サラエボ事件とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
サラエボ事件とは - コトバンク
サラエボ‐じけん【サラエボ事件】 ... 一九一四年六月二八日、オーストリア皇太子フェルディナント大公夫妻がサラエボでオーストリア併合に反対するセルビアの青年に暗殺され ...
サライエボ事件(サラエボ事件)|日本大百科全書・世界大 ...
1914年6月28日、オーストリア・ハンガリー帝国の皇位継承者フランツ・フェルディナント大公夫妻が狙撃(そげき)暗殺された事件。第一次世界大戦の導火線となった。
サラエボ事件から100年 第一次世界大戦の引き金となった暗殺 ...
2014/6/28 - 6月28日、第一次世界大戦が勃発するきっかけとなった「サラエボ事件」が起きてから100年を迎えた。オーストリア=ハンガリー二重帝国の皇太子夫妻が ...
サラエヴォ事件 - 加西市ホームページ
1914年6月28日11時30分頃、ボスニアの首都サラエヴォにてオーストリア=ハンガリー皇太子夫妻がセルビア人学生に暗殺されました。近郊で行われた軍事演習の視察を終え、 ...
サライェヴォ事件 - 世界史の窓
1914年6月28日、オーストリア皇位継承者夫妻がボスニアの州都サライェヴォでセルビア人に殺害された事件。第一次世界大戦のきっかけとなった。

サラエボ事件(サラエボじけん、サラエヴォ事件、サライェヴォ事件)は、1914年6月28日にオーストリア=ハンガリー帝国の皇位継承者であるオーストリア大公フランツ・フェルディナントと妻のゾフィー・ホテクが、サラエボ(当時オーストリア領、現ボスニア・ヘルツェゴビナ領)に訪問中、の青年ガヴリロ・プリンツィプによって暗殺された事件。
この事件をきっかけとしてオーストリア=ハンガリー帝国はセルビア王国に最後通牒を突きつけ、第一次世界大戦の勃発につながった。
暗殺を実行したプリンツィプは、大セルビア主義テロ組織「黒手組」の一員によって組織された6人の暗殺者グループ(5人のボスニア系セルビア人と1人のボシュニャク人)のうちの1人だった。
暗殺者グループとその支援者、および暗殺を計画したセルビア軍関係者は逮捕されて裁判にかけられ、有罪判決を受けたのちに処罰された。
ボスニアで逮捕された者たちは1914年10月にサラエボで裁判にかけられた。
その他の者たちは、暗殺とは無関係な罪状で1917年にセルビア当局によって起訴されてテッサロニキで裁判にかけられ、そこでは3人のセルビア軍高官に死刑が言い渡された。
その中の1人であり、事件当時セルビア軍諜報部長だったドラグーティン・ディミトリエビッチは、自らがフランツ・フェルディナントの暗殺を指令したことを裁判中に告白した。

引用:Wikipedia:データベース

サラエボ事件に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング