ギャル曽根とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。

ギャル曽根(ギャルそね、本名:名城 菜津子〈なしろ なつこ、旧姓:曽根〉 1985年〈昭和60年〉12月4日 - )は、日本のタレント、グルメコメンテーター。
ワタナベエンターテインメント所属。
京都府舞鶴市出身。
一男一女の母。
舞鶴市立明倫小学校、舞鶴市立城南中学校、京都府立西舞鶴高等学校を経て、日本調理製菓専門学校調理科を卒業『ギャル曽根の大食いHappy道 食べても食べても太らない』42-43ページして調理師免許を保有している。
2005年10月のテレビ東京の「元祖!大食い王決定戦」に出演して結果は6位だったが、「優勝にこだわらず好き勝手に食べる自由さ」で存在感を示す(ちなみに当時の体重は45kg)。
それ以降、2006年「元祖!大食い王決定戦 新爆食女王誕生戦」、2007年「元祖!大食い王決定戦 新爆食女王限界死闘編」などで優勝する。
番組では本名の「曽根菜津子」として出演していたが、番組進行役の中村有志が名付けた「ギャル曽根」の愛称が契機となり、耳目を集めて以降上京し本格的に活動を始める。
他にも日本テレビの「ラジかるッ」、「大笑点」で、同じく大食いのジャイアント白田(白田信幸)と大食い対決している。
当初は素人として出演していたが、2006年に芸能事務所ワタナベエンターテインメントと契約して芸能人として活動を始めた。
2007年4月に辻希美、時東ぁみと共に、「そねね」として藤田志穂のプロデュースによるパラパラギャルユニット「ギャルル」結成するが、リーダーの辻が妊娠により中途脱退して曽根が2代目リーダーを務める。
2007年度「日本新語・流行語大賞」で「大食い」がトップテンに入賞して受賞者となる(新語・流行語大賞公式サイトより)。
2008年に著書を出版した頃、曽根は「タレント活動する上での私の武器は大食いだけ。
タレントを長く続けるにはこれだけではだめだ」と考える。
ほどなくして曽根は、ただ量を多く食べるだけでなく食に関する仕事全般でアピールすることを考え、美味しさを伝えるような食べ方、コメントの研究、料理を作ることにも力を入れ始める。
2011年7月24日に『もしもツアーズ』などを手がける9歳年上のディレクターである名城ラリータと結婚(デイリースポーツ)(Techinsight Japan)。
8月6日放送の「もしもツアーズ」に曽根がゲスト出演して夫婦共演した。
2012年11月に第1子の男児を出産。
2015年9月18日に第2子懐妊を公表し、2016年1月に第2子の女児を出産。

引用:Wikipedia:データベース

ギャル曽根に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング