ブラタモリ 5代目アナとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
ブラタモリ 5代目は林田アナ | 2018/2/14(水) 7:23 - Yahoo!ニュース
15時間前 - NHK「ブラタモリ」を3月で卒業する同局の近江友里恵アナの後任に異色の女性アナを起用。福岡放送局に勤務する林田理沙アナが5代目アシスタントに。
【テレビ】「ブラタモリ」5代目アシスタントに林田理沙アナウンサー NHK ...
NHK紀行バラエティー「ブラタモリ」(土曜後7・30)を3月で卒業する同局の近江友里恵アナウンサー(29)の後任に異色の女性アナが起用されることが13日、分かった。絶対音感を持つ東京芸大卒の林田理沙アナ(28)。タモリ(72)の5代目アシスタントとして、 看板人気番組を盛り上げる。
「ブラタモリ」近江友里恵アナの後任は林田理沙アナ 5代目 : まとめダネ!
15時間前 - http://www.sanspo.com/geino/news/20180214/geo18021405030010-n1.html. NHK紀行バラエティー「ブラタモリ」(土曜後7・30)を3月で卒業する同局の近江友里恵アナウンサー(29)の後任に異色の女性アナが起用されることが13日、分か… 小野智司@satoshisaru1. 2018.2.14(水) サンケイスポーツより. NHK紀行バラエティー「 ブラタモリ」 3月で卒業する同局の近江友里恵アナウンサー(29) 後任に、 東京芸大卒の林田理沙アナ(28)。タモリ(72)の5代目アシスタントとして、看板人気番組を ...
【画像】『ブラタモリ』の5代目アシスタントに林田理沙アナ 近江友里恵アナ ...
2018年2月14日(水)のサンスポが「「ブラタモリ」5代目アシスタントに林田アナ NHK 女子アナの“出世コース”」と報じた。 記事によると、NHK紀行バラエティー「ブラタモリ」を3月で卒業する同局の近江友里恵アナウンサーの後任に福岡放送局に勤務する林田理沙アナが決まったという。 林田アナは絶対音感を持つ東京芸大卒のアナウンサーで4 月から東京アナウンス室に異動するという。 福岡では名字の音読みから愛称を「りんだちゃん」と呼ばれていた。 「ブラタモリ」は視聴率が常時10%以上を記録する ...

■2018年2月21日
俳優の大杉漣さんが急性心不全で急死 『ゴチになります』などにレギュラー出演中


【テレビ】「ブラタモリ」5代目アシスタントに林田アナ NHK女子アナの“出世 ...
ブラタモリ」5代目アシスタントに林田アナ NHK女子アナの“出世コース” NHK紀行バラエティー「ブラタモリ」(土曜後7・30)を3月で卒業する同局の近江友里恵アナウンサー(29)の後任に異色の女性アナが起用されることが13日、分かった。絶対音感を持つ東京芸大卒の林田理沙アナ(28)。タモリ(72)の5代目アシスタントとして、 看板人気番組を盛り上げる。 複数の関係者によると、福岡放送局に勤務する林田アナ は4月から東京アナウンス室に異動。軽やかな聞きとりやすい声が特徴で、明るい性格と ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもブラタモリ 5代目アナに関連のある画像ばかりではありません。
ブラタモリ 5代目アナの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

ブラタモリ』(英称:、通称:ブラタモ)は、NHK総合テレビで2008年から断続的に放送されている日本の紀行・バラエティ番組。
司会を務めるタモリの冠番組。
ステレオ放送、解説放送・ステレオ2音声(2016年4月30日放送分から実施)、文字多重放送、ハイビジョン放送を実施アナログ放送では中間地点に「ブラタモ写真館」(レギュラー版「第1シリーズ」から「第3シリーズまで実施」)のミニコーナーにてレターボックス放送を実施していた。

2015年4月11日から放送されている、レギュラー版【第4シリーズ】の放送時間は毎週土曜日の19:30 - 20:15(JST)。
街歩きを趣味とするタモリが、江戸時代・明治時代などの古地図を手に、実際に東京都区内・横浜市(関東近郊)や日本各地・地方など毎週、街を散策。
その街に古くから残る、建造物・神社・公園・坂道・通り・観光スポット・飲食店・駅・川・橋などをタモリ独自の視点で楽しみながら、現代の街並みに残る《歴史の痕跡》を発見。
街の変化のいきさつを空想・推測し、地理学・地質学的な側面を掘り下げ、その街のエピソードを探る。
その場所の歴史を味わいつつ、独自の視点・目線でユニークな街歩きを展開し、同時にタモリ独特の軽妙なトークも味わうという“探検・散歩番組”である。
毎回、各分野の専門家やその土地に詳しい人物が、司会のタモリとNHK女性アナウンサーの到着を待ち伏せる(そして、タモリに対して土地柄のクイズを出す)、というシーンがあり、全体の構成は大方決まっている。
しかし、NHKの番組としては珍しく、タモリは台本をあまり気にせずアドリブを交えて収録が進められる一方、現地の専門家側には、ロケ全般の進行に関するのカンペが用意されており、現地の専門家が事実上進行役となって進める(2016年7月2日「#43 会津」放送分より)。

なお、NHKにおいてオールロケーションスタイル撮影による行き当たりばったりで収録する試みは同局の『鶴瓶の家族に乾杯』などでも行われてはいる。
他番組では、聞き役に徹することの多いタモリだが、本番組は自らロケをリードする珍しい番組であり、スタッフは司会であった久保田祐佳(NHKアナウンサー)に事前の下調べを禁じ、ロケについての説明もほとんど行っていないという。
そのため回を追うごとに台本が薄くなり、ついにはA4の用紙1枚になっているという『QuickJapan』88号「ブラタモ座談会 尾関憲一(チーフプロデューサー)×林幹雄(デスク)×久保田祐佳(NHKアナウンサー)」。
そもそも久保田が起用された理由も、プロデューサーがアナウンス室に「なるべく不慣れでシロウトっぽい感じがするフレッシュな女性アナウンサー」とリクエストしたことが原因である - てれびのスキマ・2013年5月6日。
担当アナウンサーの下調べ禁止についてはその後担当者が変わっても一貫して続いており、2016年4月から担当となった近江友里恵が最初のロケ地である嵐山(京都市)に行った際も、集合時間と場所しか知らされず、近江はカメラが回る段階で初めて「嵐山でロケをするんだ」と気づいたほどで、スタッフからは「勉強するよりも、ありのままのリアクションを大切にしてほしい」と伝えられているという。

引用:Wikipedia:データベース

ブラタモリ 5代目アナに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもブラタモリ 5代目アナに関連のある動画ばかりではありません。

ブラタモリ 5代目アナに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング