ヤシガニ 異例とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
なぜここにヤシガニ!? 家電ごみの山から出現 那覇では異例 | 沖縄 ...
那覇市の泊漁港内で5日、不法投棄された大量の家電ごみなどの中から「ヤシガニ」が見つかった。体長20センチ、重さ700グラム程度。専門家によると推定年齢は雄なら11 ~13歳、雌なら30歳くらいで、那覇市内で見つかるのは珍しいという。

■2018年10月30日
沖縄の天気予報(10月30日~31日)曇りや雨 気圧の谷の影響受ける - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄地方は、前線や気圧の谷の影響で曇っており、弱い雨の降っている所があります。 30日の沖縄地方は、気圧の谷の影響で曇るでしょう。先島諸島では、夜に一時雨の降る所がある見込みです。 31日の沖縄地方

■2018年10月30日
全酒造の泡盛ブレンド いちゃゆん43度 あすからイオンで限定販売 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 県酒造協同組合(大城勤理事長)は31日から、県内全46酒造所の泡盛をブレンドした「いちゃゆん43度」を数量限定で販売する。泡盛業界の活性化に向け、8月に販売した「いちゃゆん25度」に続く第2弾。まろ

■2018年10月30日
おばぁタイムス(2018年10月30日) - 沖縄タイムス+プラス プレミアム


■2018年10月30日
浦添「立ち寄る街へ」 商工会議所と事業者連携 体験イベント来月始動 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 通り過ぎる街から立ち寄る街へ-。浦添市内の隠れた魅力を発信する地域体験イベント「りっか!浦添」が11月1日からスタートする。

■2018年10月30日
採用活動「継続中」78% 県内企業、来春卒対象 求人おきなわ調査 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 求人情報誌発行の求人おきなわ(大里一雄社長)は29日、来春卒業の学生に対する県内企業の採用活動調査を発表した。調査した8~9月時点で採用活動を続けている企業の割合は78・9%と前年から28・2ポイン

■2018年10月30日
あす10月31日(水)の沖縄県内の主なイベント - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 ※イベントは主催者の都合で内容、日時が変更になることがあります。お出掛け前にご確認ください。掲載情報は「箆柄暦」からの転載です。問い合わせ、電話098(869)9155。

■2018年10月30日
シュワブ強化、地元困惑 名護市議会・市・県に連絡なし - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 米海兵隊がキャンプ・シュワブに第3海兵師団(キャンプ・コートニー)の陸上部隊を配備し、同基地の機能強化を進めていることについて、名護市議会の軍事基地対策等特別委員会の金城隆委員長は「沖縄防衛局や市当

■2018年10月30日
遠隔バックアップを検証 クロス・ヘッドとオラクル 東京-沖縄間 来月からサービス - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 沖縄クロス・ヘッド(那覇市、渡嘉敷唯昭代表)は11月から、同社が提供する遠隔操作が可能なデータベースのバックアップシステムを検証するサービスを始める。東京と沖縄のデータセンターに検証機械を設置し、実

■2018年10月30日
10月30日は「世界ウチナーンチュの日」 米国で記念式典 沖縄から特別ゲストも - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 【クリッシー悦子米国通信員】10月30日の「世界のウチナーンチュの日」に合わせ、米オハイオ州沖縄友の会(ジューン・マクベイ会長)は記念式典をコロンバス市内のキャピトル教会で開いた=写真。

■2018年10月30日
沖縄県、汚染原因確認求める 普天間の有害物質 防衛局通し米軍に - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 残留性有害物質PFOS(ピーホス)、PFOA(ピーホア)による米軍普天間飛行場内の汚染が明らかになった問題で29日、県は沖縄防衛局を通し、米軍に事実関係の確認を求めた。 県の担当者は「事実であれば、

■2018年10月30日
「結論ありきだ」デニー知事が憤り 辺野古埋め立て承認撤回・執行停止 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 【東京】沖縄県の玉城デニー知事は30日、名護市辺野古の新基地建設を巡る県の埋め立て承認撤回に対し、石井啓一国土交通相が執行停止を決めたことに「結論ありきで中身のないものだ」と述べ、強い憤りを示した。

■2018年10月30日
石垣市長、協力の姿勢 陸自年度内着工 市議会可決の公算大 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 【石垣】石垣市平得大俣への陸自配備計画で、防衛省が本年度内に駐屯地の造成工事に着手する方針を固めた。配備予定地の約半分を占める市有地の売却は市議会の議決が必要で、中山義隆市長は防衛省から申請があれば

■2018年10月30日
デニー知事、普天間の停止要求へ 「上空飛ばないで」ヘリ部品落下の保育園と小学校視察 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 玉城デニー知事は29日、昨年12月に相次いで米軍ヘリの部品が落下した宜野湾市の緑ヶ丘保育園、普天間第二小学校を就任後初めて視察した。保育園、小学校の関係者らは共通して「米軍は最小限のルールとして飛行

■2018年10月30日
浅草・雷門から徒歩2分 夢への一歩は「鉄板焼き」 沖縄食材で海外狙う同級生コンビ - 沖縄タイムス+プラス ニュース
鉄板焼店経営 名幸仁さん(34)=那覇市出身/上地気夢さん(33)=読谷村出身 大学の同級生同士が10年越しの夢へ一歩踏み出した。日本発祥の料理で、海外にも広く知られる「鉄板焼き」。国内外の観光客でに

■2018年10月30日
石垣陸自、年度内に着工 国、月内にも入札公告 県アセス条例適用前 - 沖縄タイムス+プラス プレミアム
 【東京】石垣市での陸上自衛隊の部隊配備計画を巡り、防衛省は29日までに、本年度内に駐屯地の造成工事に着手する方針を固めた。政府関係者が明らかにした。月内にも造成工事の入札を公告する。

■2018年10月30日
社説[外国人労働者拡大]「生活者」迎える議論を - 社説
 政府が外国人労働者の受け入れ拡大に大きく舵(かじ)を切ろうとしている。 これまで医師や大学教授など高度な専門人材に限っていた在留資格を、単純労働分野でも解禁する入管政策の転換である。一時的な労働力で

■2018年10月30日
「人体に影響ない」と言うけれど… 子ども遊ぶ広場に農薬 芝生が枯れ茶色に - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 沖縄県浦添市仲間のANA SPORTS PARK浦添(浦添運動公園)内の遊具広場で、除草のために農薬が散布されていたことが29日までに分かった。

■2018年10月30日
沖縄県の辺野古埋め立て撤回 国交相が執行停止を決定 近く工事再開へ - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 【東京】石井啓一国土交通相は30日、名護市辺野古の新基地建設を巡る埋め立て承認撤回に対し、効力を一時的に止める執行停止を決めたと発表した。31日にも沖縄防衛局に通知書が到達する見込み。撤回を不服とし

■2018年10月30日
「購入した土地に知らない墓が…」 所有者不明の無縁墓、街づくりや防災の壁に - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 受け継ぐ人がいなくなり放置された「無縁墓」が沖縄県嘉手納町の比謝川周辺に点在し、まちづくりや安全対策に影響が出ている。リニューアル工事を控える町立屋良城址公園には墓が116基あり、9割以上が所有者不

■2018年10月30日
スピッツ、ユニコーン、サンボ…今年も豪華アーティストが沖縄に! モンパチフェス11月3・4日開催 - 沖縄タイムス+プラス ニュース
 スピッツ、Dragon Ash、ユニコーン、PUFFYなど33組の県内外ミュージシャンが出演するモンゴル800(モンパチ)企画の音楽フェスティバル「What a Wonderful World!!1

なぜここにヤシガニ!? 家電ごみの山から出現 那覇では異例 - ニュース ...
なぜここにヤシガニ!? 家電ごみの山から出現 那覇では異例
それはあかんて!ヤドカリ(ヤシガニ)の暴挙。ぴったりな家を探した結果 ...
那覇市の泊漁港内で5日、不法投棄された大量の家電ごみなどの中から「ヤシガニ」が見つかった。体長20センチ、重さ700グラム程度。専門家によると推定年齢は雄なら11~13歳、雌なら30歳くらいで、那覇...- 沖縄タイムス- 5時間前
#泊漁港 - Twitter Search
スレッドタイトルはタイトルを読んで中身がわかるように心がけて下さい。 ニュース総合では既存あるニュース掲示板のいずれのジャンルにも該当していないニュースのみ作成して下さい。 当該ニュースと関係のない画像はアップロードしないで下さい。 ※上記に違反した内容は削除致します。内容によっては投稿規制をさせて頂く場合が御座います。 援助交際、児童ポルノ、薬物売買関連投稿は刑事罰の対象です。随時監視し、発見次第厳正な処置を取らせて頂きます。 サイト健全化のため、上記違法投稿 ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもヤシガニ 異例に関連のある画像ばかりではありません。
ヤシガニ 異例の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

ヤシガニ (椰子蟹)Birgus latro は、エビ目(十脚目)・ヤドカリ下目・オカヤドカリ科に分類される甲殻類の一種。
陸棲甲殻類のみならず陸上生活をする節足動物全体から見ても最大種である。
日本ではヤシガニのその名前や言い伝えから、「ヤシの木に登りヤシの実を落として食べるカニ」としてのイメージが定着している。
実際には、ヤシガニの食性は口に入るものなら腐敗した死肉でも食べる雑食性で、必ずしもその主食にヤシの実があるわけではない。
ヤシの実を食すことは確かだが、実を切り落とすために木に登る習性も確認されておらず、上記のイメージは口述伝承から生まれた誤解である(食餌参照)。
ヤシガニは強力な鋏脚でヤシの実の硬い繊維も切り裂く事が出来る。
また、銀食器や鍋などきらきらとした物を持ち去ることから、英語では Robber Crab (泥棒蟹)あるいは Palm Thief (椰子泥棒)などと呼ばれることもある。
また、若いヤシガニは貝殻の中にその身を隠すこともある。
生息域がインド洋の最西端からミクロネシアまで広がっているため、様々な名前で知られており、グアムではアユユと呼ばれ、その他の地域ではウンガ、カヴュ等と呼ばれることがある。
また、生息する地域により様々な色をしており、明るい紫色から茶色まである。
前述の通りヤシガニは陸上で生活する最大の節足動物である。
名前の通りカニに似るが、ヤドカリの仲間である。
雄は雌より大きく体長は40センチメートルを超え、脚を広げると1メートル以上にもなり、4キログラム以上に成長する。
タカアシガニには及ばないものの、最大級の大きさである。
ヤシガニの体は、大きく分けると頭胸部と腹部に分けることができ、10の肢を持つ。
2本の前肢は巨大なハサミになっている。
沖縄美ら島財団の研究グループが2016年11月に国際学術雑誌「PLOS ONE」に掲載した研究成果によると、ヤシガニ29個体を調べたところ、ヤシガニのはさみの挟む力は体重の約90倍であることが分かった 沖縄タイムス、2016年12月5日閲覧。

これを海外で見つかった最大級の体重4kgクラスの個体に当てはめると337kg・fとなり、甲殻類最強で、ライオンの噛む力(約300kg・f)にも匹敵する。
前肢の次に並んでいる3対の肢は小さなハサミになっており、陸上歩行に適した形になっている。
また、垂直にヤシの木を登ることも出来る。
沖縄においてよく目撃されるのは、アダンの木に登ることである。
木に登るときも降りるときも、頭を上に向けている。
また、これらの肢は食べ物を扱うことができる。
最後の1対は非常に小さく、歩行ではなく鰓の掃除に使われる。
この肢は折りたたまれて鰓室の中に入っているため、外部からは見えない。
腹部は普段は頭胸部下側に曲げて折りたたむ形で行動する。
腹部にある鰓室は水分を溜め込むことに非常に適しており、これによりヤシガニは多湿な環境であれば、空気中の水分を鰓室に取り込むことにより鰓で十分に呼吸することができる。
逆に、水中では鰓室と鰓が水分で飽和してしまうため、呼吸することができない。
このため、ヤシガニは「湿度が高ければ陸上で長時間活動できるが、水中では長時間活動できない」という、陸上生活に特化した甲殻類である。
ヤシガニはヤドカリの仲間ではあるが、その大きさのため成体は体に見合う大きさの貝殻を見つけることは困難である。
若いヤシガニは、カタツムリの殻などを用い、成長するにつれて、ヤシの実などを使うこともある。
他のヤドカリとは違い、成体は腹部がキチン質や石灰質でおおわれ硬く、カニのように尾を体の下に隠すことで身を守る。
腹部が硬い物質でおおわれていることで、地上でくらすことによる水分の蒸発を防ぐ。
しかし、定期的に腹部を脱皮する必要があり、再び腹部が硬くなるまでは30日ほどかかる。
この間は体に水分を十分に保つことができないため、水分の豊富な環境に身を隠す。
ヤシガニはほぼ完全な陸上性で、成長すると産卵時を除いて水に入ることはない。
水分が多く湿度の高い場所の岩の割れ目や地下にハサミを使って掘った穴を住処とし、日中は天敵と直射日光を避けるために割れ目や穴の中に隠れており、雨や霧の日でないかぎり外に出ることを避ける。
ただし生息数が多い地域では、日中にも食べ物を探しに現れることもある。
巣の中で休んでいる時は、入り口をハサミでふさぎ、巣の中の環境、特に湿度を一定に保つようにする。
ヤシガニはほぼ陸上生活に適応しているため、海岸線から6キロメートル以上も離れたところで発見されたこともある。
寿命は50年程度と考えられている。

引用:Wikipedia:データベース

ヤシガニ 異例に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもヤシガニ 異例に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング