オポチュニティ 任務終了とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
火星探査車オポチュニティーが任務終了 14年のミッションに幕(AFP=時事 ...
【AFP=時事】(更新)米航空宇宙局(NASA)は13日、火星探査車「オポチュニティー( Opportunity)」のミッション終了を正式に宣言した。オポチュニティーは14年に及んだ探査で、火星にかつて水が存在していたことを確認するなど、宇宙探査 ...
おつかれオポチュニティ。ついにNASAが公式に任務終了を発表 – Nazology
米航空宇宙局(NASA)は13日、当初計画を大きく上回る約15年にわたり火星表面の調査に使った無人探査車「オポチュニティー」の任務終了を発表した。- 時事通信- 15分前

■2019年8月22日
砂漠を緑に。砂を土へと変える技術が中国で開発される
Point ■中国の研究チームが砂を土へと変化させるペーストの開発に成功した ■ペーストは植物性のセルロースから作られており、砂の中に水分や栄養素、...

■2019年8月22日
世界初のエアタクシー「VoloCity」をドイツ航空会社が発表
Point ■ドイツの航空開発会社が、世界初となるエアタクシー「VoloCity」を発表 ■18機の小さなプロペラを回転させることで、安定性と静かな...

■2019年8月22日
読書は脳に「永続的な影響」を与える。フィクションかどうかで違いも
Point ■読書の影響を調査した複数の研究報告によると、脳波測定の結果、読書経験は長期的に脳へ影響を残していることが明らかになった ■大抵の読書経...

■2019年8月21日
呪われた湖? 夏になると200体以上の白骨が浮かび上がるスケルトン・レイク、DNA検査で新事実発覚
Point ■インドの高山にあるループクンド湖は夏になると200体以上の人骨が浮かび上がる場所として知られる ■ループクンド湖は12年おきに行われる...

■2019年8月21日
「男性は絶対食べないで」路上の天然バイアグラに専門家が警鐘
Point ■Xanthoparmelia scaosaという地衣類は、ED治療薬に類似した成分を含有している ■この地衣類に含まれる化学物質に...

■2019年8月21日
月の強烈なガンマ線が明らかに 有人探査時の被ばくに不安
Point ■NASAのフェルミガンマ線宇宙望遠鏡が撮影した、月の映像が公開された ■ガンマ線放射で見た場合、月は太陽よりも明るく輝いて見える ■ガ...

■2019年8月20日
欧州の風力発電だけで「世界中のエネルギー」を供給できるかもしれない
Point ■ヨーロッパは風況が良く平坦な地形が多いため、風力発電に適している ■風力発電所が設置可能な場所を分析したところ、西ヨーロッパの大部分が...

■2019年8月20日
「絶世の美女の匂い」が嗅げるかも。2000年前の「香水」の復元に成功
Point ■米・ハワイ大学がおよそ2000年以上前にエジプトで使われていた香水の復元に成功したと発表 ■「ミルラ」という樹脂を主成分とする香水は現...

■2019年8月20日
すべてが科学者の想定外! 解析に3年を要した観測史上最大の超新星爆発
Point ■2016年に観測された規格外に巨大な超新星爆発の解析が3年越しで完了した ■この超新星爆発は太陽質量の200倍もある超大質量星によるも...

■2019年8月19日
新たな「重力波」の探知に成功! ブラックホールの「げっぷ」かも? 
Point ■LIGOおよびVirgoの天体望遠鏡が新たに「重力波」の探知に成功した ■今回観測された重力波はブラックホールと中性子星の衝突による可...

NASAが火星探査機「Opportunity」の任務終了を発表、当初予定の60倍の ...
「長寿」火星探査車の任務終了- 時事通信- 45分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもオポチュニティ 任務終了に関連のある画像ばかりではありません。
オポチュニティ 任務終了の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

オポチュニティ (Opportunity)、正式名称マーズ・エクスプロレーション・ローバーB (Mars Exploration Rover B, MER-B)は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) の火星探査車で、マーズ・エクスプロレーション・ローバープログラムで使用された2台の探査車のうちの2号機である。
2004年1月25日午前5時5分 (UTC) に、火星のメリディアニ平原に無事着陸した。
このちょうど3週間前には1号機のスピリットが平原の反対側に着陸していた。
これらの探査車の名前は、NASAが主催した学生のエッセイコンテストで最優秀賞を取った9歳の女の子の案によるものである。
探査車は、NASAが想定した耐用期間をはるかに超えて稼働し、火星の地質学的な分析を行った。
一週間ごとの活動の状況は、NASAのジェット推進研究所ので見ることができる。
火星上での移動距離は2013年5月16日に35.760kmとなり、1972年12月に3日間月面を走行したアポロ17号の月面ローバーの35.744kmの米国記録を破った。
2013年6月末には走行距離が37kmを越え、世界記録であったルノホート2号の走行距離記録に並び、2014年7月28日、オポチュニティの走行距離が25マイル(約40km)に達し、ルノホート2号の記録を抜いて、41年ぶりに探査車による地球外の走行距離記録を塗り替えたとNASAが発表した。

引用:Wikipedia:データベース

オポチュニティ 任務終了に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもオポチュニティ 任務終了に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング