マクラーレンF1とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
マクラーレン | チーム情報, ドライバー, ニュース, 特集, フォト| ESPN F1
概要-機構・スタイル-レース活動-車輌バリエーション
マクラーレン | チーム情報, ドライバー, ニュース, 特集, フォト| ESPN F1
概要-機構・スタイル-レース活動-車輌バリエーション
マクラーレン | チーム情報, ドライバー, ニュース, 特集, フォト| ESPN F1
概要-機構・スタイル-レース活動-車輌バリエーション
マクラーレン | チーム情報, ドライバー, ニュース, 特集, フォト| ESPN F1
概要-機構・スタイル-レース活動-車輌バリエーション
マクラーレン | チーム情報, ドライバー, ニュース, 特集, フォト| ESPN F1
概要-機構・スタイル-レース活動-車輌バリエーション
マクラーレンF1の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

マクラーレンF1(McLaren F1 )は、マクラーレン・カーズ(現マクラーレン・オートモーティブ)が1991年に発表したスーパーカー。
マクラーレンF1は、マクラーレンの創始者であるブルース・マクラーレンの果たせなかった、「マクラーレンの名を冠したロードゴーイングカー」を具現化することによって、そのマクラーレンの力を証明するために開発した車である。
設計はブラバムやマクラーレンのF1マシンの設計者である、自動車デザイナーのゴードン・マレーの手によるもので、マレーの嗜好や思想を充分に反映させたデザインとなっている。
エクステリアデザインはピーター・スティーヴンスである。
新車価格は当時日本円にして約1億円であったが、それでも売れば売るだけ赤字になるというほどコストが惜しみなく注ぎ込まれた車である。
F1登場以前のスーパーカーにはフェラーリ・F40、ポルシェ・959などがあったが、F40はランチア・LC2、959はポルシェ・962Cの双方共にグループCレーシングカーから転用されたターボ過給の準レーシングエンジンであり、居住性よりも性能を優先させた「公道を走れる準レーシングカー」と言っても過言ではないものであった。
そこへホンダがNSXを市販し、エンジンが小さく自然吸気のために絶対的なパワーでは敵わないものの、当時のスーパーカーと呼ばれた他の車種の極端に低いルーフや視認性を妨げる高いダッシュボード、足回りのためにオフセットしたペダル等とは異なり、その居住性を重視した設計は従来のスーパースポーツとは一線を画していた。
マレーは開発に際しF40や959、ブガッティ・EB110など多種のスポーツカーを乗り比べたがいずれも酷評、その中で求める絶対性能は違いこそすれどNSXをベンチマークとし、F1の開発中もNSXを所有することで、日常での扱いやすさや居住性等をスポーツカーとしての指標としていたマレーは「今も心に甘く切なく響くマシン」「チャンスがあればまた手に入れたいと思っている」と、かなりNSXを気に入っていたようである。

さらにマレーは「20世紀最後の工業製品として、10年、20年後にも見劣りすることのない究極の自動車」をテーマに掲げ、これを具現化させた。
マクラーレン・F1はスーパースポーツの常識を塗り替え、後年におけるスーパースポーツの基準を大きく引き上げる事となる。

引用:Wikipedia:データベース

マクラーレンF1に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング