りゅうこつ座エータ星とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
160年前に起こった星の「臨死体験」 - アストロアーツ
銀河系最大級の連星「りゅうこつ座エータ星」が、地球に降り注ぐ高エネルギー粒子(宇宙線)の発生源の一つであることが、広島大や米航空宇宙局(NASA)などの観測で分かった。 研究成果は2日付の英科学誌ネ...- 時事通信- 3時間前
爆発寸前、謎の連星で数百万度の「風」を観測 | ナショナルジオグラフィック ...
巨大連星、宇宙線源だった=広島大など- 時事通信- 3時間前
ベテルギウス以外に超新星爆発が近い恒星「りゅうこつ座イータ星」とは ...
りゅうこつ座η星は、非常に大きな光度を持つ極超巨星である。その質量は太陽質量の100倍から150 ... りゅうこつ座η星がイータカリーナ星雲に及ぼす効果は直接観測することが可能である。上図の暗いボック・グロビュールや ...

■2019年1月02日
人類史上最も遠い天体に到達した探査機の偉業と任務とは?
2019年1月1日の元日。 人類の宇宙探査史上初の偉業が達成されている事に、 気付いている人はどれくらいいるのでしょうか? あの冥王星探査で話題となった太陽系外縁天体探査機ニュー・ホライズンズが、冥王

■2018年12月28日
火星生命の可能性は地下?水や有機物を確認する地質学的探査
これまで人類が行って来た火星探査は、火星の地表が主な舞台でした。 しかし、2018年11月に火星に着陸した探査機・インサイトのミッションは地下調査です。 地下調査は、地質学的側面から火星内部を調べる事

■2018年12月22日
太陽系の果て?観測史上最も遠い天体発見と第9惑星との関係
太陽系で最も遠い惑星は今のところ海王星。 その距離は地球から約45億キロと、気が遠くなるような距離ですが、 それよりも4倍も遠い場所に新たな天体が発見されて話題になっています。 そんな遠い場所にある天

■2018年12月19日
西郷星の正体が2年に1度の火星大接近スーパーマーズだった話
大河ドラマの「西郷どん」も惜しまれつつ放送終了。 個人的にはなかなか面白い歴史ドラマだったという感想なのですが、 ネットでは結構賛否が分かれているようですね。 でも何故、この天文系のサイトで「西郷どん

■2018年12月12日
ボイジャー2号は通信可能な太陽系最遠部到達の偉大な人工物
NASAが40年以上前に打ち上げた無人惑星探査機・ボイジャー2号を覚えているでしょうか。 現在、このボイジャー2号は地球から遠く離れ、太陽圏を脱出したとのニュースが流れ話題になっています。 でも、ボイ

■2018年12月11日
サンプルリターン方法「はやぶさ2」の他NASA小惑星探査機も
日本では小惑星・リュウグウに到着した探査機「はやぶさ2」が話題になっています。 「はやぶさ2」の最大の任務は小惑星のサンプルを地球に持ち帰る~サンプルリターン・ミッション。 しかし、このサンプルリター

■2018年12月05日
第9惑星とはどんな天体?実在の可能性大も発見出来ない理由
「太陽系第9惑星発見か?」のニュースが世界中の話題になってから結構な年月が経ちます。 しかし、残念ながら未だ”世紀の大発見”のニュースが流れて来ません。 いったい第9惑星ってどうなったのか? そもそも

■2018年11月30日
地球外知的生命の宇宙船説に疑問?恒星間天体の特徴と正体は
2017年に史上初めて観測された恒星間天体「オウムアムア」。 恒星間天体~つまり、太陽系外からやって来た天体として初めて確認されたワケですが、 この天体が何故か、地球外知的生命体から太陽系に送り込まれ

■2018年11月26日
冬のダイヤモンドと大三角の星の名前と覚え方や見つけ方解説
一年を通じて冬季は特に空気が澄むシーズン。 しかもこの季節は、明るく、そして美しく輝く星も多く見ることが出来ます。 そんな星たちの中で有名なのが、「冬の大三角」と「冬のダイヤモンド」と呼ばれる明るく輝

■2018年11月17日
地球に近いバーナード星系に惑星発見!生命と移住の可能性は
バーナード星と聞いてピンと来ない人は多いか?と思います。 「もしかしてスターウォーズに出て来る惑星の事?」 といった具合にSF映画にでも登場するかのような星にも聞こえる名前ですが、 この星は実在する星

りゅうこつ座エータ星の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

りゅうこつ座η星(りゅうこつざイータせい、Eta Carinae, η Car)は、りゅうこつ座の恒星。
太陽質量のおよそ70と30倍の大質量星同士の連星であり、高光度の青色超巨星(高光度青色変光星、LBV)である。
光度は太陽のおよそ40万倍である。
銀河系内でも特に異色の大質量星である。
イータ(エータ)・カリーナという名でも知られている。
過去に恒星から放出された大量の物質が星雲(人形星雲)となって周囲を取り巻いており、この星雲を含めてイータ・カリーナと呼ぶ事もある。
なお、ラテン語では Eta Carinae であり、原語により忠実に読むと「エータ・カリーナエ」、英語では「イータ・カライニー」となるが、日本語ではCarinaを属格Carinaeにしない「イータ(エータ)・カリーナ」という通称が広まっている。

引用:Wikipedia:データベース

りゅうこつ座エータ星に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもりゅうこつ座エータ星に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング