マツダ 新世代SUVとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
マツダ新世代SUV 国内量産へ | 2019/1/4(金) 5:05 - Yahoo!ニュース
マツダは、新たなSUVの量産を今年から国内で始めると明かした。新型マツダ3に続く新 世代商品第2弾で、革新的な技術を搭載するという。SUV人気に対応し、販売拡大につなげる狙い。
マツダが新世代SUV量産へ 今年、国内で開始 - NewsPicks
マツダは4日、新たなスポーツタイプ多目的車(SUV)の量産を今年から国内で始めると明らかにした。新型「マツダ3」に続く新世代商品の第2弾で、革新的な技術を搭載するという。高まるSUV人気に対応し、販...- 共同通信- 8時間前
マツダが新世代SUV量産へ 今年、国内で開始 - 47News
マツダは4日、新たなスポーツタイプ多目的車(SUV)の量産を今年から国内で始めると明らかにした。新型「マツダ3」に続く新世代商品の第2弾で、革新的な技術を搭載するという。高まるSUV人気に対応し、販売拡大につなげる狙いだ。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもマツダ 新世代SUVに関連のある画像ばかりではありません。
マツダ 新世代SUVの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

マツダ株式会社は、広島県に本拠を置く日本の自動車メーカーである。
自動車及び同部品の製造・販売を事業としている自動車メーカーである。
本社所在地は広島県安芸郡府中町新地3番1号。
東京証券取引所におけるTOPIX Large70の構成銘柄に選定されている。
2017年度の世界販売台数は163万台。
ロータリーエンジンを搭載した自動車を量産していたほか、ロードスターは「2人乗り小型オープンスポーツカー」の生産累計世界一としてギネス世界記録の認定を受けている。
1991年には日本メーカーとしては初のル・マン24時間レースでの総合優勝を果たした。
2000年代以降は「Zoom-Zoom」のキャッチフレーズの下、走行性能とデザインを特色とした車作りに特化する戦略を進めている。
今後は、顧客との間に強い絆をもった「プレミアムなブランド」を目指すとしている。
1979年以来フォードとの提携関係が長く、1996年5月には同社の傘下に入りプラットフォームや生産施設などの共有化が進められたが、リーマン・ショック以降はフォード離れが進み、2015年9月に完全にグループから独立した。
2015年5月にはトヨタ自動車と中長期的な提携関係を結ぶことを発表し Car Watch 2016年5月13日、2017年8月には業務資本提携を結ぶことで合意。
相互に500億円分ずつ株式を取得し、トヨタがマツダの第2位の大株主となった。
THS-Ⅱの供給や、EV開発会社と北米工場の共同設立など、両社は急速に距離を縮めている。
2018年5月には日本国内生産累計5000万台を達成した。
これまではトヨタ、日産しか達成しておらず3社目の自動車メーカーになった。
創業は1920年、コルクを生産する「東洋コルク工業株式会社」として誕生。
1927年以来、「東洋工業株式会社」が正式社名であったが、1984年にブランド名に合わせて「マツダ株式会社」に改称した。
英語表記は「MAZDA」。
コーポレートマークの「mazda」は1975年から、「M」を模った現在のエンブレムは1997年から使用されている。
現在の社名は、事実上の創業者である松田重次郎の姓と、叡智・理性・調和の神を意味するゾロアスター教の最高神アフラ・マズダー (Ahura Mazdā)にちなみ、自動車産業の光明となるよう願ってつけられた。

引用:Wikipedia:データベース

マツダ 新世代SUVに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもマツダ 新世代SUVに関連のある動画ばかりではありません。

マツダ 新世代SUVに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング