フルシチョフとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
フルシチョフ - 世界史の窓
1960年代、米ソ冷戦時代のソ連を主導し平和共存路線をとる。1962年のキューバ危機でアメリカのケネディとわたりあうも、翌63年に失脚した。 フルシチョフ
フルシチョフとは - コトバンク
フルシチョフ(Nikita Sergeevich Khrushchyov) ... [1894~1971]ソ連の政治家。スターリン死後、ロシア共産党第一書記に就任。1956年の党大会でスターリン批判を行い、 ...
あの時フルシチョフは 河野家が語り継ぐ日ソ交渉の裏側:朝日新聞 ...
2020/10/16 - 1956年10月、日本とソビエト連邦(当時)は日ソ共同宣言に調印し、国交を回復しました。その交渉過程でソ連側と渡り合ったのが、鳩山一郎内閣で農林相 ...
ケネディ暗殺はフルシチョフが指令? 元CIA長官が著書で新説 ...
2021/2/26 - フルシチョフはその後、暗殺が米ソ関係にもたらす影響を危惧し、63年4月までに指令を撤回した。ところが、オズワルド容疑者は単独で突っ走り、暗殺を ...
【楽天市場】フルシチョフの通販
楽天市場-「フルシチョフ」194件 人気の商品を価格比較・ランキング・レビュー・口コミで検討できます。ご購入でポイント取得がお得。セール商品・送料無料商品も多数。

ニキータ・セルゲーエヴィチ・フルシチョフ( 、、ムィクィータ・セルヒーヨヴィチ・フルシチョーウ、ラテン文字表記の例:、1894年4月17日 - 1971年9月11日)は、ソビエト連邦の政治家。
党中央委員会第一書記、閣僚会議議長(首相)の職にあって、11年間に渡って同国の最高指導者であった。
民族的にはウクライナ人であるドキュメンタリー「黙示録:カラーで見る第2次世界大戦」シリーズ 第4回「真珠湾攻撃」(ナショナルジオグラフィックチャンネル)。
党第一書記として11年間に渡って最高指導者であった。
スターリン批判によってその独裁と恐怖政治を世界に暴露し、非スターリン化を掲げた。
在任時にはアメリカ合衆国を中心とする西側陣営と平和共存を図り、軍拡競争を抑制して軍縮と宇宙開発競争を積極的に行った。
他方で中華人民共和国・アルバニアと激しく対立し、ハンガリー動乱に際して軍事介入を行い、キューバに核ミサイルを配備してキューバ危機を招いた。
また、自身が無神論者であった為に宗教に対する弾圧を再び強化した。
それでもスターリン時代よりは物流や学術の交流といった点で開放的だったとされている。

引用:Wikipedia:データベース

フルシチョフに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング