エアーズロック 2年後登山禁止とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
エアーズロック2年後登山禁止 | 2017/11/1(水) 18:38 - Yahoo!ニュース
5時間前 - オーストラリアにある世界最大級の一枚岩「エアーズロック」が2019年10月26日から 登山禁止となることが決まった。地権者である先住民アボリジニの意向などを反映した もの。
エアーズロック登山禁止=2年後、先住民の聖地―豪 (時事通信 ...
エアーズロック、2年後登山禁止へ 一帯が先住民の聖地
エアーズロック、2年後登山禁止へ 一帯が先住民の聖地 | mixiニュース
5時間前 - 【シドニー時事】オーストラリア内陸部にあり日本人観光客も訪れる世界最大級の一枚岩 「ウルル(英語名エアーズロック)」が、地権者である先住民アボリジニの意向などを反映 し、2019年10月26日から登山禁止となることが1日決まった。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもエアーズロック 2年後登山禁止に関連のある画像ばかりではありません。
エアーズロック 2年後登山禁止の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

ウルル (Uluru) はオーストラリア大陸にある世界で2番目に大きい一枚岩である。
ウルルは先住民であるアボリジニによる呼び名で、イギリスの探検家によって名付けられたエアーズロックも広く知られた名称である。
「エアーズロック」という名称は1873年、イギリスの探検家ウィリアム・ゴスが探検行の途中で発見し、当時の南オーストラリア植民地首相、ヘンリー・エアーズにちなんで名づけたものである Crystalinks。
1987年にユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録された。
オーストラリアのほぼ中央に位置し、ノーザンテリトリー、ウルル-カタ・ジュダ国立公園内に存在する。
西オーストラリア州にあるマウント・オーガスタスに次いで、世界で二番目に大きな単一の岩石である。
『世界の中心』という意味合いで「大地のヘソ」もしくは「地球のヘソ」と呼ばれることもある。
ウルルを形成する砂岩は鉄分を多く含んでおり、外観は鉄分が酸化した赤色を呈している。
太陽の当たり方で色が変わって見え、朝陽と夕陽により赤色がより鮮やかになる。
ウルルは岩盤が長期的に削剝され形づくられたもので、比高335m(標高868m)、周囲は9.4kmである。
表面には地層が表れ、地表からほぼ垂直に無数の縦じまを形成している。
アボリジニがウルル周辺に住み着いたのは、今から1万年以上前といわれる。
アボリジニが遺したとされる、精霊や水場の位置が描かれた壁画があり、最も古いものは1千年程度前のものと推定されるLayton, Robert (August 2001). Uluru: An Aboriginal History of Ayers Rock (2001 revised ed.). Canberra: Aboriginal Studies Press. ISBN 0-85575-202-5. Department of the Environment Parks Australia。
アボリジニの聖地であり、古くからアボリジニので「ウルル」と呼ばれるが、ウルルは固有名詞であり特に意味はない。
ウルルは1980年代から正式名称として使われ始めた。
表面の色、風食による巨大なくぼみや穴などはノッチとも呼ばれ、精霊が宿っているとされる。
1976年にアボリジニ土地権利(北部準州)法が制定された際にウルルは対象から除外されていたため、1970年代後半からピチャンチャチャラ評議会及びセントラルランド評議会は法の改正を要求するロビー活動を展開した。
その結果、1983年11月にホーク政権は法の改正とウルルの所有権を伝統的所有者に返却することを宣言した。
そして1985年10月26日、ウルルの所有権はオーストラリア政府から本来の所有者であるこの地域のアボリジニ(アナング、Anangu)に返却され、同時に2084年まで一帯の土地を環境エネルギー省にリースされることとなった。
ウルル周辺にもアボリジニの聖地がいくつかあり、許可無く立ち入った場合は罰金が科せられる。

引用:Wikipedia:データベース

エアーズロック 2年後登山禁止に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもエアーズロック 2年後登山禁止に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング