ベネズエラ インフレ率とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
ベネズエラ、インフレ率100万%に :日本経済新聞
2018年7月24日 - 【モンテビデオ=外山尚之】国際通貨基金(IMF)は23日、南米ベネズエラのインフレ率が年内に100万%に達するとの予測を発表した。マドゥロ大統領の失政と米国の経済制裁で同国の物資不足は深刻化しており.
インフレ1千万%か ベネズエラ | 2019/1/10(木) 10:47 - Yahoo!ニュース
インフレ率、170万%=IMF「今年は1千万%」―ベネズエラ
べネズエラの「インフレ率1000万%」を人はなぜ信じるのか? フェイク ...
ベネズエラの国会は昨年のインフレ率が170万%に達したと発表、IMFは今年のインフレ 率を1000万%と予測している。ベネズエラでは昨年、通貨単位を5桁切り下げるデノミを実施。

■2019年1月15日
ブレグジット協定採決、議員は賛成? 反対?
ブレグジット審議の鍵を握る複数の議員を取材し、採決で賛成するか反対するか、方針とその理由を聞いた。

■2019年1月15日
性未分化で生まれた赤ちゃん、手術で性を決めて良いのか
赤ちゃんに性別決定の手術をするのは本当に必要なのか、疑問視する人が増えている。

■2019年1月15日
アンディー・マリー選手、全豪オープン初戦で敗退 これが最後?
マリー選手は11日の記者会見で、今年7月のウィンブルドンを最後に引退する予定だが、体調不良のためこの全豪オープンが現役最後の大会になるかもしれないと話していた。

■2019年1月15日
トランプ米大統領、ロシアのために働いたことはないと主張
トランプ氏は、ロシアのプーチン大統領との会談後に通訳のメモを取り上げたという報道を「フェイクニュース」と呼んだ。

■2019年1月15日
ブレグジット協定否決は「英国民を失望」させる=メイ英首相
テリーザ・メイ英首相は14日、欧州連合(EU)離脱協定に反対する議員たちは「英国民をがっかり」させることになると強調した。

■2019年1月15日
クリントン〝不倫弾劾裁判〟から20年、トランプ大統領の訴追は困難?
トランプ米大統領弾劾の可能性が昨年の中間選挙後、いっそう現実味をもってささやかれている。民主党が下院で多数を奪還したたことが、その背景にある。そういう事態が現実になるのだろうか。

■2019年1月15日
「アジア再保証イニシアティブ法」は「中国封じ込め」の法律なのか?
米国で成立したアジア再保証イニシアティヴ法は、中国封じ込めとしてメディアに報じられたが、むしろインド太平洋地域を包括した法律である。内容は現実的であり拉致被害者を示唆する北朝鮮の人権侵害等、日本にも重

■2019年1月15日
車のフロントガラスでARを活用
AR(拡張現実)はビジネスシーンでのガイド、ナビゲーション、インフォメーションなどで広く利用されるようになった。多くがスマホやタブレットを使用し、現実に目の前にある景色に説明や映像などを添える、という

■2019年1月14日
毎年驚かされるBMWの凄み CES2019
CESでは毎年コンベンションセンターの外側に特設テントを設け、気合いの入ったプレゼンテーションを行うBMW。一昨年にはフリーウェイ上での自動運転テストドライブを行ったり、と常に他社に先駆ける技術力の提

■2019年1月14日
男性保護者が進学も就職も結婚も決める サウジの女性たち
サウジアラビア出身の18歳女性は、帰国すれば家族に殺されるなどとツイッターで助けを求めた。サウジの女性は男性保護者の同意がないと、人生の大事なことがほとんど何も決められない。

■2019年1月14日
ゴーン前会長の妻、「過酷な扱い」を人権団体に訴え
ゴーン前会長は11月に逮捕されて以降、2カ月近くにわたって勾留されている。勾留はさらに続く見込みで、日本の司法制度に対する批判の声が出ている。

■2019年1月14日
SNSで助け求めたサウジ少女、難民認定先のカナダに到着
家族に殺されると訴え、タイ・バンコク空港に留まっていたサウジアラビア人のラハフ・ムハンマド・アルクヌンさん(18)が12日、難民認定を受けたカナダに到着した。

■2019年1月14日
トランプ氏、プーチン氏との会談内容を隠していないと 米報道受け
米主要紙は、トランプ米大統領がプーチン露大統領との会談内容を側近にも伏せていると伝えた。

■2019年1月14日
EU離脱協定あす採決 メイ英首相、議員に最後の説得
メイ首相は14日の演説で、議会は協定を否決して合意なしブレグジットに向かうより、ブレグジットそのものを阻止する方向に動いていると警告する予定。

■2019年1月14日
「西側同盟」を死語にしたトランプ外交
アメリカと欧州同盟諸国との伝統的信頼関係がかつてないほど揺らいでいる。安全保障より「経済最優先」をタテに関係各国首脳への露骨な批判もいとわないトランプ大統領の一連の言動に端を発したものだが、「もはや西

■2019年1月14日
自分にはどんな保険が必要か、考えてみよう
日本人は保険が好きだと言われています。何となく保険に加入していれば安心だ、という気持ちはわかりますが、気分で決めるよりは合理的な考え方をしたいものです。

■2019年1月14日
トランプ大統領が迅速に署名した重要な法律とは?
アジア再保証イニシアティヴ法は、中国を意識したインド太平洋の安全保障・経済・人権に関わる法律で、米国議会では全会一致で可決、トランプ大統領も速やかに署名した。米中間の「長期戦略ヴィジョン」が記載されて

■2019年1月13日
アルバニア、18歳で散ったパルチザンの少女マルガリータ 早春のアルバニアからクロアチアまで中欧自転車&バスの旅 第1回
アルバニアはギリシアの北西、イオニア海・アドリア海を挟んでイタリアの対岸に位置する人口300万人、面積は日本の四国の約1.5倍という小国である。第二次大戦後は共産党一党支配が続き、ソ連や中国と対立して

■2019年1月11日
東京五輪招致汚職容疑、JOC竹田会長を訴追手続き 仏当局
2020年の東京五輪・パラリンピック招致を巡り、仏検察当局が日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)の捜査を正式に開始したことが明らかになった。

■2019年1月11日
スポーツで“一つの大会に夢を掲げる”ことの功罪
私はスペインのカタルーニャ州バルセロナ在住のサッカー指導者だ。こちらに来て4年となる今シーズンはUD Unificación Bellvitgeという地元社会人チーム(スペイン6部リーグ所属)でコーチ

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもベネズエラ インフレ率に関連のある画像ばかりではありません。
ベネズエラ インフレ率の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

ベネズエラ・ボリバル共和国国名の由来となった人物は「シモン・ボリバル」、「シモン・ボリーバル」の表記がともに広く用いられているが、国名の表記は「ベネズエラ・ボリバル共和国」がほぼ定着している。
ただし、大久保仁奈「」(『外務省調査月報』/No.3、2006年1月15日)のように、「ベネズエラ・ボリーバル共和国」とする例もある。
(ベネズエラ・ボリバルきょうわこく、:英語名 Bolivarian Republic of Venezuela)、通称ベネズエラは、南アメリカ北部に位置する連邦共和制国家である。
東にガイアナ、西にコロンビア、南にブラジルと国境を接し、北はカリブ海、大西洋に面する。
首都はカラカス。
コロンビアと共に北アンデスの国家であるが、自らをカリブ海世界の一員であると捉えることも多い。
ベネズエラ海岸の向こうには、オランダ王国のABC諸島(クラサオなど)、トリニダード・トバゴといったカリブ海諸国が存在する。
ガイアナとは、現在ガイアナ領のグアヤナ・エセキバを巡って、19世紀から領土問題を抱えている。
南アメリカ大陸でも指折りの自然の宝庫として知られている。
また原油埋蔵量は2977億バレルと世界一。
世界幸福度報告では2015年には23位 、2016年の44位と比較的上位に位置していたが 、2017年には82位と順位を低下させている 。

引用:Wikipedia:データベース

ベネズエラ インフレ率に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもベネズエラ インフレ率に関連のある動画ばかりではありません。

ベネズエラ インフレ率に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング