会談に出席した(右から)ソ連のスターリン首相、米国のルーズベルト大統領、英国のチャーチル首相(AP).
国立公文書館 アジア歴史資料センター
ヤルタ会談(クリミヤ会談) 1945.2.3-11. 外務省外交史料館; 戦後外交記録; B'門 条約、協定、国際会議、国際機関; 2類 国際連合; 0項; 0目; 国際連合関係雑件 ...

ヤルタ会談(ヤルタかいだん、)は、1945年2月4日から2月11日にかけて、ソビエト連邦のクリミア自治ソビエト社会主義共和国のヤルタ近郊にあるリヴァディア宮殿で開催された、アメリカ合衆国・イギリス・ソビエト連邦による連合国首脳会談である。
第二次世界大戦が終盤に入る中、ソ連対日参戦と国際連合の設立について協議された他、ドイツ及び中部・東部ヨーロッパにおける米ソの利害を調整することで、世界大戦後の「ヤルタ体制」と呼ばれる国際レジームを規定した。
超大国主導の勢力圏確定の発想が色濃く、東西冷戦の端緒となった。
「クリミア会議」とも呼ばれる。
1945年1月にポーランドを占領したソビエト連邦軍(赤軍)がドイツ国境付近に達しつつあり、西部戦線においてはアメリカ・イギリスの連合軍がライン川に迫る情勢のもと、連合国の主要3カ国首脳の会談が行われた。
会談の結果、第二次世界大戦後の処理についてヤルタ協定を結び、イギリス・アメリカ・フランス・ソ連の4カ国によるドイツの分割統治、ポーランド人民共和国の国境策定、エストニア・ラトビア・リトアニアのバルト三国の処遇などの東ヨーロッパ諸国の戦後処理が取り決められた。
併せて、アメリカとソ連の間でヤルタ秘密協定を締結し、ドイツ敗戦後90日後のソ連対日参戦及び千島列島・樺太・朝鮮半島・台湾などの日本の領土の処遇も決定し、2020年現在も続く北方領土問題の端緒となった。
また、戦後の発足が議論されていた国際連合の投票方式について、アメリカ合衆国・イギリス・フランス・ソビエト連邦・中華民国の5か国(後の安全保障理事会常任理事国)の拒否権を認めたのもこの会談であった。
会談が行われたクリミア半島は、当時はソ連構成国であるロシア共和国の領土であり(1954年にソ連構成国であるウクライナ共和国の領土となった上でソビエト連邦の崩壊後ウクライナ領となるが、2014年クリミア危機を経てロシアが編入宣言)、ヤルタはクリミア半島の南端、黒海を臨むソ連随一のリゾート地であった。
会場となったリヴァディア宮殿は、ロシア皇帝ニコライ2世の別荘(離宮)として建造されたものである。
なお、この会議に先立つ同年1月30日から2月3日にかけ、ルーズベルト大統領とチャーチル首相はマルタ島において会談を行っている(マルタ会談 (1945年))。

引用:Wikipedia:データベース

ヤルタ会談に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング