ドコモ 新料金プラン発表とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
報道発表資料 : 新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を提供開始 ... - NTTドコモ
株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、シンプルでおトクな「ギガホ TM」「ギガライト TM」 「データプラス TM」「ケータイプラン」「キッズケータイプラン」を2019年6月1日(土曜) から提供開始いたします。 新料金プランは、家族間国内通話※1無料 ...

■2019年4月20日
ドコモの新料金プランは本当にお得なのか? 業界に与える影響は?
ドコモの新料金プランは、単に金額が上下しただけでなく、料金体系そのものが抜本的に変わっている。キーワードは「シンプル化」と「最大4割の値下げ」。改めて新料金プランの中身を振り返るとともに、ドコモの戦略

■2019年4月20日
Y!mobileの「iPhone 6s」が3位 Androidは「AQUOS sense2」と「Galaxy S9」が好調
前回1位だったソフトバンク「iPhone 8(64GB)」が8位に急落した。一方NTTドコモとauの「iPhone 8(64GB)」は1位と2位。Androidは「AQUOS sense2 SH-01

■2019年4月19日
ドトールとエクセシオールで「dポイント」が利用可能に
NTTドコモの提供するポイントサービス「dポイント」が、6月3日からドトールコーヒーブランドで利用可能となる。会計200円(税込)ごとにdポイントが1ポイントたまり、カフェでの飲食にも使える。開始に先

■2019年4月19日
「NuAns NEO [Reloaded]」の交換費用を割り引く「バッテリー修理キャンペーン」開催
トリニティは、4月19日に「NuAns NEO [Reloaded]」の有償修理時におけるバッテリー交換費用割引をスタート。FeliCa消去が伴うバッテリー交換費用は通常価格9350円(税別、以下同)

■2019年4月19日
ドコモ新料金プランはどれだけ安い? 現行プランと徹底比較
NTTドコモの新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」が2019年6月1日から提供される。同社は現行プランよりも2~4割安くなると説明するが、本当にそれだけ安くなるのか?「月々サポート」や「docomo

■2019年4月19日
「au PAY」の登録者数が100万人を突破
KDDIが4月9日から提供しているコード決済サービス「au PAY」の登録者数が100万人を突破。au WALLET ポイントをau WALLET残高にチャージするだけで10%増額となるキャンペーンを

■2019年4月19日
折りたたみスマホ「Galaxy Fold」でディスプレイ破損の報告も、米国で予定通り発売へ
Samsungが米国で2019年4月26日に発売する折りたたみスマホ「Galaxy Fold」のディスプレイが壊れる報告が相次いでいる。Galaxy Fold は「The Verge」や「Bloomb

■2019年4月19日
大きく路線変更した「Xperia 1」のカメラ その中身を解説
「Xperia 1」のカメラは、従来機から大きく路線変更したことがよく分かった。トリプルカメラや暗所撮影機能の向上は、真新しいものではない。しかし、動画撮影については、クリエイターを意識した機能を盛り

■2019年4月18日
200m先からでも読み取れる「XPANDコード」 iOS向けリーダーアプリが登場
XPANDは、4月4日からQRコード、XPANDコード、JANコードが読めるiOSアプリを提供開始した。XPANDコードは、主に公共交通や公共空間などで活用されている横長の読み取りコード。埼玉スタジア

■2019年4月18日
ガシャポン自販機でSuicaが使える バンダイが「スマートガシャポン」を導入
バンダイは、キャッシュレス決済に対応するカプセルトイ自販機「スマートガシャポン」の第1号機をJR池袋駅に設置した。現金は使えず、Suicsなどの交通系電子マネーが使える。コード決済の対応も予定している

■2019年4月18日
携帯電話の買い替えは消極的、端末費用の自己負担額1位は「1万円程度」 携帯市場の意識調査
携帯市場がいわゆる「分離プラン」に関する携帯電話費用意識アンケートを実施。端末費用の負担が増えることを「知っている」が46%、「知らなかった」が54%となり、買い替えについては「安い端末を探して買う」

■2019年4月18日
スマホで決済できる「ドトール バリューカード」アプリが登場
ドトールコーヒーが、4月22日からプリペイドカード「ドトール バリューカード」の専用アプリを提供。カードをアプリに取り込んでバーコードを提示すればスマホで決済できるようになり、アプリ内でクレジットチャ

■2019年4月18日
手のひらサイズの超小型スマホ「Palm Phone」発売 写真で実機をチェック
+Style(プラススタイル)は、Palm製の小型スマートフォン「Palm Phone」を、4月24日に発売する。幅50.6×高さ96.6mmという、クレジットカードとほぼ変わらない手のひらサイズを実

■2019年4月18日
Androidスマホおすすめ“5選” 3万円前後の快適ミドルレンジ機種(2019年版)
ハイエンド機種の価格高騰もあり、昨今注目を集めているミドルレンジのAndroidスマートフォン。中でも3万円前後の機種は十分な性能を備えていて選択肢も多いです。その中でも特におすすめな機種を、ポイント

■2019年4月18日
現行のiPadで最もバッテリー駆動時間が長いモデルは?
豊富なモデルが出そろったAppleのiPadシリーズを集めて、バッテリー駆動時間をテストした。新型iPad AirやiPad mini、第6世代iPad、iPad Proシリーズで最も長く動作したモデ

■2019年4月18日
「Google Playストア」の予算設定・管理機能で使いすぎ防止
Androidの「Google Playストア」アプリで予算を設定できるようになる。設定すると、ストアで何か買うごとに予算残高あるいは予算超過を通知する。設定はいつでも変更できる。

■2019年4月18日
ドコモが20%還元キャンペーン 「d払い」「iD(dカード)」「dマーケット」での支払いで
ドコモが、d払い、iD(dカード)、dマーケットでの決済対象にした20%還元キャンペーンを実施する。期間は4月24日から5月7日まで。進呈するdポイントは期間と用途限定となる。

■2019年4月18日
ドコモ、超広視野角のスマホ向けVRゴーグルを開発
NTTドコモが、スマホ向け超広視野角VRゴーグル開発を発表。中心視野用の凸レンズと、その周りに高倍率の特殊な構造のレンズを採用している。アクリル樹脂のレンズと本体にスマホをはめ込む設計のため、軽量かつ

■2019年4月18日
キャッシュレス決済もOK、補助金も受けられるモバイルPOSは? 主要サービスを紹介
個人店や小規模店舗であればmPOSの導入が効果的であり、mPOSサービス各社は決済サービスへの登録申請も代行してくれる。消費税増税に伴う軽減税率対策の補助金を受けるには、指定のレジを購入する必要がある

■2019年4月17日
PayPayのオンライン決済、6月に開始
PayPayが、オンライン決済を2019年6月に開始する。対象となるサービスは「Yahoo!ショッピング」と「ヤフオク!」。2月の開始から4カ月延期となっていた。

ドコモ、本日15日15時から「新料金プラン」発表会 - Engadget 日本版
NTTドコモは4月15日、最大4割安くなる新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を発表した。 新料金プランは、家族間国内通話無料の音声プラン、spモード、データ通信がワンパッケージになっている。 動画...- Yahoo!ニュース 個人- 19分前
ドコモ、15時から「新料金プラン発表会」開催 - ケータイ Watch
ドコモの新料金プランが、4月15日15時に発表される。Twitterで告知しており、中継も行う。同社はかねて、新プランで2~4割値下げすることを予告していた。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもドコモ 新料金プラン発表に関連のある画像ばかりではありません。
ドコモ 新料金プラン発表の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、)は、携帯電話等の無線通信サービスを提供する日本の最大手移動体通信事業者である。
日本電信電話株式会社(NTT)の子会社。
日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄である。
1968年(昭和43年)7月1日に日本電信電話公社が移動体通信サービスポケットベルを開始した事がNTTドコモの起源となる。
電電公社民営化後の1990年(平成2年)2月に政府の措置として日本電信電話株式会社から「移動体通信業務の分離」が決定し、1991年(平成3年)8月14日に「エヌ・ティ・ティ・移動通信企画株式会社」が設立、1993年(平成5年)7月の分社化とともに「NTTドコモ」のブランドでサービスを行なっている。
東京証券取引所などに上場する公開会社であるが、NTTが発行済株式の6割強(66.64%)を所有しており、同社の連結子会社(金融商品取引法上の特定子会社)である。
NTTドコモはNTTグループの営業利益の7割を稼ぎ出す。
「日本電信電話株式会社等に関する法律」(NTT法)は当社には適用されない(特殊会社ではない)。
「"docomo"」の名称は」(移動通信網で実現する、積極的で豊かなコミュニケーション)の頭文字を綴ったものである。
2015年(平成27年)1月からのブランドスローガンは「いつか、あたりまえになることを。
」。
2008年(平成20年)7月に各地域会社を合併し、全国1社体制となった。
それまではNTTドコモグループを統括する中核会社であり、同時に関東地方および甲信越地方を管轄する事業会社でもあった。
NTTドコモグループ全般と区別するために、この会社を指す際には便宜的に「(NTT)ドコモ中央」とも呼ばれていた。
合わせてコーポレートロゴマークも旧来の「NTT DoCoMo」から現在の「NTT docomo」に改められた。
2010年(平成22年)に正式の英文名を「NTT DoCoMo, Inc.」から「NTT DOCOMO, INC.」に変更した。
また2013年(平成25年)10月1日に、商号を「エヌ・ティ・ティ・ドコモ」から、これまで通称社名として使用してきた「NTTドコモ」に統一したなおそれまで商号にアルファベットを使用していなかったのは、2002年に商業登記規則が改正されるまで、日本では商号にアルファベットを使用することが認められていなかったためである。

2018年(平成30年)現在では、W-CDMA・HSPAを用いた「」(第3・第3.5世代移動通信システム、2001年(平成13年)サービス開始)、LTEを用いた「」(第3.9世代移動通信システム、2010年(平成22年)サービス開始)、LTE-Advancedを用いた「」(第4世代移動通信システム、2015年(平成27年)サービス開始)による携帯電話事業を中心として各種事業を展開している。
かつて手がけていた「PHSサービス」は2008年(平成20年)1月7日、またPDCを用いた「mova」「DoPa」(第2世代移動通信システム)は2012年(平成24年)3月31日 にサービスを終了した。
また2020年春から第5世代移動通信システムの商用サービス開始を予定している。

引用:Wikipedia:データベース

ドコモ 新料金プラン発表に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもドコモ 新料金プラン発表に関連のある動画ばかりではありません。

ドコモ 新料金プラン発表に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング