サニブラウンとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
サニブラウン ラッキーだった | 2017/8/10(木) 8:31 - Yahoo!ニュース
【世界陸上】サニブラウンの成長支えた“姉”と“兄”とは?
世界陸上:サニブラウン7位入賞 ボルト18歳時上回る - 毎日新聞
◆ロンドン世界陸上 第6日(9日、英国・ロンドン競技場) 史上最年少となる18歳157日で200メートル決勝に進んだサニブラウン・ハキーム(東京陸協)。急成長の陰には、2人のリオ五輪金メダリストの刺激...- スポーツ報知- 4分前
サニブラウン アブデルハキーム:日本陸上競技連盟公式サイト
【世界陸上】サニブラウン、香川真司から激励ユニ 決...- スポーツ報知- 2時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもサニブラウンに関連のある画像ばかりではありません。
サニブラウンの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

サニブラウン・アブデル・ハキーム(Abdul Hakim Sani Brown、1999年3月6日 - 日本陸上競技連盟 - )は、日本の陸上競技選手。
専門は短距離走。
福岡県出身。
ガーナ人の父と日本人の母を両親に持つ - Sportiva(2015年7月1日)。
父親はガーナでサッカー選手の経験があり、母親はハードルで全国高等学校総合体育大会陸上競技大会に出場した経歴を持っているアスリート一家であった。
サニブラウンも子供の頃はサッカーに取り組み、ポジションはフォワードだったが、小学校3年生の時に母親からの薦めで陸上競技を始める。
中学校、高等学校と城西大学附属城西中学校・高等学校に進学し 城西大学城西高等学校陸上競技部ホームページ参照、クラブ顧問の山村貴彦(元日本代表・シドニーオリンピック出場)の指導を受けるようになり、高校1年生時の第69回国民体育大会100m(少年B)に10秒45で優勝。
2015年1月には、東京オリンピック代表選手候補に期待される日本陸上競技連盟の「ダイヤモンドアスリート」に認定された - 日本陸上競技連盟。
高校2年生となった2015年6月の日本陸上競技選手権大会は3着と同タイム着差ありの100m2位、2着と同タイム着差なしの200m2位であった。
2015年7月にコロンビアのサンティアゴ・デ・カリでおこなわれた第9回世界ユース陸上競技選手権大会では、100mに10秒28、200mに20秒34と共に大会記録で優勝し、2冠を達成した - デイリースポーツ2015年7月20日。
また2015年世界陸上競技選手権大会(中華人民共和国北京市)日本代表にも選出され、男子200mでは準決勝に進出し 日刊スポーツ 2015年8月26日閲覧、男子4×100mリレーでも予選でサニブラウンを温存して決勝レースでのアンカー起用の構想があったが、日本チームが予選敗退を喫したため、幻に終わった 日刊スポーツ 2015年8月30日閲覧。
2015年の国際陸上競技連盟年間表彰『IAAF World Athletes of the Year for 2015』にて、「RISING STAR AWARD」(新人賞)を受賞することが発表された IAAFプレスリリース 26 NOV 2015 朝日新聞 2015年11月27日閲覧。
2016年11月10日、2017年の秋期からフロリダ大学に進学し、練習拠点もフロリダ州ゲインズビルに移すことを発表。
第101回日本陸上競技選手権大会男子100mでは、予選・準決勝と10秒06をマークして決勝進出、当時の自己ベストを0秒12縮めた。
決勝では突然の雨の中、更に縮めて10秒05のタイムで初優勝を勝ち取った。
男子200m決勝でも20秒32の自己ベストで初優勝、2003年の末續慎吾以来14年ぶりとなる短距離二冠を達成した。

引用:Wikipedia:データベース

サニブラウンに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもサニブラウンに関連のある動画ばかりではありません。

サニブラウンに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング