ソフトバンク 復旧傾向とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
ソフトバンク通信障害、6日18時から復旧傾向に - ケータイ Watch
2時間前 - ソフトバンクは、12月6日に発生した通信障害について、18時以降、全国的に徐々に復旧傾向にあることを明らかにした。 ... なお、18時以降に徐々に復旧していく予定としているものの、「復旧当初は通話やデータ量が多くなるため、つながり ...
SB通信障害 復旧傾向に | 2018/12/6(木) 18:50 - Yahoo!ニュース
ソフトバンクは、12月6日に発生した通信障害について、18時以降、全国的に徐々に復旧傾向にあることを明らかにした。 ソフトバンクによれば、通信障害の原因は、LTEに関わる交換設備の不具合。- Impress Watch- 52分前
ソフトバンク通信障害、6日18時から復旧傾向に(Impress Watch) - Yahoo ...
ソフトバンク通信障害 北海道では午後6時以降、順次...- HBCニュース- 15分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもソフトバンク 復旧傾向に関連のある画像ばかりではありません。
ソフトバンク 復旧傾向の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

ソフトバンク株式会社(英文社名:)は、ソフトバンクグループ傘下の株式会社で、日本で携帯電話などの無線通信サービス(移動体通信事業者)および長距離・国際通信を提供する日本の大手電気通信事業者。
2015年7月1日にソフトバンクモバイル株式会社から社名変更した。
ソフトバンクが展開するSoftBankブランドの携帯電話についてはSoftBank (携帯電話)、当社との協業によるMVNO(仮想移動体通信事業者)や当社が吸収合併した事業者から継承した他ブランド(PHS事業を含む)などについては、それぞれ別記事で扱う。
会社組織上の原点は日本国有鉄道(国鉄)が分割民営化するのに先立ち、1986年に国鉄の鉄道電話事業の継承を目的として設立された鉄道通信株式会社(JR通信)である。
その後、1989年に旧国鉄が新電電子会社として設立した日本テレコムを吸収合併し、JR通信は日本テレコム(2代目)へ改称した。
日本テレコムは1991年に携帯電話(移動体通信)事業に参入するため、関東甲信地方・東海地方・近畿地方地域においてデジタルホングループを設立。
北海道、東北地方、北陸地方、中国地方、四国ならびに九州ではデジタルホンとして単独では参入せず、1994年に日産自動車系のツーカーと共同出資でを設立。
IDOとDDIセルラーと同じく、ローミングにより全国サービスを提供した。
1997年からデジタルホン・デジタルツーカーの共通のブランドとしてJ-PHONE(ジェイフォン)を制定。
1999年に日産自動車が資本撤退したデジタルツーカーはデジタルホンの地域会社に吸収合併され、2000年に日本テレコムとボーダフォンの出資会社であるジェイフォン株式会社(旧アイエムティ二千企画)がデジタルホンの地域会社を傘下に入れ、吸収合併により1社へ集約した。
また、同年11月に国内で初めてカメラ付き携帯電話(J-SH04)を市販化し、キャンペーンの一環として行った「写メール」はジェイフォンの市場占有率を引き上げるきっかけとなった。
2000年からイギリスの携帯電話会社ボーダフォン(Vodafone)がジェイフォンのM&Aによる日本の携帯電話事業への参入を狙っていたが、親会社である日本テレコムは乗っ取りを懸念したことで1999年にBTグループ・AT&Tと出資を受け入れていた。
しかし、環境の変化によりボーダフォンは2001年10月に日本テレコム株式の過半数を既存株主から買収することに成功したことで、日本テレコムおよびジェイフォンはボーダフォングループとなった。
宣伝や端末などにはJ-PHONEとVodafoneを併記したシンボルロゴを即ちに採用。
2002年には第3世代移動通信システム (3G)のサービスとしてVodafone Global Standard(のちにVodafone 3G、さらにSoftBank 3G)を開始した。
2003年10月にボーダフォンは日本テレコムホールディングスから会社分割した日本テレコム(3代目)をリップルウッド・ホールディングスへ売却し、翌11月にジェイフォンはボーダフォン株式会社へ社名変更を実施。
2004年7月30日付でソフトバンク(現・ソフトバンクグループ)が日本テレコムを買収。
この時点で同社はソフトバンクグループとなった。
ボーダフォン(日本)では、2004年7月は競合他社との料金面での競争激化や通信エリアの不満から新規契約数より解約数が多くなった。
2006年3月、BBモバイルによる携帯電話事業参入を計画していたソフトバンクグループが、英ボーダフォンからボーダフォン株式会社の株式と資産・負債を日本企業として最高額となる1兆7500億円で買収する旨を発表。
同年10月1日をもってボーダフォン日本法人はソフトバンクモバイル、日本テレコムはソフトバンクテレコムへ社名を変更した。
2007年4月より口座振替のお知らせ・ご利用料金のご案内など紙の請求書は有料化した。
2015年4月1日付で、ソフトバンクモバイルがソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム(ソフトバンクテレコム販売と逆さ合併した4代目)、ワイモバイルを吸収合併。
これに伴い、完全親会社のBBモバイルの出資が75.81%となり、ソフトバンク本体が24.18%(グループ合算で99.99%)、その他0.01%の出資構成となった。
また、社名は変更がないながらも、BBおよびワイモバイル(旧・イー・アクセス)のADSL事業、テレコムの長距離・国際事業といった固定系通信事業も手掛けることになる。
また、ワイモバイルを継承したことにより、一社で固定通信とPHSを兼営することになった。
2015年7月1日付で、持株会社のソフトバンクが「ソフトバンクグループ株式会社」に商号変更すると同時に、ソフトバンクモバイルが商号を承継し、(新)「ソフトバンク株式会社」となった(持株会社のソフトバンク株式会社が6月19日開催した株主総会で商号変更が承認された)。
社名変更については「携帯電話事業などの移動体通信事業だけでなく、固定通信事業、インターネット接続サービスと、事業領域が拡大したことによる」としている。
なお携帯電話のブランドについては過去の経緯などからの名残により、現在も「ソフトバンク」と「ワイモバイル」のデュアルブランドとして併存している。
2015年12月1日付で、中間持株会社であったモバイルテック(BBモバイルの完全親会社)及びBBモバイルがソフトバンクグループ株式会社に吸収合併され、同社が99.99%の株式を直接保有することになった。

引用:Wikipedia:データベース

ソフトバンク 復旧傾向に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもソフトバンク 復旧傾向に関連のある動画ばかりではありません。

ソフトバンク 復旧傾向に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング