ブラック企業とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
ブラック企業大賞: ノミネート企業一覧&選考理由
概要-特徴-経営者・上層部に起因する問題-組織の欠陥
ハローワークが紹介する“辞められないブラック企業” - ダイヤモンド ...
ノミネート企業一覧&選考理由. ブラック企業大賞2014 ノミネート企業11社とノミネート 理由. 1. 株式会社 大庄(居酒屋チェーン「日本海庄や」). 株式会社 大庄は東証一部 上場企業であり、従業員3千人規模、「庄や」「やるき茶屋」「日本海庄や」など全国に約 860 ...
ブラック企業対策 違法残業繰り返す大企業公表へ NHKニュース
ハローワークなどに紹介されて応募し続け、やっと就職先が決まったと思ったら、そこは「 ブラック企業」だったという話も少なくない。今回、紹介するのは、“辞めさせないブラック 企業”に勤めているという40歳代後半の高城和雄さん(仮名)だ。
ブラック企業名、早期公表=送検前でも―厚労省 (時事通信) - Yahoo ...
いわゆる「ブラック企業」への対策として、違法な長時間労働を繰り返している企業の 社名を公表することを検討していた厚生労働省は、違法に月100時間を超える残業が行 われるなどして複数の支店や営業所が是正勧告を受け、その回数が ...
ブラック企業就職偏差値ランキング - Yourpedia
厚生労働省は15日、労働環境が劣悪な「ブラック企業」のうち、違法残業が複数の事業 所で行われている大企業について、書類送検される前でも企業名を公表すると発表した 。早期の是正を促すためで、18日に全国の労働局長を対象に臨時 ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもブラック企業に関連のある画像ばかりではありません。
ブラック企業の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

ブラック企業(ブラックきぎょう)またはブラック会社(ブラックがいしゃ)とは、広義としては暴力団などの反社会的団体との繋がりを持つなど違法行為を常態化させた会社を指し、狭義には新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働・パワハラによって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業を指す。
英語圏でのスウェットショップ(英語版記事)や中国語圏での血汗工場(中国語版記事)の問題とはまた異なり、ブラック企業問題の被害の対象は主に正社員であった 根絶へ向け対策を急げ」]のだが、2013年に中京大学教授・大内裕和が提唱した、非正規労働者が被害者となるブラックバイトという派生語も登場している。
対義語はホワイト企業。
将来設計が立たない賃金(貧困、ワーキングプア)で私生活が崩壊するような長時間労働を強い、なおかつ若者を「使い捨て」るところに「ブラック」といわれるゆえんである今野晴貴『ブラック企業―日本を食いつぶす妖怪』文春新書、2012年、187頁。
ブラック企業は突如として現れたのではなく、日本型雇用が変容する過程で台頭してきた。
従来の日本型雇用においては、単身赴任や長時間労働にみられる企業の強大な指揮命令が労働者に課される一方で、年功賃金や長期雇用、企業福祉が保障されてきた。
しかし、ブラック企業では見かえりとしての長期雇用保障や手厚い企業福祉がないにもかかわらず指揮命令の強さが残っており、それによって若者の使いつぶすような働かせ方が可能となってある。
企業側が指揮命令をする際に何のルールも課されない状態、すなわち「労使関係の喪失状態」にある今野晴貴『日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか?』星海社新書、2013年、207頁とする指摘がある。
企業の社員ではない公務員(教師・警察官など)や議員の場合も上記のことが常態化している場合、ブラック企業と例えられることもある。
英語においては「sweatshop」と呼ばれるものが類似の概念である。
元々は暴力団などの反社会的団体との繋がりを持ち、違法行為を繰り返す会社を指していたが、近年では労働基準法や関連法令を無視し、あるいは法の網や不備を悪用して従業員に長時間労働やサービス残業などを強制する企業を主に指す。
1991年のバブル景気崩壊・失われた20年の始まり以降、企業の経営体制は「なるべく無駄を省く」として「コスト削減」に比重を置いてきた。
そうしたことからブルーカラー・ホワイトカラーや正規・非正規雇用を問わず、末端の従業員に過重な心身の負担や極端な長時間の労働など劣悪な労働環境での勤務を強いて改善しない企業を指すようになっている。
すなわち、入社を勧められない企業、早期の転職が推奨されるような体質の企業がブラック企業と総称される。
前述における、従業員の扱いや待遇の問題とは別に、事業所の周辺環境や地元への環境・経済面への配慮・貢献、消費者のニーズ・アフターケアに対する考慮が薄い企業や、サービスと質が劣悪である場合、債務超過の場合または産業構造の転換によって斜陽産業となり創造的破壊もなされずゾンビ企業化している場合、または利益のために悪徳商法(詐欺、ボッタクリなど)や脱税(所得隠し)をいとわない企業もまた、ブラック企業と呼ばれることがある。
また、この言葉の元々の意味もあり、経営者の怠慢や不適切ないわゆる“黒い交際”によって反社会的勢力やそれに関連する人物の会社組織への侵入や干渉を許し、組織下層部の従業員に大きな精神的負担を強いている企業をブラック企業の範疇に含めることもあるため、少なくとも以下の要件が当てはまればブラック企業と呼称される(2点以上あてはまる企業も存在しうる)。
* 企業および経営者の負うべき責任を明確にしていない場合(組織的に責任を免れようとする企業)* コンプライアンス(CSR)の精神が欠如した企業** 従業員の過労や公害病などの被害者(およびその親族)からの訴訟と責任(損害賠償など)を免れる企業** 末端の従業員(平社員、アルバイト、パート)および待遇を軽視している企業** 消費者(エンドユーザー)や地域への貢献度が低い企業(商品・サービスの質に劣る)** 悪徳商法をいとわない企業言葉の由来には求人広告業界の隠語や、パソコン通信時代のネットワークコミュニティからなど諸説ある。
なお2008年には書籍『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』が出版され、翌2009年に映画化、2013年には「ブラック企業」が新語・流行語大賞を受賞し、NPO法人POSSE代表で一橋大学大学院生の今野晴貴が授賞式に出席した。
日本以外にもブラック企業は存在し、行政機関である都道府県労働局や労働基準監督署、労働組合、NPO法人などが対策に当たっている - “ブラック企業”と闘う 〜非正規雇用の労働者たち〜。
例えば、合理的理由のないリストラ、不当懲戒処分や名ばかり管理職、サービス残業強要、パワーハラスメント、偽装請負、過労死『ブラック企業の闇』、社会保険の保険料逃れ、派遣切り、不当労働行為、遺族による公害病・労災の認定を求める訴訟およびその責任を免れる行為などがある。
労働問題以外に企業統治や法令遵守、企業の社会的責任にまつわる諸問題が取り沙汰される場合もあり、一般的な企業と比べればコンプライアンス全般について著しく軽視する傾向がある。
また、現在ではコンプライアンス違反の発覚が発端となり最終的に企業が経営危機や破綻にまで追い込まれるケースが増えており日経プレスリリース 2012年4月9日、ブラック企業は基本的に日本の企業・経営者が慢性的に抱える体質・慣習に根ざした問題であるが、風説・通説に基づいたレッテル貼りという一面も全否定はできず、「会社を解雇になった人間や就職活動で採用されず会社で働いたことすらない人間が腹いせに流布しているだけに過ぎない」という批判も存在する。
しかし、従業員や就職希望者にとってのブラック企業の存在とは単に自身の経歴や履歴書の評価を貶める脅威のみならず、健康や人生設計、そして最悪生命までをも破壊されかねない大きなリスク要因であり、例え不景気のような悪環境下であってもそのような企業への就職を避けようとインターネットなどでは活発な議論・情報交換は広範に行われており、その中で情報は分析され、「腹いせ」や「出まかせ」で書き込まれた情報は一律に偽物とみなされる。

したがって、「会社を解雇になった人間や就職活動で採用されず会社で働いたことすらない人間が腹いせに流布しているだけに過ぎない」という批判がそのまま対抗言論として成り立っているとは言いがたい。

引用:Wikipedia:データベース

ブラック企業に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもブラック企業に関連のある動画ばかりではありません。

ブラック企業に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング