ウッチャンナンチャン 紅白司会説とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
ウッチャンナンチャン、コンビで紅白司会説 大みそかが東西芸人の ...
2時間前 - 今年も早いもので、残り3カ月を切った。年末が近づくと、話題を集めるのが大みそかのNHK紅白歌合戦。出場歌手もそうだが、司会を誰が務めるのかも気になるところ。2年連続で総合司会を務めた内村光良(55)が有力視されるが、今年は ...
ウッチャンナンチャン、コンビで紅白司会説 大みそかが ... - MSN.com
ウッチャンナンチャン、コンビで紅白司会説 大みそかが東西芸人...
ウッチャンナンチャン、コンビで紅白司会説 大みそかが ... - zakzak
今年も早いもので、残り3カ月を切った。年末が近づくと、話題を集めるのが大みそかのNHK紅白歌合戦。出場歌手もそうだが、司会を誰が務めるのかも気になるところ。2年連続で総合司会を務めた内村光良(55)...- 夕刊フジ- 1時間前
ウッチャンナンチャン、コンビで紅白司会説 大みそかが ... - zakzak
2時間前 - 産経新聞社 ウッチャンナンチャン、コンビで紅白司会説 大みそかが東西芸人の対抗戦に!? 今年も早いもので、残り3カ月を切った。年末が近づくと、話題を集めるのが大みそかのNHK紅白歌合戦。出場歌手もそうだが、司会を誰が務めるの ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもウッチャンナンチャン 紅白司会説に関連のある画像ばかりではありません。
ウッチャンナンチャン 紅白司会説の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

ウッチャンナンチャンは、内村光良と南原清隆から成る日本のお笑いコンビ、司会者。
通称「ウンナン」「UN」。
マセキ芸能社所属。
とんねるず、ダウンタウンとともに、お笑い第三世代として数えられる。
1985年、横浜放送映画専門学院(現日本映画大学)の漫才の講義で一緒に組んだのをきっかけとして、コンビ結成。
この時に講師をしていた内海桂子・好江の薦めで、マセキ芸能社所属のタレントとなる。
ウンナンを初めて見た好江は、2人の才能を見抜き、「この2人を絶対に逃しちゃダメよ!」と涙ながらに言ったという。
お笑いコンビとしては『お笑いスター誕生!!』(日本テレビ系)から本格的な活動を始めた。
その頃のコンビ名は「おあずけブラザーズ」(おあずけシスターズをもじって命名)であった『ウッチャンナンチャンのオールナイトニッポン』の企画でリスナーに配布した「裏カセット2」に、この当時の漫才が収録されている。
ちなみに司会者からは「ナンチャンウッチャンのおあずけブラザーズ」と紹介されており、名前の並びが現在と逆だった。

『ショートコント』を流行らせた第一人者でもある。
1987年、専門学校の同期生である出川哲朗、入江雅人らと劇団SHA・LA・LAを結成し、演劇役者としても活動。
内村は、脚本と演出も担当した。
因みに、長谷川初範が先輩であったことをラジオ等でネタにした事もあった。
1988年に放送開始したフジテレビの深夜番組『夢で逢えたら』で人気に火がつき、1990年代にはとんねるず、ダウンタウンに続き「お笑い第三世代」として、若年層を中心に人気を博した。
1989年からは『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)のパーソナリティも担当した( - 1995年)。
1990年、フジテレビ系列『とんねるずのみなさんのおかげです』の休止に伴い、後番組のメインとして2人が抜擢され『ウッチャンナンチャンの誰かがやらねば!』がスタート。
『夢で逢えたら』のテイストを下地にゲストを交えて作りこんだコントで、人気を博す。
『ウッチャンナンチャンの誰かがやらねば!』が半年間の放送を終了し時間帯を土曜夜8時に改め『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』として再出発。
時事ネタや人気ドラマ、ミュージシャンを題材としたパロディーコントで高視聴率を得た。
また、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ系列)は、当時の日本テレビのバラエティー黄金期を支えた中心的な番組の1つで、番組の全盛期である1996年〜1999年まではほとんどの回で視聴率が20%を超えていた時期もあった。
そのため、金曜日に東京ドームの巨人戦が組まれていた場合は巨人戦を優先し番組を休止していたが、消化試合の時は番組を優先して放送した。
『ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!』(テレビ朝日系列)もイライラ棒が大人気となり、当時のテレビ朝日の看板番組となるなど、民放各局で人気番組を生み出し、一躍1990年代を代表するお笑いコンビとなる。
以後現在に至るまでダウンタウンと並び日本のお笑い界を牽引する存在として第一線で活躍し、後続の芸人たちに多大な影響を与え続けている。
結成10年目となった1995年頃から、お互いの話し合いにより単独での活動も始めるようになる僕の「日本人の笑い」再発見 狂言でござる ボケとツッコミには600年の歴史があった(祥伝社、2010年)。
近年はコンビでのテレビ出演は減少傾向にあり、2019年現在、コンビ名義でのレギュラー番組は存在しておらず、コンビでの仕事は単発特別番組の司会やトークライブなどごく少数に限られている。
内村はゴールデンタイムの番組を中心に、南原は昼の帯番組を中心に司会を担う事が増えている。
またタレント活動以外でも内村は映画制作、南原は現代狂言やスポーツキャスターなど、二人とも幅広い分野でソロ活動を行なっている。

引用:Wikipedia:データベース

ウッチャンナンチャン 紅白司会説に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもウッチャンナンチャン 紅白司会説に関連のある動画ばかりではありません。

ウッチャンナンチャン 紅白司会説に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング