テレビ朝日 8年ぶりとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
テレ朝 元日8年ぶり三冠王 | 2019/1/2(水) 14:37 - Yahoo!ニュース
テレビ朝日が2011年以来、8年ぶりに元日視聴率3冠王に輝いたことがわかった。1日の視聴率は全日10.5%、ゴールデン20%、プライム18.7%を獲得し、全局トップだった。
テレビ朝日 元日視聴率8年ぶり三冠王(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
テレ朝、8年ぶり元日視聴率“三冠” 『格付け』『相棒』好調
テレ朝、元日視聴率8年ぶり3冠 『格付け』19.7% 『相棒 ... - マイナビニュース
テレビ朝日は2日、きのう元日と2018年の年間視聴率をそれぞれ発表。元日が全日(前6:00~翌前0:00)10.5%、ゴールデン帯(後7:00~10:00)20.0%、プライム帯(後7:00~11:...- オリコン- 11分前
テレ朝、8年ぶり元日視聴率“三冠” 『格付け』『相棒』好調|ニフティニュース
テレビ朝日 元日視聴率8年ぶり三冠王- デイリースポーツ- 1時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもテレビ朝日 8年ぶりに関連のある画像ばかりではありません。
テレビ朝日 8年ぶりの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

株式会社テレビ朝日(テレビあさひ、英称:)は、関東広域圏を放送対象地域としてテレビジョン放送を行う特定地上基幹放送事業者(地上アナログテレビジョン放送の放送区域には、本来は沖縄県の放送対象地域である大東諸島が含まれていた)。
又、スカパー!をプラットフォームとしてテレ朝チャンネルの2つのチャンネルの放送を行う衛星一般放送事業者でもある。
2014年4月1日、株式会社テレビ朝日(旧会社)は「株式会社テレビ朝日ホールディングス」へ商号変更、同時に地上波テレビジョン放送免許を含む現業全てを2013年10月15日に設立した完全子会社「テレビ朝日分割準備株式会社」に承継し「株式会社テレビ朝日(現行会社)」に商号変更、放送持株会社体制に移行した。
本項では2014年3月31日までの旧会社と2014年4月1日以降の現行会社について述べる。
=;現在*玉川徹 - リポーター・ディレクター出身で、現報道局コメンテーター室解説委員。
2015年4月より『羽鳥慎一モーニングショー』レギュラーコメンテーター。
*友寄隆英 - 総合編成局制作1部所属のプロデューサー(演出兼務)。
旅番組『陸海空 地球征服するなんて』の通称「ナスD」(ナスディレクターの略称)。
;過去*秋庭俊 - 社会部・外報部記者・海外特派員などを歴任。
退社後は作家、ジャーナリストとして活動。
代表作は小説『ディレクターズカット』、ノンフィクション作品『帝都東京・隠された地下網の秘密』シリーズなど。
*アーデル・アミン・サーレ - 中東総支局ニュース・リサーチャー、中東特派員を務めた。
退社後、日本に留学しカイロ大学日本語日本文学科長・教授となった。
*神山郁雄 - 元ラグビー選手で、早稲田大学ラグビー蹴球部で活躍。
大学で現役を終え、入社。
常務取締役営業局長・専務取締役などを歴任し、現在は顧問。
*西東大 - NHK熊本放送局アナウンサー。
1994年から1997年までディレクターとして勤務。
*白木清か - スポーツ記者、『ニュースステーション』キャスターを歴任。
1999年12月にプロ野球選手(当時)の金子誠と結婚し、退社。
*デビット・ゾペティ - テレビ朝日初の外国籍社員で、『ニュースステーション』で記者兼ディレクターなどを務める。
1996年に『いちげんさん』で、第20回すばる文学賞を受賞。
退社後は小説家、リフレクソロジストとして活動。
*椿貞良 - 取締役報道局長だった1993年9月、放送法違反(政治的偏向報道)が疑われた「椿事件」を起こした人物。
*長島三奈 - スポーツ局記者として勤務。
1998年〜2013年まで『熱闘甲子園』キャスター2000年を除く。
2001年以後は嘱託社員。
父は読売ジャイアンツ終身名誉監督の長嶋茂雄。
*松本侑子 - 『ニュースステーション』の初代天気予報担当キャスター・リポーター。
1987年に『巨食症の明けない夜明け』ですばる文学賞を受賞。
翌年に退社し、小説家、エッセイスト、翻訳家として活動。
2010年に『恋の蛍』で新田次郎文学賞受賞。
*三反園訓 - 政治部記者・政治番組キャスター・解説委員などを歴任。
2016年7月より鹿児島県知事(1期)。
*六車俊治 - ディレクター出身で、2004年公開の映画『恋人はスナイパー THE MOVIE』で映画監督デビュー。
翌年に退社し、映画監督のほか、テレビドラマ・舞台の演出家、脚本家としても活動。
*義田貴士 - スポーツ局記者として、主にプロ野球の取材を行う。
退社後はスポーツジャーナリスト、タレント、メンタルトレーナーとして活動。
*笠浩史 - 営業局・報道局政治部記者として勤務。
2003年11月より衆議院議員(6期)。
希望の党所属。
=※詳細な社歴は別項を参照*1957年、テレビ業界への進出をうかがっていた東映、テレビ兼営をねらった日本短波放送(現:日経ラジオ社)およびその親会社である日本経済新聞社、そして旺文社など出版業界・教育関係者の三者が中心となり、教育番組専門局として株式会社日本教育テレビを設立。
免許交付の条件は教育番組を50パーセント以上、教養番組を30パーセント以上放送するというものであり、営利を目的とした教育専門局は世界でも珍しかった。
**しかし、この試みは教育番組のセールスや番組販売が伸び悩んだことで業績がふるわず、事実上失敗に終わる。
その後は例えばアニメーションや外国映画を、それぞれ「子供の情操教育のため」「外国文化の紹介」の名目で「教育番組」や「教養番組」に指定して郵政省に届け出をし、対外呼称も「日本教育テレビ」から「NETテレビ」に変更(1960年12月)して事実上の総合放送局化を図った。
**1973年11月に、同じ教育専門局だった東京12チャンネル(のちのテレビ東京)の深刻な経営不振などを理由に、NETテレビにも総合局免許が交付され、名実ともに「総合局NET」として再出発することとなった。
*開局前に、東映は朝日新聞社と合弁して朝日テレビニュース社を設立して、NETテレビは開局以来同社が制作したニュースだけを放送していた。
しかし1966年に東映の持株の半分を朝日新聞社が譲受して以降、資本面や経営面でも朝日新聞社との結びつきが強化され、事実上朝日新聞社の傘下に入った。
*1967年6月10日、学校放送を母体とするネットワークである民間放送教育協会(現在は公益財団法人に移行)を文化放送とともに結成。
*1977年4月1日、全国朝日放送株式会社に社名変更して略称を「テレビ朝日」とする。
**これは、上述の総合局免許の交付によって「教育」の名を含む社名は実態にそぐわないという理由から行われたものであり、社名は1976年12月2日の取締役会で内定したもの。
当時の専務は朝日新聞の取材に対し「候補としては新日本放送、全日本放送などの案もあったが、似たような名の局があって紛らわしい。
結局、朝日新聞とも関係が深いことから、歴史もあり、知名度の高い朝日の名を利用させていただくことにした。
全国としたのは大阪や九州の朝日放送へも番組を流しているキー局のイメージに合わせたもの」と内定理由を説明している。
「「全国朝日放送」と改称」『朝日新聞』1976年12月3日朝刊、第3面より引用 。
**その後、全社員に「略称」「シンボルマーク」「キャッチフレーズ」を募り、翌1977年1月14日の臨時株主総会をもって正式決定した。
略称案は「全国朝日」「オールアサヒ」など「朝日」を含む案が九割で、その中から親しみやすく会社の略称をよく示しているものとして「テレビ朝日」が選ばれた。
*1989年、鳥取・米子の2支局(取材拠点)を有限会社エーサットサンインとして分社化。
*1996年10月1日、岩手朝日テレビの開局をもってANN全国ネットワークの完成を宣言。
同時に系列のシンボルマークを制定した。
*2002年、前年の世界水泳選手権での取り組みをきっかけに、体質改善を目的として「全社変革推進運動」を開始し、2007年まで続けられた。
この間に大幅な社内改革が行われ、結果として後述するような視聴率の向上につながった。
*2003年の六本木ヒルズ新社屋移転を「第3番目の開局」と位置付け、社名を株式会社テレビ朝日に変更、企業ロゴも欧文主体のものに改めた。
同時に、地域子会社の有限会社エーサットサンインを吸収し支局運営を直営へ戻す。
*2005年、年間視聴率ならびに年度視聴率でプライムタイムの視聴率が開局以来初の2位となった。
これまでは「万年4位」と呼ばれるほど長期にわたって視聴率が低迷していた。
ただし全日視聴率では、NETテレビ時代の1969年から1971年まで、NHKに次ぎ在京局2位(在京民放首位)になったことがある。
*2007年11月1日、会社創立50周年を迎える。
2009年2月1日の開局50周年を挟んで、2009年3月31日までを「開局50周年記念期間」と位置付け、様々な記念番組の放送、及び企画・イベントを行なった。
*2012年、4月の月間視聴率(2日 - 29日)ならびに四半期視聴率(4月第1週 - 6月第4週)で全日・ゴールデンタイム・プライムタイム・プライム2の時間帯すべてで首位となり、開局以来初の「四冠王」を獲得した。
*2012年度上半期の平均視聴率は、プライム・プライム2で首位を獲得。
全日・ゴールデンは2位となったが、プライム・プライム2・ゴールデンでは開局以来初、全日では41年ぶりの記録となった。
*2012年の年間視聴率(2012年1月2日 - 12月30日)において、プライムタイムの時間帯で開局以来初の首位を獲得。
ゴールデンタイムでも開局以来初の2位となり、全日では41年ぶり4回目の2位を獲得した。
*又準キー局の朝日放送(現:朝日放送テレビ)は、2012年(ビデオリサーチ調べ、関西地区)の年間視聴率で、全日帯(6時 - 24時)、ゴールデン帯(19時 - 22時)、プライム帯(19時 - 23時)で1位になった。
3冠獲得は1982年以来30年ぶり。
同社によると、朝や夜のローカル番組やゴールデン帯の全国ネット番組が好調なためだという。
*2012年の年度視聴率(2012年4月2日 - 2013年3月31日)において、ゴールデンタイムの時間帯で開局以来初の首位を獲得。
プライムタイムでも年間に続き首位を獲得し、初の視聴率2冠を達成した。
全日は日本テレビ(7.9パーセント)に0.1ポイント差で2位につけた。
また、2012年度下期(2012年10月1日 - 2013年3月31日)では全日も首位となり、テレビ朝日が独自に設定しているプライム2(午後11時 - 午前1時)を合わせ4冠を達成している。
*上記の視聴率首位獲得やかつて「民放の雄」だったTBSの長期低迷も相まって、テレビ朝日は単体売上高でも開局以来初めてTBSを抜き民放キー局3位に浮上した2013年3月期決算より。
TBSテレビの2131億72百万円に対しテレビ朝日は2176億62百万円となり、1959年の開局以来初めて単体売上高でTBSを抜いた。

*2018年7月17日、麻雀プロリーグ「Mリーグ」に参加表明。
「EX風林火山」をスポンサードする。
1984年にアメリカのCNNと提携、1985年にはプライムタイムに大型ニュース番組『ニュースステーション』を開始した。
現在も『報道ステーション』と『スーパーJチャンネル』に代表されるニュース番組や、『朝まで生テレビ!』などの討論番組、『ビートたけしのTVタックル』や『ここがポイント!!池上彰解説塾』といった時事問題を扱ったバラエティ番組の制作を得意としている。
また、深夜のバラエティ番組枠「ネオバラエティ」や「金曜ナイトドラマ」など、これまで不毛だった時間帯の開拓にも積極的である。
かつてのNETテレビ時代に学校放送を制作・放送していた名残で、ANNとは別に財団法人『民間放送教育協会』(民教協)を主催しており、加盟局の持ち回り制作で教育番組を放映している(地上波のほか、BS朝日、テレ朝チャンネル2でも放送)。
また、開学初期の放送大学にも授業番組の制作に携わっている。
1979年の『西部警察』放映以降、石原プロモーションとの結びつきが非常に強く、同社の制作ドラマは、日本テレビで放映された『大都会』シリーズを除く全ての作品がテレビ朝日での放映となっている。
また、同プロダクションの創始者である石原裕次郎の追悼式典(13回忌、17回忌、23回忌法要など)や、2000年8月に開催された「21世紀の石原裕次郎を探すオーディション『1億人の心をつかむ男』」の後援や生中継も行っている。
その他には、ホリプロとオスカープロモーション所属のタレントの起用が多く、両プロダクションがそれぞれ開催する新人発掘オーディション「ホリプロタレントスカウトキャラバン」と「全日本国民的美少女コンテスト」を後援し、その模様も特番で放映している。

引用:Wikipedia:データベース

テレビ朝日 8年ぶりに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもテレビ朝日 8年ぶりに関連のある動画ばかりではありません。

テレビ朝日 8年ぶりに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング