サブウェイ 苦境とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
サブウェイ170店舗閉鎖から分かる「何をやらないか」でビジネスモデルは ...
2018年6月19日 - 先日、サンドイッチのチェーン店・サブウェイがSNSで大きく話題になった。きっかけはプレジデント・オンラインに掲載されたサブウェイが過去4年間で170店舗も閉鎖している、という記事だ。(サブウェイが4年で170店舗も閉めた理由 ...
「サブウェイ」FC店運営会社“破産” 4年半で200店減のサブウェイ、今も大量 ...
「サブウェイ」FC店運営会社“破産” 4年半で200店減のサ...

■2019年1月17日
「サブウェイ」FC店運営会社“破産” 4年半で200店減のサブウェイ、今も大量閉店進行中(佐藤昌司)
「サブウェイ」FC店運営会社が東京地裁から破産開始決定を受けたことが報じられた。これはサブウェイの苦境を如実に物語っている。サブウェイは4年半で約200店が減っており、現在も閉店が進んでいる。続きを読

■2019年1月15日
なぜドラッグストアはトイレットペーパーを外に積むのか?(佐藤昌司)
ドラッグストアでは、軒先でトイレットペーパーが積まれていることが少なくない。万引きされたり、風雨にさらされて損傷するなどのリスクがあるが、そういったリスクを承知で軒先で陳列している。それはなぜか。続き

■2018年12月25日
吉野家vsワタミ「鶏肉戦争」勃発 吉野家は脱「牛依存」、ワタミは「ワタミ隠し」が狙い?(佐藤昌司)
鶏肉市場をめぐる争いが激化している。赤字で苦しむ吉野家HDと「ブラック企業」批判で苦しむワタミが鶏肉市場で起死回生を図ろうとしている。はたして思惑通りにいくのか。そして、どちらが勝利するのか。続きを読

■2018年12月21日
「いきなり!ステーキ」で深刻な客離れ 飽きられ&値上げ&自社競合が原因か(佐藤昌司)
快進撃を続けてきた「いきなり!ステーキ」だが、4月から客数減が続いている。行列ができるほどの人気ステーキ店だが、いったい何が起きているのか。続きを読む

■2018年12月18日
「大戸屋」が店舗数で「やよい軒」に抜かれたワケ 大戸屋客離れ&飽和、やよい軒爆増(佐藤昌司)
客離れで苦しむ大戸屋が店舗数でやよい軒に抜かれた。大戸屋は低い利益率にも苦しんでおり、退潮が鮮明だ。このまま沈んでいき、市場から退場を余儀なくされてしまうのだろうか。続きを読む

■2018年11月07日
マックハウスが閉店ラッシュ 9年で150店舗を閉めた理由(佐藤昌司)
カジュアル衣料品店を展開するマックハウスの店舗数が激減している。9年で150店舗を閉鎖した。背景には何があるのか?続きを読む

■2018年11月06日
「バーバリーロス」対策に三陽商会が100億円超投資 業績見通し下方修正も(佐藤昌司)
バーバリーを失って業績悪化が続く三陽商会。起死回生の一手として100億円超の投資案を打ち出した。一方で、業績見通しの下方修正も発表。はたして三陽商会に未来はあるのか?続きを読む

■2018年11月05日
ヤマダ電機、9割減益の衝撃 ノジマやエディオン好調、ヤマダ撃沈のワケ(佐藤昌司)
ヤマダ電機の2018年4~9月期連結純利益が前年から9割も減った。一方、競合のノジマやエディオンは増収増益を達成している。業界最大手のヤマダにいったい何が起きているのか?続きを読む

■2018年11月04日
コナカ、スマホカメラで自動採寸できるアプリ開発 ゾゾスーツも顔負け(佐藤昌司)
ゾゾスーツの場合、スーツを着るという手間がかかる。一方、コナカの場合、その手間がかからない。スマホのカメラで撮影するだけで採寸できるため、非常に便利そうだ。その驚きの性能や如何に。続きを読む

■2018年11月03日
飲食「無断キャンセル」対策で全額請求も 指針を業界団体が発表(佐藤昌司)
予約したのに当日来店しない「無断キャンセル」が話題になっている。飲食店では食材を廃棄せざるを得ないケースも発生し、死活問題となっている。そこで業界団体が指針を発表した。続きを読む

■2018年11月02日
ゾゾスーツの失敗でZOZOが大幅減益 ゾゾスーツは今後不要に(佐藤昌司)
何かと話題を集めた「ゾゾスーツ」。しかし、数々の失敗によりコストがかさみZOZOは大幅減益に。しかも、今後はゾゾスーツなしで注文できるようにしていくという。続きを読む

■2018年11月01日
大塚家具、最大8割引きセールを延長 現金枯渇を回避する狙いか(佐藤昌司)
大塚家具が「80%OFF」「60%OFF」といった大胆なセールを実施している。これは、ただの安売りなのか、戦略的なセールなのか。現金枯渇の危機が指摘されるなか、久美子社長の狙いはどこにあるのか。続きを

■2018年10月31日
アマゾン、無料試着できる衣料のネット通販サービス開始(佐藤昌司)
アマゾンが無料で試着できる衣料品のネット通販サービスを始めた。アマゾンは近年、ファッション分野に力を入れている。その狙いとは?続きを読む

■2018年10月30日
吉野家の3~8月期、最終赤字 その訳と「牛丼値上げ」できない裏事情(佐藤昌司)
赤字で苦しむ吉野家。客数が増えているのになぜか減益。好調のようで好調ではない吉野家。一方、ライバルの「すき家」と「松屋」は”値上げ”で売り上げ増を達成。吉野家も値上げしたいが、それができない事情が。続

■2018年10月29日
通販大手の千趣会が2年連続赤字見込み、大規模リストラへ 誰が千趣会を殺したのか?(佐藤昌司)
かつて高い利便性と手頃な価格で主婦を中心に支持されていたカタログ通販は今や販売不振が深刻だ。いったい何が起きているのか?続きを読む

■2018年10月28日
楽天と西友、ネットスーパー本格稼働 アマゾンやセブンに対抗(佐藤昌司)
楽天と西友が手を組み、ネットスーパーを本格的に始めた。ネット通販大手とスーパー大手がそれぞれのノウハウを持ち寄り、新たな消費体験を提案する。続きを読む

■2018年10月27日
セブン、都内初の移動販売を開始 移動販売ビジネスが活況(佐藤昌司)
セブン-イレブンが移動販売ビジネスに力を入れている。都内初となる事業展開を行うわけだが、地方だけでなく、大都市にも手を広げた形だ。セブンの狙いはどこにあるのか。続きを読む

■2018年10月25日
セブンが新レイアウト「タイプF2」を発表 驚愕の全貌を公開(佐藤昌司)
セブンは業績拡大を図るため店舗レイアウトの刷新を進めている。その切り札として「タイプF2」と呼ばれる新レイアウトを今回発表した。それはいったい何なのか。全貌に迫る。続きを読む

■2018年10月24日
増収増益のビックカメラと低迷するヤマダ電機 明暗が分かれたワケ(佐藤昌司)
業界2位のビックカメラが増収増益と好調だ。一方、業界首位のヤマダ電機は低迷が続いている。両社の業績は明暗が分かれているが、両社にいったい何が起きているのか。続きを読む

3期連続赤字のサブウェイ。4年で180店閉店の苦境の要因と打開策は ...
「サブウェイ」FC店運営会社が破産 サンドイッチチェーン「 サブウェイ 」のフランチャイズ(FC)店を首都圏を中心にピーク時に約20店を展開していたエージー・コーポレーションが1月16日に東京地裁から...- Yahoo!ニュース 個人- 2時間前
サブウェイが4年で170店舗も閉めた理由 | プレジデントオンライン
「サブウェイ」FC店運営会社が東京地裁から破産開始決定を受けたことが報じられた。 これはサブウェイの苦境を如実に物語っている。サブウェイは4年半で約200店が減っており、現在も閉店が進んでいる。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもサブウェイ 苦境に関連のある画像ばかりではありません。
サブウェイ 苦境の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

サブウェイは、アメリカに本社を置くファーストフードチェーン店。
サブマリンサンドイッチという長楕円形のサンドイッチを主力商品としており、世界店舗数は2013年1月時点で3万8374店、マクドナルドの約3万4000店。
=日本ではサントリーホールディングスが子会社として日本サブウェイ株式会社を設立し、1991年にアメリカのSUBWAY社とマスターフランチャイズ契約を締結し、直営店、フランチャイズ加盟店の両輪で展開していた。
当初はアメリカと全く同じメニューのみを用意していたが、売り上げが伸び悩んだことから後に日本国内限定メニューを用意し、またパン生地についても「欧米人と違い、日本人は唾液が少ない」ことから1999年に国内専用の「しっとり生地」を採用するなどして新規顧客の獲得に成功しているTBSテレビ『がっちりマンデー!!』。
2018年12月現在、日本国内では302店舗を展開している。
また、開業当初は全席禁煙だったが1992年には喫煙席を設置し、当時店頭には「喫煙席を設置しました」と堂々と掲示していた。
2017年現在でも一部店舗を除いて喫煙席は設置されており、禁煙席とは特に仕切られていないことが多い。
なお、喫煙席があるのは日本のみである。
パンの種類は通常メニューで選択できるのはウィート、セサミ、ホワイト、ハニーオーツの4種。
2013年11月からは『第5のパン』としてフラットブレッドを投入、限定メニュー先行で、以降通常メニューにも利用できるようにする予定。
2016年3月末でフランチャイズ契約が切れることから、サントリーでは日本サブウェイ株式の65%をサブウェイのオランダ法人に売却した - ロイター・2016年1月21日。
以後日本国内展開についてはサブウェイ本社の直轄となるが、サントリーも飲料の納入等での関与を続けるため株式の一部保有は続け、出向している経営陣も一部残留していた - 産経ニュース・2016年1月21日。
しかし2018年3月に残りの株式も全て売却し、サントリーは日本サブウェイの経営から完全に撤退したPRESIDENT Online 2018年5月23日。

引用:Wikipedia:データベース

サブウェイ 苦境のツイート

サブウェイ 苦境に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもサブウェイ 苦境に関連のある動画ばかりではありません。

サブウェイ 苦境に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング