オプジーボ がん治療とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
期待が高まる免疫療法 いよいよオプジーボが承認! | がん治療に免疫の力 ...
新しいタイプのがん治療薬である、免疫チェックポイント阻害薬のオプジーボに対し、 2015年12月、肺がんへの適応拡大が承認された。待ち望まれた薬剤だけに期待が高まるが、具体的にはどんな症例に使われ、どんな効果が見込めるのだろうか。また、 副作用 ...

■2018年10月12日
米副大統領の演説は、実は対中国への「本気の宣戦布告」だった
米国のペンス副大統領が10月4日、ワシントンで講演し、貿易など経済に限らず安全保障分野でも、中国に「断固として立ち向かう」と述べた。かつての米ソ冷戦の始まりを告げた「鉄のカーテン」演説に匹敵する歴史的

■2018年10月12日
夫の突然死後の「腫れ物扱い」が苦しくて…かわいそう、はもうやめて
ある日突然の夫の死。それも一人で就寝中に亡くなったことから警察が介入し、検視・解剖をへても「死因不詳」――。人の死にまつわる死生学の調査研究をする立場だった小谷みどりさんは、こんな体験を経て、「配偶者

■2018年10月12日
なんとフランスの10倍…!CO2排出大国ドイツの「不都合な真実」
ドイツ、ノートライン−ヴェストファレン州のハンバッハというところで、ドイツを代表する電力会社RWEが、褐炭の採掘現場を確保するために森の木を伐採しようとした。

■2018年10月12日
働き方改革の前に、政府はまずこの超絶ムダな事務作業を改善してくれ
「確定申告」をはじめとした、国民のモチベーションや生産性を下げる、悪しき事務作業が野放しにされている。「働き方改革」を謳う前に、政府はやることがあるのではないか?

■2018年10月12日
宗教迫害が基本だった中国政府が、バチカンに歩み寄る「真の狙い」
1951年から断交していた中国共産党政府とバチカンが、中国内の聖職者の任命について暫定的な合意に達した。バチカンは巨大な人口への布教、中国はバチカンの台湾断交を狙っての合意だが、目下、宗教弾圧で世界的

■2018年10月12日
『タイキョの瞬間!』で炎上のフジテレビが迎えている「ある局面」
先月末、『入管脱衣所に監視カメラ』(東京新聞・9月24日)という記事が出た。 強制退去を命じられた外国人を収容する茨城県牛久市の「東日本入国管理センター」で、収容者が使うシャワー施設の脱衣所などに監視

■2018年10月12日
日本の「潜在投資家2000万人」を動かすための、ある試み


■2018年10月11日
ゲノム編集で大量生産「食用ほおずき」は遺伝子組み換え食品なのか
英語名で「グラウンド・チェリー(ground cherry)」という果実を御存じだろうか? 文字通り訳せば「地表のサクランボ」という意味だが、本当は「ほおずき」の仲間で、日本では実際「食用ほおずき」と

■2018年10月11日
海上自衛隊が画策する「空母保有計画」その全貌がついに判明
海上自衛隊が検討を進める空母保有計画の全容が明らかになった。ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」型をほぼ原型のまま活用し、垂直離着陸戦闘機「F35B」を搭載する。任務に応じて、F35Bと対潜水艦(対潜)ヘ

■2018年10月11日
京都・大原三千院をめぐる詐欺事件が勃発! その深層と再開発の行方
京都の大原三千院をめぐってトラブルが発生した。三千院が持つ再生計画地約7万平方メートルを購入した千葉の不動産業者が、偽造書類で不動産売買の手付金1億円を詐取されたとして、都内の仲介業者を民事刑事で訴え

■2018年10月11日
米中衝突を「経済問題」と捉えると見落としてしまう、最も重要なこと


■2018年10月11日
ロリータモデル兼看護師の私が、公衆の面前で「ビンタ」された瞬間
ごきげんよう、青木美沙子です。日本発祥のロリータを世界へ広めるべく活動しています。ロリータのお茶会を主催したり、海外のイベントにお呼ばれしたり、オリジナルグッズの販売をしたり。その一方、日本では看護師

■2018年10月11日
4兆円カジノ都市・マカオに集う「中国超富裕層」が日本に来る日
日本でもカジノを含む統合型リゾート(IR)法案が2018年7月20日に可決、近い将来カジノが作られるのではと注目が集まっている。6年間のエージェント経験を『カジノエージェントが見た天国と地獄』という本

■2018年10月11日
軍人でもわからない…トランプ政権「国防体制」の輪郭が見えてきた
米国のドナルド・トランプ政権も任期半ばにさしかかり、国防体制の輪郭が見えてきた。国家安全保障戦略(2017年12月)、国防戦略(2018年1月)、核態勢見直し(2018年2月)といった公式文書が昨年末

■2018年10月10日
吉野家「8億円超の赤字転落」の背景に見えた二つの要因
吉野家が中間決算で赤字に転落した。今の日本経済はデフレと超低金利が大前提となっているが、構造は徐々に変わりつつある。吉野家の業績悪化は、デフレ前提の外食産業に転換点が迫っていることを示唆している。

■2018年10月10日
「みんなが差別を批判できる時代」に私が抱いている危機感
みんなが差別を批判できる時代。一見、それは望ましい社会であるようだが、危惧の念を抱いている。

■2018年10月10日
なぜ自民党は秋葉原を「選挙必勝の聖地」と崇めるようになったか
2018年9月20日、安倍晋三が自民党総裁に三選された。このとき、安倍晋三は選挙戦最終日での「最後の訴え」をJR秋葉原駅前で行なうことを決定し、実行した。自民党総裁が秋葉原で演説する――過去5回の国政

■2018年10月10日
不倫問題で集中砲火を浴びた私が「今」ホスト小説を書いた理由
乙武洋匡氏が書いた『五体不満足』が刊行されたのは1998年。累計600万部を超えるベストセラーとなり、乙武氏は一躍有名人の仲間入りを果たした。それから20年。教員免許を取り、小学校教諭として教壇に立っ

■2018年10月09日
米中貿易戦争が「新冷戦」に発展すると見るべきこれだけの悪い兆し
アメリカと中国が、いよいよ「新冷戦」の様相を呈してきた。いまは20世紀で言うなら、第2次世界大戦の終結直後のような状況かもしれない。

■2018年10月09日
アメリカ「教育改革」の行方〜トランプの2年で一体何が変わったのか
米国では来月11月にトランプ政権になって初の中間選挙が開かれる。ここでは、中間選挙を前に、トランプ政権の教育政策について振り返ることとしたい。

オプジーボとは | ONO ONCOLOGY
【1面トップ】〔朝日〕本庶氏ノーベル賞 がん薬オプジーボに道 免疫生かす手がかり発見 医学生理学賞 米教授 共同受賞〔毎日〕本庶佑氏 ノーベル賞 新たながん治療に貢献 医学生理学賞 5人目〔読売〕本庶...- 時事通信- 56分前
がん治療最前線~免疫療法とは? | がん免疫 | オプジーボ.jp
がん治療薬、2・5万人が使用…幅広く適用期待- 読売新聞- 45分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもオプジーボ がん治療に関連のある画像ばかりではありません。
オプジーボ がん治療の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

ニボルマブ(Nivolumab)は、悪性黒色腫治療を目的とし、後に非小細胞肺癌・腎細胞癌に適用拡大された分子標的治療薬の一つで、ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体医薬品であり、当時の京都大学医学部の本庶佑博士の研究チームが開発に貢献した。
日本においては2014年7月4日製造販売が承認され、2014年9月小野薬品工業から発売が開始された。
商品名オプジーボ。

引用:Wikipedia:データベース

オプジーボ がん治療に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもオプジーボ がん治療に関連のある動画ばかりではありません。

オプジーボ がん治療に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング