カラムーチョ ベトナムとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
カラムーチョ ベトナムで好調 | 2018/1/18(木) 9:42 - Yahoo!ニュース
湖池屋の日本発・辛味スナック「カラムーチョ」の売れ行きがベトナムで好調。2017年10 月の発売後、1カ月で3万食を記録。日本のものよりも辛めという。
「カラムーチョ」がベトナムで売れている理由(ニュースイッチ) - Yahoo ...
日本より辛め、「ドラえもん」とコラボで販促も 湖池屋の日本発・辛味スナック「カラムーチョ」の売れ行きがベトナムで好調だ。2017年10月の発売後、1カ月で3万食を記録した(同年11月時点)。約10億円...- ニュースイッチ- 2時間前
湖池屋、ベトナムで「カラムーチョ」発売―ドラえもんとコラボ [日系] - Vietjo
湖池屋の日本発・辛味スナック「カラムーチョ」の売れ行きがベトナムで好調だ。2017.
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもカラムーチョ ベトナムに関連のある画像ばかりではありません。
カラムーチョ ベトナムの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

カラムーチョは湖池屋が製造販売するポテトチップスで、チリの味をベースにした辛みの強いスナック菓子である。
湖池屋の登録商標(第5038911号ほか)となっている。
キャッチフレーズは「ポテトが辛くてなぜおいしい!」。
国内産の生じゃがを100%使用し植物油で揚げて作られる。
1984年9月に細切りのシューストリングタイプの「カラムーチョ」を発売。
発売当時の価格は200円と他のポテトチップス商品に比べて高額で、辛いテイストのポテトチップスが浸透していなかった事もあり、全く売れない日が続いたというカラムーチョチップス ホットチリ味(2011年12月現在) 袋裏面のコラムより。
しかし、ある大手コンビニチェーンで販売したところ、その年のすべての食品の中でトップの売上を記録するほどの大ヒット商品となり、スナック菓子に辛味系の味を浸透させることとなったカラムーチョの発売年にあたる1984年の出荷額は約3億円、翌1985年の出荷額は約30億円。
(『日経産業新聞』 1986年12月11日19頁)。
別冊宝島でも1984年のサブカル・流行の1つとして紹介されている別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.93.。
1986年9月にはスライスタイプの「ポテトチップス カラムーチョ」を発売。
その後も味やパッケージをリニューアルしながらも、ロングセラー商品となっている。
世界各国で販売されている。
2012年には湖池屋のポテトチップスの原点である「コイケヤポテトチップス のり塩」が発売されてから50周年になるのを記念して、「カラムーチョ」と「すっぱムーチョ」の発売当初のパッケージを踏襲した「復刻版スティックカラムーチョ ホットチリ味」、「復刻版スティックすっぱムーチョ さっぱりビネガー味」を5月14日から期間限定で発売する(湖池屋プレスリリース 2012年4月25日)。
2014年には中華人民共和国・香港で「激辣魔薯」の名称で現地製造販売開始。
同年、発売30周年を迎えた。
30周年キャラクターとして芦田愛菜(女優)、金田一秀穂(言語学者)、池田清彦(生物学者)の3人を起用してのキャンペーンが展開された。
2016年9月から、志村けん(コメディアン)をCMキャラクターに起用した「ムーチョだョ!全員集合」と銘打ったキャンペーンを展開。
志村が「ひとみばあさん」に扮して出演している。
ひとみばあさんは、ムーチョシリーズのキャラクターである「ヒーおばあちゃん」と「ヒーヒーおばあちゃん」が長年の疲れを癒すため旅行に行ってもらうこととなり、その留守を任された設定となっている。

引用:Wikipedia:データベース

カラムーチョ ベトナムに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもカラムーチョ ベトナムに関連のある動画ばかりではありません。

カラムーチョ ベトナムに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング