モラルハラスメントとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
モラルハラスメントをする人、受ける人の特徴とは [ストレス] All About
概要-モラル・ハラスメ...-モラル・ハラスメ...-脚注
モラルハラスメント - Biglobe
2014年9月25日 - 言葉や態度などによって心を傷つける精神的暴力「モラルハラスメント(モラハラ)」を 知っていますか? モラハラをする人、受ける人の特徴は? 被害を避けるにはどうしたら いいの?
モラハラとは?|職場のモラル・ハラスメント対策室
傷も血もあざも、何も見えないけど、 なんだか息苦しくて、つらくて、チカラがなくなって いく…。 それっていったい、なんなのだろう…。 そんなことを、わたしたちは語り合ってい ました。 そして、 キーワードになるようなものをたくさん出しているとき、 『モラル・ ...
モラルハラスメントの被害者たちは気付こう | 幸せの種「気づき」
モラル・ハラスメントとは. 【事例】. 私は事務チーフをしているかよこ(31歳)です。年下の 部下、アカネさんとの関係に悩んでいます。アカネさんは、私の発言に、とにかく何でも「 NO」を出します。口癖は、「じゃなくてぇー」と「てゆーかー」。会話をバーンと否定語で ...

■2021年4月23日
弱者の心と言われるルサンチマンに陥った者たちが群れて、更に弱い者(1人)の中で真っ当な人間(まだ腐っていない、染まっていない人間)を叩いている!染まっていない人間)を守ってあげて下さい。守られることを深く知った人間は、強くなれます。
よく、「あいつは腐っている」「腐った人間だ」など、「腐る」という言葉でダメになっていくことを表現することがありますが、人は何故腐るのでしょうか。実際に、人は死ぬと腐ります。これは心も同じです。心が死ん

■2021年4月20日
トラウマ転換ウォーキングに、また高評価がつきました! 過去の苦しみ、トラウマ、これに対し、新たな意味づけをしましょう。
サヨナラ・モンスターに付属している、「トラウマ転換ウォーキング(Amazonでも個別販売中)」に、また高評価がつきました! 出典元:(https://www.amazon.co.jp/dp/B08B4

■2021年4月19日
「IQテスト-メンサデンマーク」をやってみた! 僕のIQ(知能指数)は123と高いほうだった! 昔、少年院で脳を洗ってもらって良かったと思う。 
今、「IQテスト-メンサデンマーク」をやってみました!(1回しかテストしていません) 僕のIQ(知能指数)は123でした! 123は高いほうですが、メンサ会員になれるレベルではありません;^^ メンサ

■2021年4月18日
現在3位!! Amazonで販売中の電子書籍「悪夢を克服する方法」の無料キャンペーンは間も無く終了!
Amazonで販売中の電子書籍「悪夢を克服する方法」の無料キャンペーンは、間も無く終了となります。 多くの方から注文いただき、お陰様で「3位」になりました! – 3位家事・生活の知識 (K

■2021年4月16日
自分自身が良い支配者にならないと、いつまでも「支配されちゃう人」のままです。良い支配者になりましょう! 
「親への恨みはでっち上げ」で、「良い支配者になることが大切」だとお伝えしています。僕は、「毒親なんてくそ!だから逃げて幸せになって!」というレベルの低いことをあなたに言いたくありません。このようなレベ

■2021年4月15日
【毒親ブームの終焉】そろそろ、毒親を悪く言い過ぎることをやめないといけませんね! 毒親ブームに詐欺師やカルトも絡んでいますから、問題がややこしくなっています。
この文章は、「親への恨みはでっち上げ」に書いたものの一部です。 「毒親ブーム – Google 検索」で検索してみると、毒親ブームに警鐘を鳴らす記事、マインドコントロールの一部として機能し

■2021年4月14日
加害者たちは、自分の加害行為を「自分の中にいるモンスターがやった」と主張することがあるが、それを創ったのは自分です。自分の力で「モンスター(纏まり)」を小さくしよう(紐解こう)!
モラルハラスメント加害者(支配者)は、侵略者、侵害者、侵入者、侵食者です。相手の気持ちを考えず、他人の領域にズカズカと勝手に踏み込んでくることがあります。このような加害者は「強姦者(レイプ加害者)」の

■2021年4月12日
【電子書籍】「親への恨みはでっち上げ(ワーク付き)」を再出版! 58万回以上も閲覧された記事を電子書籍化! 親への恨みはこれで消える! 心の曇りを晴らして支配者になれ!
【電子書籍】「親への恨みはでっち上げ(ワーク付き)」を再出版しました! Kindle Unlimitedに登録している方なら0円 親への恨みはでっち上げ(ワーク付き) この本は、過去、58万回以上も閲

■2021年4月06日
「やる気を創る心の技術(Amazonで販売中の本)」に、また高評価が付きました! 「大変勉強になる本で今すぐ実践可能」とコメント付き! 本の中でお伝えしている「やる気を創る3ステップ」は、「心の燃料」を使うのでやる気が高まります!
「やる気を創る心の技術(Amazonで販売中の本)」に、また高評価が付きました! 「大変勉強になる本で今すぐ実践可能」とコメント付き! 引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/

■2021年3月30日
58万回以上も閲覧された記事を元にした「親への恨みはでっち上げ(電子書籍)」を再編集しています! 自分自身を大切にして、この本に書いてあることを受け入れてくれたなら、きっとどんな人でも、その恨みつらみを克服していけると、僕は思います。
AmazonのKindleストアで出版している電子書籍が、以前よりも沢山読まれるようになってきました! 高評価を頂いたり、ブログなどで紹介して頂けたり、本当にありがとうございます。多くの人に伝えたいこ

モラル・ハラスメントとは
モラル・ハラスメント夫の実践対策ガイドブック【CD付き】 私たちの多くは抑圧する側と 抑圧される側に分かれます。例えばモラルハラスメント(モラハラ)ですが、これはモラル を振りかざしたことが前提での精神的な暴力、嫌がらせのことを言います。言葉や...
モラルハラスメントの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

モラルハラスメント(、)とは、。
俗語としてモラハラと略すこともある。
フランスの精神科医、マリー=フランス・イルゴイエンヌが提唱した言葉。
外傷等が残るために顕在化(見える化)しやすい肉体的な暴力と違い、言葉や態度等によって行われる精神的な暴力は見えづらいため、長い間潜在的な物として存在していたが、イルゴイエンヌの提唱により一般にも知られるようになったイルゴイエンヌ(2006) pp.12 - 14.。
イルゴイエンヌは、社会は精神的な暴力に対しては対応が甘いが、精神的な暴力は肉体的な暴力と同じ程度に、場合によっては肉体的な暴力以上に人を傷つけるもので犯罪であると述べる。
フランスにおいては、1998年時点では、社会は精神的な暴力に対しては対応が甘く、肉体的な暴力に対して厳しいので、その点が問題だという イルゴイエンヌ(2006) pp.19, 12 - 13。
イルゴイエンヌは、セラピストとしてたくさんの被害者に接してきた結果、被害者が加害者の攻撃から身を守ることがいかに難しいか、よく知っている「モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする」P25。
ストレスは行き過ぎなければ心身に深い傷を与えないが、これに対してモラル・ハラスメントは、心身に深い傷を与えるのが普通の状態なのであるイルゴイエンヌ「モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする」p31。
「モラルハラスメントがどれほど被害者の心身の健康に破壊的な影響を与えるのか、その恐ろしさを嫌と言うほど見てきた。
モラルハラスメントは精神的な殺人である」とも述べている。
『モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする』P236安冨歩は「moral(モラール)」というフランス語の「精神の、形而上学の」という意味を考慮に入れ、「harcèlement moral(アルセルモン・モラール)」を「身体的ではなく、精神的・情緒的な次元を通じて行われる継続的ないじめ、いやがらせ、つきまといなどの虐待」と解釈している安冨歩『誰が星の王子さまを殺したのか 〜モラル・ハラスメントの罠〜』P31< />その他、「harceler(アルスレール)」(しつこく攻める、悩ませる)の語源 「harer(アレーレ)」(犬を獲物にけしかける)など。
< />また、「harcèlement moral(アルセルモン・モラール)」は英語に訳すると「emotional abuse(イモーショナル・アビューズ)」。
「e-moveo(イー・ムヴィオ)」=「外へ-動く」)。
「モラル・ハラスメント」が成立するためには、「いやがらせ」が行われると共に、それが隠蔽されねばならない。
「いやがらせ」と「いやがらせの隠蔽」とが同時に行われることが、モラル・ハラスメントの成立にとって、決定的に重要である。
安冨歩『誰が星の王子さまを殺したのか 〜モラル・ハラスメントの罠〜』P33加藤諦三は、「愛」だと思い込んで相手を支配する「サディズムの変装」を、モラルハラスメントをする人自身が「愛」だと思い込んで理解できない側面であると指摘している加藤諦三『モラル・ハラスメントの心理構造』。
また、被害者の支援者は肯定的な対応を行い、加害者と離れることを勧めたり適切な支援機関を紹介をしたりすることが大切である鈴木 由美 (2007)..桐生短期大学紀要,18,79-85.。

引用:Wikipedia:データベース

モラルハラスメントに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング