スーパーカブ 限定モデルとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
スーパーカブ50/110「60周年アニバーサリー」限定発売 | WEBヤングマシン
14分前 - スーパーカブ50/110「60周年アニバーサリー」限定発売. 2018/8/1; ニューモデル · Tweet · Share · +1 · Hatena · Pin it ... ホンダ スーパーカブ110・60周年アニバーサリー(税込価格:28万6200円). 価格はノーマルのスーパーカブに対し、50は1万8000円 ...

■2018年8月11日
2019新型NinjaH2が231psにパワーアップし、ボンネビル最高速に挑戦
2018年8月10日、カワサキが海外で2019年型Ninja H2を発表。また、8月11~17日に開催されるB […]

■2018年8月10日
【動画】ホンダ新型N-VAN(エヌバン)にCBR1000RRを積む
2018年8月9日、2輪専門誌を対象としたN-VAN取材会の第2弾が実施された。テーマは前回と同じバイクの積載 […]

■2018年8月10日
【動画】ホンダ新型N-VAN(エヌバン)にCRF250ラリーを積む
2018年8月9日、2輪専門誌を対象としたN-VAN取材会の第2弾が実施された。テーマは前回と同じバイクの積載 […]

■2018年8月10日
【動画】ホンダ新型N-VAN(エヌバン)にCB1300SFを積む
2018年8月9日、2輪専門誌を対象としたN-VAN取材会の第2弾が実施された。テーマは前回と同じバイクの積載 […]

■2018年8月09日
2018新型PCX HYBRID(PCXハイブリッド)の試乗インプレッション
2018年8月8日、都内でPCX HYBRID(PCXハイブリッド)の試乗会が開催された。まずは編集部員が原付 […]

■2018年8月08日
2018新型CB250Rの試乗インプレッション
全世界で5機種を展開するホンダのCB-Rシリーズ。国内でメインとなりそうな250に初試乗。CB250Fとは一線 […]

■2018年8月07日
最新GSX-R1000Rが初代モデルに通じるクラシックカラーにペイント
2018年7月26日、往年のマシンでレースを行うTEAM CLASSIC SUZUKI(チームクラシックスズキ […]

■2018年8月06日
ホンダ初のカブ、1952年製造のカブF型が走行
2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念イベントが開催され […]

■2018年8月05日
ヤマハの新型ハイブリッドスクーターとPCXハイブリッドは何が違う?
2018年7月16日、ヤマハがタイでハイブリッドシステムを搭載したスクーター、GRAND FILANO HYB […]

■2018年8月04日
カワサキが2019年モデルを一挙公開
7月から8月頭にかけてカワサキの2019年モデルが多数発表された。そこで、5~6月のZ900RS/カフェに続い […]

スーパーカブ 限定モデル -価格.com -Amazon.co.jp -youtube.comの画像
5時間前 - ホンダは1日、初代の発売から60年を迎えた主力の小型二輪車「スーパーカブ」の記念イベントを東京・青山の本社で開いた。人間なら還暦にあたる60周年を記念した限定 モデルのほか、世界で使われているカブなど.
「スーパーカブ」還暦に、ホンダが限定モデル :日本経済新聞
5時間前 - 「スーパーカブ」の誕生60周年を記念し、特別なカラーリング「スーパーカブ50・60周年アニバーサリー」と「スーパーカブ110・60周年アニバーサリー」がそれぞれ11月22日(木)に受注期間限定※で発売されることが決定しました!
真っ赤なスーパーカブ、60周年アニバーサリーモデルとして限定発売! - A ...
5時間前 - 本田技研工業は、ビジネスやパーソナルユースなど幅広い用途で多くの支持を集め、 世界累計1億200万台超えの生産数を誇る「スーパーカブ」誕生60周年を記念して、 特別なカラーリングを施した「スーパーカブ50・60周年アニバーサリー」と「 ...

■2018年8月10日
【声優・西田望見のA Little♡Rider @ CBR250RR】 新鮮ぷりぷりサクサクなお魚!? ツーリングお昼ごはん/伊豆・箱根編その3
CBR250RRと伊豆ツーリングを楽しんでいます。今日は伊豆ならではのお魚お昼ご飯です!とっても新鮮でぷりぷり&さくさくなお昼ご飯が登場します!

■2018年8月10日
ホンダマニアも絶賛!ロングルーフが超かっこいい「アコードエアロデッキ」ってクルマ知ってる?【ホンダ偏愛主義vol.11】
連載『ホンダ偏愛主義』。自他共に認めるホンダマニア・元Motor Magazine誌編集部員でフリーランスライターの河原良雄氏が、ホンダを愛するようになった理由を、自身の経験を元に紐解きます。第11回

■2018年8月09日
今回も“映え”てます!みんなのホンダ愛車をご紹介!【リトホンインスタ部vol.11】
「A Little Honda」公式Instagramでご紹介している「#alittlehonda」をつけてポストしてくれたみなさんの投稿を少しずつ本サイトでも公開していきます。

■2018年8月09日
新世代CBシリーズとはいかに?【覚えておこう!“CB”栄光の歴史vol.11(つづく・・)】
この連載もいよいよ最終回。今年(2018年)になって一気に3台のCBを発売したホンダ。新世代CBシリーズとはいかに?

■2018年8月08日
記念すべき30回目の鈴鹿でのF1のPVをご紹介!! 来年以降も・・・鈴鹿でのF1の存続を強く願います!
ホンダが作った鈴鹿サーキットは、1962年の開業以来数々のビッグレースが開催されました。そして数々の名勝負が繰り広げられたのは、みなさまご存知のとおりです。今年2018年10月には、4輪レースの最高峰

■2018年8月08日
モンキー歴代スペシャルカラーモデルをご紹介!【歴代モンキーvol.5】
メッキモデルが大人気だったことで、スタンダードモデルに追加されたスペシャルカラーモデル。特に黒は「ブラックモンキー」と呼ばれ人気を博した。

■2018年8月08日
地域の芝生を活性化! Hondaが協力する「Shibafull(しばふる)」プロジェクトで生産された芝生を初出荷!
ホンダが今年1月より、ロボット芝刈機「Miimo(ミーモ)」株式会社SC鳥取の芝生生産・芝生化事業「Shibafull(しばふる)プロジェクト」において、生産した芝生の初出荷と納入が行われました。

■2018年8月07日
スーパーカブ50 スタンダード登場時代はライダースも流行ったよ!【歴代カブの時代を振り返ろう】
今回は取り回しの良い車体サイズでロングセラーを続けるビジネスバイク「スーパーカブ50 スタンダード」とその時代のご紹介です。

■2018年8月06日
N-VANがあればキャンプがより快適に! 商用以外にも使えるポイントが盛りだくさん!
「働く人もそうじゃない日も人生のあらゆる瞬間を変えていく」ホンダからまったく新しい軽商用車「N-VAN」。どんなクルマ?ってことでN-VANの試乗会に行って調査してきました。

■2018年8月06日
ホンダの原点を知るなら、動画「夢のはじまり」がわかりやすくておすすめ!
本田技研工業株式会社はどうやって始まったの!?ホンダの公式チャンネルで公開されている動画がすっごくわかりやすいので少しだけご紹介したいと思います。

■2018年8月05日
海でモテそうなコーデをK-POPグループEXOから盗もう!
皆さん夏の予定にワクワクしていますね??「彼女と海に行く!」「ナンパしに海に行く!」なら、女の子にがっかりされないようしっかりコーデは決めたいところ!女の子目線ということで今回は女の子にモテモテのk-

■2018年8月04日
【声優・西田望見のA Little♡Rider @ CBR250RR】 バイクを降りて、魅力的なあの子にタッチ!? /伊豆・箱根編その2
今回は初心者ライダーの声優西田望見がホンダのバイクとイルカ(!?)と一緒に伊豆を楽しんじゃいます\( ˆoˆ )/

60周年記念モデルの特別なスーパーカブが登場、10月31日までの期間限定
世界中の笑顔を運んで、スーパーカブ1億のストーリーと60年のチャレンジ スーパーカブ シリーズは、2017年に世界生産累計台数1億台を達成しました。そして、2018年には、 誕生60周年を迎えます。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもスーパーカブ 限定モデルに関連のある画像ばかりではありません。
スーパーカブ 限定モデルの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

カブ (Cub) は、本田技研工業が製造販売するオートバイである。
元は1952年(昭和27年)から1958年(昭和33年)まで生産された自転車補助エンジンキットの商標。
英語で熊など猛獣の子供を意味するに由来しており、小排気量ながらパワフルなことをアピールした。
thumb|right|300px|スーパーカブ製造数の推移 < />1958年 - 2008年その後は、1958年から生産開始されたセミスクーター型モペッドであるC100型以降のシリーズ名スーパーカブの略称として定着した。
スーパーカブ・シリーズは20世紀のモータリゼーション史上において、T型フォードやフォルクスワーゲン・タイプ1の自動車にも比肩しうる貢献を残したオートバイであり、小排気量オートバイ分野ではイタリアのピアッジオ社が製造するベスパと並ぶ世界的ロングセラーである。
本田技研工業の調べでは、本シリーズの累計生産台数は2017年(平成29年)10月時点で1億台に達し、輸送用機器の1シリーズとしては世界最多量産ならびに販売台数を記録「乗り物に関する世界一の一覧」も参照。

さらに同年5月には車名やエンブレム類を表記しない状態での車体形状が、乗り物としては日本で初めて立体商標として登録された。
耐久性と経済性に優れ、発売開始後50年以上を経ても多くの原設計を引き継ぎ、改良を続けながら継続生産販売されている。

引用:Wikipedia:データベース

スーパーカブ 限定モデルに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもスーパーカブ 限定モデルに関連のある動画ばかりではありません。

スーパーカブ 限定モデルに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング