エボラ出血熱とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
エボラ出血熱とは - 国立感染症研究所
エボラ出血熱(エボラしゅっけつねつ、米: Ebola hemorrhagic fever; EHF)、または エボラウイルス病(エボラウイルスびょう、英: Ebola virus disease; EVD)は、フィロ ウイルス科エボラウイル...
FORTH|お役立ち情報|感染症についての情報|エボラ出血熱
エボラ出血熱はエボラウイルスによる急性熱性疾患であり、ラッサ熱、マールブルグ病、 クリミア・コンゴ出血熱とともに、ウイルス性出血熱(Viral Hemorrhagic Fever:VHF) ... 旧版の「エボラ出血熱とは」(2002年現在までの情報や図表を中心に解説)はこちら。
エボラ出血熱の現在など9つの知識を徹底調査!3か国での終息宣言 ...
医療・人道援助を行っている国際NPO「国境なき医師団(MSF)」の活動ニュースのうち、 エボラ出血熱に関する記事を掲載したページです。MSFは国際援助分野の実績が認め られ、1999年にノーベル平和賞を受賞しました。
エボラ出血熱に関するQ&A|厚生労働省
エボラ出血熱 Ebola virus disease. 動物および感染者; 重要度:高; 頻度:低. エボラ出血熱はエボラウイルスによる感染症です。感染症法では1類の感染症に分類 されています。 感染経路. エボラウイルスに感染した動物や感染した人の体液に、傷口 や粘膜が ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもエボラ出血熱に関連のある画像ばかりではありません。
エボラ出血熱の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

エボラ出血熱(エボラしゅっけつねつ、アメリカ英語発音: イ(ー)ボウラ/アボウラ・ヘマラジ(ッ)ク・フィーヴァー、イギリス英語発音: イ(ー)ボウラ/アボウラ・ヘマラジ(ッ)ク・フィーヴァ; EHF)は、フィロウイルス科エボラウイルス属のウイルスを病原体とする急性ウイルス性感染症。
ラッサ熱、マールブルグ病、クリミア・コンゴ出血熱と並ぶ、ウイルス性出血熱の一つ。
ヒトにも感染し、感染後の治療開始が遅れると致死率は50-80%に上るとされる。
また、仮に救命できたとしても重篤な後遺症を残すことがあり、リスクグループレベル4ウイルスの一つである。
現在では、エボラ出血熱患者が必ずしも出血症状を呈するわけではないことから、エボラ出血熱に代わってエボラウイルス病(エボラウイルスびょう、アメリカ英語発音: イ(ー)ボウラ/アボウラ・ヴァイラス・ディズィーズ; EVD)と国際的に呼称されている。
「エボラ」の名は、アフリカ大陸中部で発病者が出た地域を流れるエボラ川から命名された。
エボラウイルスは大きさが80 - 800 nmの細長いRNAウイルスである。
ひも状、U字型、ぜんまい型など形は決まっておらず、多種多様である。
初めてこのウイルスが発見されたのは1976年6月。
スーダン南西部(現:南スーダン)の西エクアトリア州にある町ヌザラ (Nzara) で、倉庫番を仕事にしている男性が急に39度の高熱と頭や腹部の痛みを感じて入院した後、消化器や鼻から激しく出血して死亡した。
その後、その男性の近くにいた2人も同様に発症して、それを発端に血液や医療器具を通して感染が広がった。
最終的にヌザラでの被害は、感染者数284人、死亡者数151人というものだった。
そして、この最初の男性の出身地付近である、当時のザイールのエボラ川からこのウイルスの名前はエボラウイルスと名づけられ、病気もエボラ出血熱と名づけられた。
その後エボラ出血熱はアフリカ大陸で10回、突発的に発生・流行し、患者の早期発見・治療開始が遅れると、致死率が50-80%に上るとされた。
他にイギリスでも感染患者が確認されており、ロンドン郊外のカンタベリーにおいて34歳女性が感染者として病院に搬送されたとされている。
他の多くのウイルスと異なり、免疫系を攪乱するデコイを放ち、生体の防御機構をほぼ完全にすり抜けるという特徴がある。
これが驚異的な感染性の高さに繋がっている。
また、体細胞の構成要素であるタンパク質を分解することで最強の毒性を発揮する。
免疫系を操作して血管を攻撃させ破壊し、肝臓を始めとする全身の臓器を冒して発症者を死に至らしめる。
そのため、エボラウイルスはWHOのリスクグループ4の病原体に指定されており、バイオセーフティーレベルは最高度の4が要求される。

引用:Wikipedia:データベース

エボラ出血熱に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもエボラ出血熱に関連のある動画ばかりではありません。

エボラ出血熱に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング