マツコ 苦言とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
マツコ・デラックスが「月曜から夜ふかし」スタッフに苦言「末期症状 ...
2017年9月26日 - マツコ・デラックスが22日の「月曜から夜ふかし」でスタッフに苦言を呈した。「あんたたち 、何なの? 最近!下ネタばっかり!」と番組内容に指摘。「下に逃げるようになったらお 終いですよ!」「末期ですよ!」と訴えた.

■2017年10月19日
坂上忍 あおり運転の経験を告白「若いときはカチンときて何だこの野郎って」
19日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、番組MCの坂上忍が、あおり運転をしたことがあると明かした。 番組では、今週、全国各地で相次いでいる交通トラブルのニュースを伝えた。割り込みや追い越しなどに

■2017年10月19日
萩本欽一 香取慎吾の「仮装大賞」起用秘話を明かす「俺を降ろして…」
18日放送の「おじゃMAP!!SP」(フジテレビ系)で萩本欽一が、香取慎吾の「欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞」(日本テレビ系)に関する秘話を明かした。番組では、ゲストの萩本が香取を自宅兼仕

■2017年10月19日
東名高速死亡事故 容疑者の父親と勘違いされた男性がデマ被害を告白
19日放送の「直撃LIVE! グッディ」(フジテレビ系)に、東名高速道路で夫婦死亡事故を誘発したとして逮捕された石橋和歩容疑者の父とみなされた男性が出演し、インターネットのデマ情報で受けた被害を語った

■2017年10月19日
クロちゃんが「水曜日のダウンタウン」で起きた弊害を告白
18日深夜放送のラジオ番組「山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ)で、お笑いトリオ・安田大サーカスのクロちゃんが、「水曜日のダウンタウン」(TBS系)に出演したことで起きた弊害を告白した。番組では、M

■2017年10月19日
坂上忍 バツ2に痛烈発言「アホだと思ってる」
19日放送の「バイキング」(フジテレビ系)が、いしだ壱成が2度目の離婚を公表したニュースを特集。司会の坂上忍からは「バツ2はアホだと思ってる」と痛烈発言も飛び出した。番組では、8月に2度目の離婚をして

■2017年10月19日
高畑充希が書類の職業欄に本音「記入するのが恥ずかしい」
19日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)で、女優の高畑充希が、書類にある職業欄に対する本音を漏らした。番組では、18日に開催した「NTTドコモ2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」の模様を

■2017年10月19日
小山慶一郎 女手一つで育ててくれた母親への思い「幸せにするのは当たり前」
19日放送の「徹子の部屋」(TBS系)で、NEWSの小山慶一郎が、女手一つで自身を育ててくれた母親に対する思いを明かした。番組では、小山がゲストで初登場し、自身の過酷な家庭事情を明かした。小学5先生の

■2017年10月19日
岡村隆史が結婚後の夢を語る 子どもがママに「犬飼いたいな」と言うと…
18日深夜放送の「東野・岡村の旅猿」(日本テレビ系)で、ナインティナイン・岡村隆史が結婚後のささやかな夢を語った。番組では、岡村と東野幸治がゲストのピース・又吉直樹と共に山梨・本栖湖を訪れた。淡水ダイ

■2017年10月19日
「ドラゴンボール」ファンが野沢雅子をモノマネ芸人と勘違い 太田光も「大バカ野郎」
17日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)に、野沢雅子のモノマネで人気のアイデンティティ・田島直弥がゲスト出演。モノマネをきっかけに、一部「ドラゴンボール」ファンが勘違いを引き起

■2017年10月19日
ビートたけし 唯一勝てないと思ったお笑い芸人は明石家さんま
18日放送の「1番だけが知っている」(TBS系)でビートたけしが、唯一勝てないと思ったお笑い芸人は明石家さんまだと告白した。番組では、たけしが「魂震えた芸人」を尋ねられ、「明石家さんま」だと答えた。た

マツコ、再び解散総選挙に苦言「私たちは何に付き合わされているのだろう」
マツコ、インスタ映えブームに怒り「ブスにブスと言ってやる時が...
マツコ・デラックスが『知らない世界』でインスタ映えブームに苦言「食べ物 ...
タレントのマツコ・デラックスが10日、TBS系で放送された「マツコの知らない世界SP」で、世間のインスタ映えブームの陰に、食べ物を粗末にする風潮があることを知り、「可愛いインスタあげても、お前はブス...- デイリースポーツ- 48分前

■2017年10月18日
【動画】『おじゃMAP!!』で香取慎吾が隠し子騒動ネタにドッキリ


マツコ「インスタ映え」に苦言 - au Webポータル
マツコ、再び解散総選挙に苦言「私たちは何に付き合わ...- スポーツ報知- 1日前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもマツコ 苦言に関連のある画像ばかりではありません。
マツコ 苦言の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

マツコ・デラックス(1972年10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者である。
千葉県千葉市(現・千葉市稲毛区)出身『総武線さんぽ』(散歩の達人MOOK、交通新聞社、2015年)p.104。
所属事務所はナチュラルエイト。
血液型はA型。
;趣味・嗜好尊敬する人物として元NHKアナウンサーの加賀美幸子をあげており、彼女がホスト役を務めた2013年6月17日放送の『ハートネットTV』にゲスト出演した。
同様に美輪明宏の名をあげている。
番組の収録などでテレビ局やスタジオに出向いた際、美輪も偶然同じ社屋にいると伝え聞いた時は必ず楽屋を訪ね挨拶をするという - NEWSポストセブン・2015年5月2日。
元プロ野球選手の高橋慶彦の大ファンであり、テレビ番組等で度々公言している。
『マツコ&有吉の怒り新党』で「私のイケるプロ野球選手、不動の1位」とコメントした。
だが、一方で「(名門野球部出身者が)よくいるけど、十中八九、クソ野郎だから」と言い切り、「野球やっていても、あんな人間しか育たないんだって良くわかるわ」と野球嫌いも公言している。
東映製作の映画『女囚さそり』に強い影響を受けており、20代の頃には主演である梶芽衣子の黒ずくめスタイルを真似て、女装仲間らと寸劇に興じるほどであった。
ハロー!プロジェクトのファンであり、特に「それぞれの個性が面白い」とBerryz工房を気に入っているという。
本人曰く「ベリのファンって恥ずかしいからモー娘。
のファンってことにしてるのよ」という(そのことについて嗣永桃子は「ベリのどこが恥ずかしいんですか!」と思ったという)。
中森明菜の大ファン。
;エピソード大相撲力士の宝富士大輔が「マツコ・デラックス似の力士」と評判で、師匠の伊勢ヶ濱親方(元横綱・旭富士)からも「似てる。
マツコ富士に改名しようか」と言われたことがある。
その後、2012年4月23日放送分の『月曜から夜ふかし』に宝富士がゲスト出演し、初共演した。
たまにウィキメディア財団の要請に応じ寄付しているというAolニュース(2015年8月5日)。
同性愛者を公表している民主党所属の元大阪府議会議員の尾辻かな子を支持、支援しており、2007年の参議院選挙に彼女が出馬を表明した際、支持者集会で応援ビデオメッセージを送っている。
因みに、同性愛者について「足りない感じがする」などネガティブな発言をした石原慎太郎東京都知事(当時)に対しては批判している。
;文筆業 1972年10月26日、千葉県千葉市生まれ。
子供時代から自身が男性同性愛者(ゲイ)である事を自覚しており、幼なじみの従兄弟に性的な魅力を感じた経験を告白している。
因みに漫才師シンデレラエキスプレスの松井成行は従兄弟にあたり、しかも唯一の男性であるため自身のことかもしれないと語っている『週刊文春』2011年6月30日号。
高校ではSMAPの木村拓哉と一年間だけ同級生だったが、お互いに面識はなかった。
卒業後は美容専門学校(東京都品川区)に入学し、美容師の資格を得て働いていたが、「何か違う」と感じていた時にアクティビストな同性愛者の姿を見て奮起しライブドアニュース(2015年3月26日)、『薔薇族』『SAMSON』『G-men』に並ぶゲイ雑誌『Badi』の編集部に転職し、同誌の記者・編集者などを務めた。
二十代後半に一度退職し、実家で長く引き篭もり生活を送っていたが、編集者時代の記事を読んでいた小説家の中村うさぎがホストを務める対談集『人生張ってます』のゲストに抜擢され、『マツコ・デラックス』の芸名と個性的なビジュアルやトークスキルが注目された事が世に出るきっかけとなった。
更に中村から「あんたは書くべき人間」とその文才が高く評価されるなどを経て、2000年頃から、スリーサイズ:全て180cm、体重140kgの巨体と、女装家というユニークなスタイルでタレント活動とコラムなどの執筆活動を開始した。
因みに、新聞やニュースサイトの見出し欄などでは、文字数制限の問題から「マツコDX」と表記されることがある。
2002年、ソニー・マガジンズ社から『アタシがマツコ・デラックス』を発表、以降も定期的に著作を発表している。
また、毒舌と体型で比較される事の多いナンシー関とは、「デブ」についてのテーマで対談している。
;テレビ、ラジオへの進出2000年、フジテレビ『ワンナイR&R』の前身番組『エブナイ』でテレビ初出演を果たす。
2005年TOKYO MXの情報番組『5時に夢中!』のコメンテーターで登場し、2016年現在、月曜レギュラー出演中である。
2009年、フジテレビで初の冠番組『マツコの部屋』が開始される。
それまでは、マネジメントとタレント活動を一人で兼任していたが、友人のミッツ・マングローブの伯父である徳光和夫に「事務所に入った方がいい」と助言され、ナチュラルエイトに所属した。
以降、『マツコ&有吉の怒り新党』、『月曜から夜ふかし』、『アウト×デラックス』など、自由かつ毒舌混じりな発言を大いに活かしているレギュラー番組が次々とスタートしている。
2011年、ラジオ文化放送で冠番組『井筒とマツコ 禁断のラジオ』が開始した。
2012年4月、日本テレビ『三毛猫ホームズの推理』で連続ドラマ初出演を果たした。

引用:Wikipedia:データベース

マツコ 苦言に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもマツコ 苦言に関連のある動画ばかりではありません。

マツコ 苦言に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング