オポチュニティ 任務終了とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
火星探査車オポチュニティーが任務終了 14年のミッションに幕(AFP=時事 ...
【AFP=時事】(更新)米航空宇宙局(NASA)は13日、火星探査車「オポチュニティー( Opportunity)」のミッション終了を正式に宣言した。オポチュニティーは14年に及んだ探査で、火星にかつて水が存在していたことを確認するなど、宇宙探査 ...
おつかれオポチュニティ。ついにNASAが公式に任務終了を発表 – Nazology
米航空宇宙局(NASA)は13日、当初計画を大きく上回る約15年にわたり火星表面の調査に使った無人探査車「オポチュニティー」の任務終了を発表した。- 時事通信- 15分前
NASAが火星探査機「Opportunity」の任務終了を発表、当初予定の60倍の ...
「長寿」火星探査車の任務終了- 時事通信- 45分前
オポチュニティ 任務終了の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

オポチュニティ (Opportunity)、正式名称マーズ・エクスプロレーション・ローバーB (Mars Exploration Rover B, MER-B)は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) の火星探査車で、マーズ・エクスプロレーション・ローバープログラムで使用された2台の探査車のうちの2号機である。
2004年1月25日午前5時5分 (UTC) に、火星のメリディアニ平原に無事着陸した。
このちょうど3週間前には1号機のスピリットが平原の反対側に着陸していた。
これらの探査車の名前は、NASAが主催した学生のエッセイコンテストで最優秀賞を取った9歳の女の子の案によるものである。
探査車は、NASAが想定した耐用期間をはるかに超えて稼働し、火星の地質学的な分析を行った。
一週間ごとの活動の状況は、NASAのジェット推進研究所ので見ることができる。
火星上での移動距離は2013年5月16日に35.760kmとなり、1972年12月に3日間月面を走行したアポロ17号の月面ローバーの35.744kmの米国記録を破った。
2013年6月末には走行距離が37kmを越え、世界記録であったルノホート2号の走行距離記録に並び、2014年7月28日、オポチュニティの走行距離が25マイル(約40km)に達し、ルノホート2号の記録を抜かして、41年ぶりに探査車による地球外の走行距離記録を塗り替えたとNASAが発表した。

引用:Wikipedia:データベース

オポチュニティ 任務終了に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもオポチュニティ 任務終了に関連のある動画ばかりではありません。

オポチュニティ 任務終了に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング