スバル 13万台リコールとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
スバル13万台リコール=エンジン停止の恐れ:時事ドットコム
30分前 - スバル13万台リコール=エンジン停止の恐れ 2019年10月17日15時58分 SUBARU (スバル)は17日、走行中にエンジンが停止する恐れがあるなどとして、普通乗用車「 インプレッサ」「XV」の2車種計13万7467台(2016年10月~19年3 ...

■2019年10月24日
菅原経産相進退論、与党内で浮上=自民幹部「続投難しい」


■2019年10月24日
トラックの39遺体は中国人=全員凍死か-英


■2019年10月24日
「嵐」チケット転売疑い=禁止法初適用、女を書類送検-大阪府警


■2019年10月25日
2億円相当のダイヤ盗難=50カラット、宝飾展で展示中-横浜


■2019年10月25日
日韓、「負の連鎖」打開できず=知日派首相も進展なし


■2019年10月25日
台風の夜「なぜ息子帰した」=市職員犠牲、父の無念-福島・南相馬


■2019年10月25日
背く高官、重要証言相次ぐ=米大統領の権力乱用浮き彫り-弾劾調査1カ月


■2019年10月25日
FRBは「職務怠慢」=政策会合前に利下げ圧力-トランプ氏


■2019年10月25日
ケベック地域政党が躍進=背景に仏語存続への危機感-カナダ


■2019年10月24日
東日本大震災で行方不明、遺体発見=両親「娘やっと帰ってきた」-宮城


スバル13万台リコール=エンジン停止の恐れ(時事通信) - Yahoo ...
スバル、2車種13万台リコール 制御プログラム不具合
スバル、13万台をリコール インプレッサとXV | 共同通信
スバルは17日、制御プログラムの不具合で走行中にエンジンが止まるおそれがあるなどとして、XVとインプレッサの2車種計13万7467台(2016年10月~19年3月製造)のリコール(回収・無償修理)を...- 朝日新聞デジタル- 3分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもスバル 13万台リコールに関連のある画像ばかりではありません。
スバル 13万台リコールの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

SUBARU(スバル)は、株式会社SUBARU(旧・富士重工業)が展開する自動車製造部門・航空機製造部門のブランド名である。
thumb|right|スバル恵比寿ショールームSUBARUは太平洋戦争までの航空機メーカーである中島飛行機を源流に持ち、創業期に百瀬晋六をはじめとする元航空技術者たちが自動車開発に携わってきたという歴史から、航空機に通じる機能性・合理性優先で、既成概念にとらわれないユニークなメカニズムを特徴とする自動車を多く送り出してきた。
特に走行性能に特化した技術志向が強く、四輪駆動車と水平対向エンジンはスバルの技術の特徴となっている。
そのため、スバルというブランドをこよなく愛するこの言葉はカートピア誌No.31(1975年)に掲載された「スバルは紳士の乗り物」という後閑暢夫氏による投稿の中で「クルマに対する高い見識を持ち、紳士的な運転をするスバルユーザー」を指す言葉として誕生した。
2013年の第43回東京モーターショー以降はメーカー自らがSUBARISTという言葉を大々的に用いている。

米国では熱狂的スバル車ファンはSubie(スビー)と呼ばれる。
と呼ばれる熱心なファンも少なくない。
近年、北米市場で、悪路走破性と衝突安全性の面からスバルの評価が高く、販売台数を急速に伸ばしているが、SUBARUは年間販売台数が100万台未満の国内大手自動車8社中で最小の自動車メーカーで、著しく国内生産比率が高いこともありアメリカ合衆国インディアナ州のスバル・オブ・インディアナ・オートモーティブでも生産を行ってはいるが、規模は小さい。
、北米市場で恒常的な供給不足が続いている 東洋経済 2013年11月5日 東洋経済 2014年2月8日。
北米市場における供給不足と技術志向の高性能プレミアムイメージによる車体販売価格の高値推移により、SUBARUの営業利益率は、高級ブランドBMWを超える13%を記録している Response. 2013年11月6日 BJ 2014年1月25日。
2014年には累計国内生産台数が2000万台を突破した。
安全性に関し、日本では自動車事故対策機構からインプレッサSPORT/G4およびSUBARU XVが2016年度自動車アセスメント「衝突安全性能評価大賞」 SUBARUニュースリリース 2017年4月6日を、北米では米国道路安全保険協会から2017年型インプレッサが2017年安全評価で最高評価「トップセイフティピック(TSP)+」を受けている SUBARUニュースリリース 2017年2月22日。
2018年現在、国内主要自動車メーカーで軽自動車・商用車・OEM車を除く国内販売の現行車種が全て3ナンバー車種である唯一の自動車メーカーである。

引用:Wikipedia:データベース

スバル 13万台リコールに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもスバル 13万台リコールに関連のある動画ばかりではありません。

スバル 13万台リコールに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング