ぷよぷよ テトリスとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
ぷよぷよテトリス - SEGA
ぷよぷよテトリス』プロモーションキャラクター 前田敦子さんのかべがみ公開! 『 ぷよぷよテトリス』ダウンロードコンテンツ第3弾配信! 2014.03.4. 「ぷよの日2014 キャンペーン」「ぷよぷよテトリスたいけんばん プレゼントキャンペーン」応募受付終了! 2014.02.28.
ぷよぷよ™テトリス®S - SEGA
「ぷよぷよ」は「テトリス」のよさを反転させて生まれた
ぷよぷよテトリス | 製品情報 - SEGA
ゲーム作家・米光一成さんインタビュー 「ぷよぷよ」は1991年に誕生し、今なお愛されている人気ゲームだ。「テトリス」という絶対的な人気を誇る「落ちモノパズルゲーム(落ちゲー)」がすでに世に存在していた...- ニュースイッチ- 55分前
Nintendo Switch|ダウンロード購入|ぷよぷよ™テトリス®S ...
ぷよぷよテトリスS. ... Tetris logos, Tetris theme song and Tetriminos are trademarks of Tetris Holding. The Tetris trade dress is owned by Tetris Holding. Licensed to The Tetris Company. Tetris Game Design by Alexey Pajitnov. Tetris Logo ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもぷよぷよ テトリスに関連のある画像ばかりではありません。
ぷよぷよ テトリスの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

ぷよぷよ』(Puyo Puyo)は、株式会社コンパイルが発売した落ち物パズルゲームのシリーズ。
また、このシリーズにブロックとして登場するスライムタイプのモンスターの名前でもある。
どちらも縮めて「ぷよ」と呼ばれる。
1998年3月にコンパイルが経営破綻により和議申請を行った際、『ぷよぷよ』シリーズの知的財産権がセガ(後のセガホールディングス)IPは2015年3月まではセガが保有。
セガグループ再編に伴い2015年4月以降はセガホールディングスがIPを保有。
商標権(登録商標第2590721号ほか)はセガゲームスが保有している。
に売却され、2002年9月以降はコンパイルからの販売が終了し、その後はすべてセガグループ各社(セガゲームス、セガ・インタラクティブ)が販売を行っている(後述)。
: ※ 以下の記述で、販売会社を「セガ」と略記している場合あり。
『テトリス』の登場により空前の落ち物パズルゲームブームとなり、1980年代末から1990年代初頭に掛けて各社から二匹目のドジョウを狙った多くの亜流作品のパズルゲームが登場した。
『ぷよぷよ』もまた、そのような時代に生まれたパズルゲームの一つである。
ディレクター&サウンド担当の塚本雅信及びデザイナーの森田健吾は当時『DiscStation』に掲載されたユーザー投稿ゲームに着想を得て、ドミノの牌が降ってきて、同じ数字や連番になるように積む『どーみのす』というゲームを開発していたが、遊べる段階まで実際に作ってみたところ全く面白くなかったため、作り直すことになった。
その際コンピュータRPG『魔導物語』のスタッフ(初代開発者である田中貢がプロジェクトの合間に遊びで作っていたものを元に、米光一成を中心としたチーム)が関わり、落下するブロックを『魔導物語』に登場するぷよぷよに置き換え、それに伴いルールも一新した別のゲームに作り変える形で開発した。
最初に世に出たのは、1991年10月25日に同時に発売されたMSX2版とファミコン ディスクシステム版(発売は徳間書店インターメディア)である元々は、80年代当時に徳間書店より発行されていたゲーム専門雑誌の最古参『ファミマガ』で立ち上がった読者参加型企画「ファミマガディスク」から生まれたゲームで、唯一の企業とのタイアップものとして制作されたのが本作であった。

この時点では、雑誌「マイコンBASICマガジン」上で記事を執筆していたライターの手塚一郎が対人戦の面白さを大いに評価していたものの、大きな話題を呼ぶことはなかった。
当時ぷよぷよ以前の落ち物パズルには面クリアがなく、難易度が徐々に上昇する中でどれだけミスをしないで長時間続けられるかを競う「自分自身との戦い」の要素が大きかった。
実際に当初セガからはアーケード版の開発に当たって、「1Pプレイをエンドレス形式にしよう」と提案され、それでロケテストに望んだが成績が振るわなかったためコンパイル社長の仁井谷正充が「ひとりでぷよぷよ」を提案したところ、テストの評判が良く採用されることになった。
その後、画面とサウンドを強化し、モードや操作性などに大幅な改良を加え、対戦モード「ひとりでぷよぷよ(対コンピュータ戦)」「ふたりでぷよぷよ(対人戦)」をメインにしたアーケード版が1992年10月に、メガドライブ版が1992年12月18日に発売された(どちらも発売はセガ)。
これにより本作ではCPUの操るキャラクターや他のプレイヤーという「対戦相手との戦い」がテーマとなり、ゲームセンター等で対人対戦が大いに盛り上がることとなった(有)カジタリアン『テレビゲーム・ランキング・データブック 1995.9〜1998.8』、KKベストセラーズ、1998年、p.67。
ISBN 4-584-16090-2『コンプリート・コンパイル』、p.40。

また、可愛らしいキャラクターたちが受けたのか、女性プレイヤーも多かった。
また、50-60代という比較的高齢のプレイヤーも少なくなかった小説『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』内でも、オカンがぷよぷよをプレイするシーンが登場する。

この他、本作が当時斬新だった点として「連鎖ボイス」が挙げられる。
これは、『魔導物語』に搭載されていた(当時のRPGとしては珍しい)キャラクターボイスを引き継いだものとなっている。
制作元がセガに移った後の作品にも、非常に大きな連鎖をしたときに「ば・ば・ば・ばよえ〜ん!!」と声が重なる演出が存在するが、これも『魔導物語』に登場する魔力倍加魔法「ダイアキュート」が元になっている(倍率が上がるごとに重なる回数が増えていく)。
なお、『魔導物語』から継承した点としてキャラクターと連鎖ボイスが有名だが、それ以外にもBGMやフィールドを囲っている枠、状況に応じたキャラクターの表情変化などにも『魔導物語』に通じる意匠が散見される。
このようにして、アーケード用の対戦型格闘ゲームにより一般化していた「対戦プレイ」の要素を落ち物パズルに持ち込んだ本作は老若男女から支持され大ブームとなり、瞬く間に『テトリス』と並ぶ落ち物パズルゲームの代名詞となる。
後に続編や移植作・番外編などを含め、多くの作品が発売されることになる。
他作品の詳細は#シリーズ一覧及び解説を参照。

引用:Wikipedia:データベース

ぷよぷよ テトリスに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもぷよぷよ テトリスに関連のある動画ばかりではありません。

ぷよぷよ テトリスに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング