りゅうこつ座エータ星とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
160年前に起こった星の「臨死体験」 - アストロアーツ
銀河系最大級の連星「りゅうこつ座エータ星」が、地球に降り注ぐ高エネルギー粒子(宇宙線)の発生源の一つであることが、広島大や米航空宇宙局(NASA)などの観測で分かった。 研究成果は2日付の英科学誌ネ...- 時事通信- 3時間前
爆発寸前、謎の連星で数百万度の「風」を観測 | ナショナルジオグラフィック ...
巨大連星、宇宙線源だった=広島大など- 時事通信- 3時間前
ベテルギウス以外に超新星爆発が近い恒星「りゅうこつ座イータ星」とは ...
りゅうこつ座η星は、非常に大きな光度を持つ極超巨星である。その質量は太陽質量の100倍から150 ... りゅうこつ座η星がイータカリーナ星雲に及ぼす効果は直接観測することが可能である。上図の暗いボック・グロビュールや ...

■2018年7月03日
地球外生命体がいる可能性が高い?系外惑星カタログ簡単解説
これまでの太陽系外惑星探査で、もしかしたら地球外生命体が存在するかも知れない系外惑星は、全部で55発見されています。(2018年6月現在) そんな生命生存の可能性がある惑星をオンラインデータベース化し

■2018年6月29日
一般相対性理論の正確性が証明された銀河レベルの検証方程式
誰もが一度は耳した事があるアインシュタインという名前。 彼がどんな人か?何をした人なのかはわからなくても、この名前から来るイメージ像は頭の”良い人”・”天才”なのではないでしょうか? そんな”天才”ア

■2018年6月26日
太陽系惑星の衛星数と代表的な天体を順番にまとめてみた
太陽を公転する惑星は全部で8つ(もうすぐ9番目の惑星発見?)。 そんな惑星たちの周りを回る衛星も全部で150個以上(2018年現在)あります。 これらの衛星の特徴は非常に興味深く、 衛星でありながら惑

■2018年6月17日
太陽の構造に似た「くじら座タウ星系」に宇宙移民は可能か?
最近観た映画「GODZILLA怪獣惑星」で登場した「くじら座タウ星」。 これはSFアニメ映画ですが、くじら座タウ星は実在する星です。 映画では、壊滅しかけた地球を追われた人類が移民先の新天地として目指

■2018年6月12日
宇宙観測史上最大(超質量)と最小恒星の規模を比較してみた
我々が日常的に目にする事が出来る巨大な星は太陽です。 地球から見れば太陽はとてつもなく巨大な星でありますが、宇宙規模で見ると太陽は標準サイズ、むしろ小さいくらいなのです。 では、宇宙規模で巨大な星とは

■2018年6月10日
NASAが太陽系外惑星をVR再現!リアルな想像図で宇宙の旅
最近、次々と発見されている地球に似た太陽系外惑星。 そんな系外惑星に行って見たら、どんな感じなんだろう? とNASAがVRで再現したコンテンツを公開し話題になっています。 発見はされたけど、地球から遠

■2018年6月10日
太陽系第7惑星天王星の横倒しの地軸の謎や環と衛星の特徴
太陽系第7番目の惑星「天王星」は、他の惑星たちとは一風変わった特徴を持つ惑星です。 それは地軸が横倒しになっていて、横道面をまるでゴロゴロと転がるように自転しながら太陽の周りを公転しています。 そして

■2018年6月05日
小惑星リュウグウ到着後の探査機はやぶさ2のミッション内容
2014年12月3日に地球を出発した日本のJAXA小惑星探査機「はやぶさ2」。 打ち上げ以降、順調に飛行を続け、 いよいよ目的地である小惑星「リュウグウ」に到着します。 「リュウグウ」に到着した「はや

■2018年5月31日
深宇宙天体探査機の最終目的地は史上最遠天体「世界の果て」
冥王星探査を大成功させたNASAの太陽系外縁天体探査機「ニュー・ホライズンズ」。 冥王星探査だけでも偉業を成し遂げた感のあるニュー・ホライズンズですが、 まだまだそのミッションは終わりではなく、 今度

■2018年5月28日
NASAが宇宙で生活を実現するプロジェクトを進行の理由とは?
「スペースコロニー」という言葉を一度は聞いた事があるかも知れません。 これは、人類が宇宙で暮らすために造られた人工の居住地で、現時点ではSFやアニメの世界でしか描かれていない架空の居住地です。 そんな

りゅうこつ座エータ星の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

りゅうこつ座η星(りゅうこつざイータせい、Eta Carinae, η Car)は、りゅうこつ座の恒星。
太陽質量のおよそ70と30倍の大質量星同士の連星であり、高光度の青色超巨星(高光度青色変光星、LBV)である。
光度は太陽のおよそ40万倍である。
銀河系内でも特に異色の大質量星である。
イータ(エータ)・カリーナという名でも知られている。
過去に恒星から放出された大量の物質が星雲(人形星雲)となって周囲を取り巻いており、この星雲を含めてイータ・カリーナと呼ぶ事もある。
なお、ラテン語では Eta Carinae であり、原語により忠実に読むと「エータ・カリーナエ」、英語では「イータ・カライニー」となるが、日本語ではCarinaを属格Carinaeにしない「イータ(エータ)・カリーナ」という通称が広まっている。

引用:Wikipedia:データベース

りゅうこつ座エータ星に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもりゅうこつ座エータ星に関連のある動画ばかりではありません。

りゅうこつ座エータ星に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング