エルニーニョ現象 発生とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
エルニーニョ現象発生か(共同通信) - Yahoo!ニュース
29分前 - 気象庁は9日、南米ペルー沖の監視水域で海面水温が高まり、エルニーニョ現象が発生 .
気象庁 | エルニーニョ現象及びラニーニャ現象の発生期間(季節単位)
今年は“暖冬”の見通し エルニーニョ発生で...
気象庁 | エルニーニョ監視速報
気象庁は、異常気象を引き起こす「エルニーニョ現象」が、2年ぶりに発生したと発表した。2018年の冬は、暖冬となる見込み。「エルニーニョ現象」は、東太平洋の赤道付近で、海面水温が半年以上続けて平年より0...- フジテレビ系(FNN)- 5分前
気象庁 | エルニーニョ現象発生時の日本の天候の特徴
エルニーニョ現象が発生 2016年以来約2年ぶり ...- ウェザーマップ- 10分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもエルニーニョ現象 発生に関連のある画像ばかりではありません。
エルニーニョ現象 発生の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

エルニーニョ・南方振動(エルニーニョ・なんぽうしんどう、英語:El Niño-Southern Oscillation、ENSO、エンソ)とは、*大気では インドネシア付近と南太平洋東部で海面の気圧がシーソーのように連動して変化し(片方の気圧が平年より高いと、もう片方が低くなる傾向にある)、*海洋では 赤道太平洋の海面水温や海流などが変動する、各々の相が数か月から数十か月の持続期間を持つ地球規模での自然現象の総称である。
大気に着目した場合には「南方振動」、海洋に着目した場合には「エルニーニョ現象」(もしくは、単に「エルニーニョ」)と呼び分ける場合がある。
エルニーニョ現象と南方振動は当初は別々に議論されていたが、研究が進むにつれて両者が強く関係していることが明らかになり、「エルニーニョ・南方振動(ENSO)」という言葉が生まれた。
ENSOは、大気と海洋が密接に連動した現象(大気海洋相互作用)の代表であるとともに、それが世界的な天候変化に波及するテレコネクションの代表でもある。
現在学術的には、この一連の変動現象を「エルニーニョ・南方振動(ENSO)」とし、その振れ幅の両端にあたるのが、太平洋赤道域東部の海水温が上昇する「エルニーニョ現象」、およびその正反対で太平洋赤道域東部の海水温が低下する「ラニーニャ現象」、とする考え方が一般的である。
12月の海面温度。
東太平洋の赤道付近の海水温が平年より5℃以上上昇しているのがわかる。
以降の北緯4度 - 南緯4度から西経90度 - 西経150度(NINO.3とほぼ同じ)海域の表面海水温の変化。
赤はエルニーニョ、青はラニーニャ。
thumb|300px|right|米国/フランスTOPEX /ポセイドン衛星が撮影した海面の高さの測定値を用いて作成された画像。
この画像では、白、赤の領域は、蓄熱の異常なパターンを示している。

引用:Wikipedia:データベース

エルニーニョ現象 発生に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもエルニーニョ現象 発生に関連のある動画ばかりではありません。

エルニーニョ現象 発生に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング