よゐこ 旧コンビ名時代とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
よゐこ18歳 旧コンビ名時代を公開! ナイナイ岡村も反応 - MSN.com
4時間前 - お笑いコンビよゐこの濱口優が18日、自身のインスタグラムを更新し、旧コンビ名「なめくぢ」時代の写真を公開。当時18歳の若かりし頃の写真にファンからは反響の声が集まったほか、芸人仲間のナインティナイン岡村隆史からもコメントが寄せ ...
よゐこ18歳 旧コンビ名時代を公開! ナイナイ岡村も反応(クランクイン ...
よゐこ18歳 旧コンビ名時代を公開! ナイナイ岡村も反応
よゐこ18歳 旧コンビ名時代を公開! ナイナイ岡村も反応 /2019年7月19 ...
4時間前 - お笑いコンビよゐこの濱口優が18日、自身のインスタグラムを更新し、旧コンビ名「なめくぢ」時代の写真を公開。当時18歳の若かりし頃の写真にファンからは反響の声が集まったほか、芸人仲間のナインティナイン岡村隆史からもコメントが寄せ ...
よゐこのニュース(芸能総合・648件) - エキサイトニュース(5/22)
よゐこ(よいこ)は、日本のお笑いコンビ。所属事務所は松竹芸能。ともに大阪府大阪市此花区出身、大阪市立汎愛高等学校卒。お笑い第四世代の代表格 ... 旧コンビ名, 有野&濱口なめくぢ ... 学生時代: 同じ中学校に通っていた濱口と有野は、中学3年の頃通っていた塾が同じであったため仲良くなる。 ... その後コンビ名を「なめくぢ」にするが、 それでは売れないと事務所と北野誠に改名を促され、その場に置いてあった幼児向け雑誌の『 ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもよゐこ 旧コンビ名時代に関連のある画像ばかりではありません。
よゐこ 旧コンビ名時代の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

よゐこ(よいこ)は、日本のお笑いコンビ。
所属事務所は松竹芸能。
ともに大阪府大阪市此花区出身、大阪市立汎愛高等学校卒。
お笑い第四世代の代表格である。
; 学生時代: 同じ中学校に通っていた濱口と有野は、中学3年の頃通っていた塾が同じであったため仲良くなる。
有野の方が成績が良かったが、有野が受験する高校のランクを下げたため濱口と同じ高校に進学する。
高校進学後は同じクラスになることはなかったが、授業中に書いた手紙を休み時間に渡しあったり、一緒にトイレに行くなどしていたとのこと。
; コンビ結成: 元々濱口はお調子者でクラスの人気者ではあったが、お笑い芸人は特別な存在として、進路として考えたことはなかった。
その後高校を中退していたかつてのクラスメイトが、吉本興業の養成所であるNSCに入学したことを知り、「そんな身近にいた人が芸人になれるのなら、自分もなれるのではないか」と濱口が考え、就職が決まっていた有野を誘うこととなった。
ちなみにこの同級生は、後のテンダラーの白川悟実である白川はよゐこの二人とは、一学年上であったが、二年の時に留年したことで同級生となっていた。
テンダラーとして活動する以前からも、よゐこの高校時代のエピソードで、「ダブリの白川くん」として登場していた。

: 卒業後の1990年、既に東急ホテルのコックに就職していた有野を濱口が「芸能界に入れば酒井法子と結婚できる」という言葉で誘いコンビ結成実際は高校在学中に誘われた(『よゐこの企画案』#16より)。

「吉本はライバルの若手芸人が多い、松竹なら簡単に売れる」という理由で、吉本興業ではなく松竹芸能の養成所を選んでいる。
同世代で吉本を選んだナインティナインは、この理由について「あいつらは賢い」と評している。
: 初舞台当時のコンビ名は「有野&濱口」。
その後コンビ名を「なめくぢ」にするが、それでは売れないと事務所と北野誠に改名を促され、その場に置いてあった幼児向け雑誌の『よいこ』からコンビ名がとられた『丑バラ 20周年少年』(MBSラジオ)より。

しかし当の2人は改名に乗り気でなかったため、ささやかな反抗で「ゐ」の字を使い、現在の「よゐこ」となったしかし現在では改名したことにより売れたことに感謝しており、濱口はそれ以来「誠さんの言うことは何でも信じるようになった」と言っている(『めちゃ2イケてるッ!』2006年「濱口だましシリーズ」の放送において発言)。

ただし、形容詞の語尾の「い」を「ゐ」と表記するのは、現代仮名遣いとしても歴史的仮名遣としても誤りである。
この字については、「よぬこ」や「よるこ」とあえて間違えられることが多々あり、実際に『よるこ』というテレビ番組を持った事もある。
; 東京進出: コンビ結成後、『怒涛のくるくるシアター』『すとらびん式』などに出演するが、旧来の演芸番組では受け入れられず、早いうちに東京進出を果たすことになる。
テレビ番組『とぶくすり』などで知られるようになり、その後、1990年代中盤から『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』・『めちゃ2イケてるッ!』・『笑っていいとも!』などで露出が増えるようになった。
また、渡辺満里奈のラジオ番組にゲスト出演したのを機に「満里奈がファンらしいから使ってみるか」という話になり、全国ネット進出の足がかりを掴んだ。
実はこの出演は、ある日大阪に来ていたスチャダラパーがよゐこの存在を知り、生で見たいため、友人である満里奈を動かしたことが明かされている。
: 1992年1月、第13回ABCお笑い新人グランプリ審査員特別賞を受賞。
授賞式では緊張していた様子を観客に「斜に構えて生意気」と受け取られたため大ブーイングを浴びてしまった。
またこの日の『ナイトinナイト』に、受賞者全員がゲスト出演した際に、番組終わりの最後の一言で、濱口が先輩芸人も多くいる中で、「劇場に出ているような芸人にはなりたくない」と発言し、場を凍り付かせた。
: 上記のエピソードのように、若手時代は(特に濱口が)先輩から礼儀や態度で注意される事が多く、笑福亭鶴瓶やミスハワイなどから厳しい叱責を受けたことがある。
また挨拶や礼儀作法ができないことを、キャラクターとして売りにしていた時期もあり、ウンナンの正月特番において、東京の寄席に若手芸人が挑戦するという企画では、先輩芸人であるおぼん・こぼんに対して、横柄な態度を繰り返す、教えて貰った寄席のルールをすぐに破るということをノリとして演じていた。
; 近年の活躍: 現在はそれぞれが単独でテレビ出演する機会も多くなっている。
2001年ころまでは共に目立った活躍は見せなかったが、、2001年から出演するようになった濱口が『いきなり!黄金伝説。
』の「一ヶ月一万円生活」などに出演するようになってから、濱口の収入が多い事を有野がネタにしていた。
しかし、2003年から始まった『ゲームセンターCX』のDVDがヒットした有野の方が収入が多い事を濱口がネタにしている。
: コンビ揃って嫌煙家・下戸である。
酒に関しては、濱口は酒がほとんど飲めず、若手時代に『とぶくすり』で濱口がビールを飲み泥酔する場面が放送された。
最近では『いきなり!黄金伝説。
』の無人島生活で、濱口が飲酒をするが、少ししか飲めず、すぐに酔っ払うという。
有野はビールが全くダメだが、焼酎はそれなりに飲めるという。
: 年1回夏冬にそれぞれ単独ライブ(よゐこライブ)を開催している。
このうち夏のライブは「よゐこのこども祭り」と題し、4歳から12歳までの子供を対象にしており、大人と子供(4歳〜12歳)での参加が必須条件となっており、大人同士、子供同士でのチケット購入はできない。
また、4歳以下の子供も入場することができない。
小学館学年誌『小学一年生〜六年生』では、先行予約も行っている。
舞台では濱口が主役、松竹の後輩芸人が脇役で、有野が悪役という役割がほとんどである。

引用:Wikipedia:データベース

よゐこ 旧コンビ名時代に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもよゐこ 旧コンビ名時代に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング