フーズ・フォーラス 賠償命令とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
生肉集団食中毒、賠償命令 - ロイター
23時間前 - 2011年にユッケなどを食べた5人が死亡した「焼肉酒家えびす」の生肉集団食中毒事件の遺族らが、運営会社「フーズ・フォーラス」(東京、特別清算中)と元社長らに計約2億900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(鈴木尚久裁判長)は13日、フーズ社の責任を認め約1億6900万円の支払いを命じた。 元社長らには重大な過失はなかったと判断した。 事件は11年4月、神奈川、富山、石川、福井の4県6店舗で客約180人が食中毒を発症し、うち5人が死亡。富山県砺波市の店で食事を ...
焼き肉店運営会社に賠償命令=ユッケ集団食中毒事件-東京地裁 ...
焼き肉店運営会社に賠償命令=ユッケ集団食中毒事件―東京地裁
ユッケ食中毒 運営に賠償命令 | 2018/3/13(火) 14:02 - Yahoo!ニュース
ユッケを食べた客5人が死亡したチェーン店「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件で、富山県内の遺族ら9人が運営会社「フーズ・フォーラス」(東京、特別清算中)と元社長らに約2億3000万円の損害賠償を求めた...- 時事通信- 36分前
焼き肉店運営会社に賠償命令=ユッケ集団食中毒事件―東京地裁 ...
ユッケ食中毒事件、運営会社に1億6900万円賠償命...- 産経新聞- 1時間前
フーズ・フォーラス 賠償命令の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

株式会社フーズ・フォーラス(Foods Forus)は、かつて存在した日本の企業。
石川県金沢市を拠点に焼肉レストランチェーン「焼肉酒家えびす(やきにくざかやえびす)」を経営していた。
創業者の勘坂康弘はいわゆる脱サラで「焼肉酒家えびす」を創業し、一皿100円の豚バラや同280円の和風ユッケなどの低価格メニューを売りに業績を急拡大させ、北陸3県と神奈川県横浜市・藤沢市の郊外(ロードサイド)に出店していた。
社名は「Food for us」を意味し、「得るより与えよ」を企業理念としていた。
1号店は当初、店の指揮をとる一方、勘坂の父親が駐車場での整理・誘導、母親が厨房での皿洗いをするという家族ぐるみでの運営が行われていたというユッケ食中毒事件 『サンデースクランブル』テレビ朝日 2011年5月8日放送。
取締役・監査役に社長の一族が就任している同族企業(非公開会社)であった。
2011年4月18日に日本テレビ系で放送されたバラエティ番組『人生が変わる1分間の深イイ話』で紹介され、出演者が同店を称賛していた。
店舗は2008年までに富山、石川、福井の3県で10店舗であったが、2009年以降急拡大し、2010年7月には横浜上白根店(神奈川県横浜市旭区)を開店して首都圏に進出、神奈川県を含めた4県で計20店舗となった。
店舗が展開されていた石川県には、白山市に焼肉店「焼肉茶屋恵比須」が2店舗存在するが、焼肉酒家えびすとは無関係である。
2011年4月下旬に複数店舗で発生した後述のユッケ集団食中毒事件により全店で営業を中止。
その後営業を再開することなく同6月に従業員を全員解雇し、7月に廃業となった生肉食中毒「えびす」営業再開を断念 『日本経済新聞』 2011年6月9日夕刊 東京商工リサーチ。

引用:Wikipedia:データベース

フーズ・フォーラス 賠償命令に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもフーズ・フォーラス 賠償命令に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング