ねるねるねるねとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
ねるね研究室|トップページ|クラシエ
ねるねと仲間たちの研究室へようこそ!「ねるねるねるね」「ポッピンクッキン」「ハッピー キッチン」などの知育菓子(R)を紹介します。アニメ、マンガ、ゲームなど楽しいコンテンツ もいっぱい!ねるねたちが暮らすわくわくタウンの様子もついに明らかに!
ねるねるねるね - 商品紹介|クラシエ - たいせつなこと。Kracie
概要-CM・キャラクター-主なサイバー菓子-脚注
ねるねるねるねとは (ネルネルネルネとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
... 番、3番の3つの袋がひとつの透明袋に入って包装されているものがあります。 □ フレーバー:おたのしみねるねる:いちごケーキ味&チョコソース なかよしねるねる: いちご味&メロン味 ねるねるねるね:ブドウ味、ソーダ味 □形態・サイズ: 袋 □販売地区 : 全国.
「ねるねるねるね」はなぜ色が変わって膨らむのか? | Chem-Station
2014年8月9日 - ねるねるねるねとは、クラシエフーズ株式会社(旧カネボウフーズ株式会社、旧 ベルフーズ株式会社)から発売されているお ... そのCAを素材としたMADの中毒性から か、ねるねるねるねを信仰する、ねるねる教たる派閥も存在する。7月21日 ...

■2018年5月01日
合成手法に焦点を当てて全合成研究を見る「テトロドトキシン~その1~」
ケムステでは数多くの全合成の論文について紹介してきました(リンクに関しては多すぎるので割愛致します)。 (形式)全合成の論文を読む際に、スキームや条件を眺めながら構築段階を追ったり、逆合成解析を見て骨

■2018年4月30日
第45回BMSコンファレンス参加者募集
日本質量分析学会の部会であるBMS(Biological Mass Spectrometry)研究会のBMSカンファレンスの会告です。 毎年行われており、今回で45回目。工夫をこらした多数の講演と参加

■2018年4月28日
アメリカで Ph.D. を取る –結果発表ーッの巻–
本連載ではアメリカで Ph.D. を取得することを目標に奮闘してきた学生の様子を記録してきました。本記事は、その結果発表、これまでの振り返り、および抱負などを記した雑記です。 結果発表ーッ! もったい

■2018年4月27日
静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒
2017年、南洋工科大学・金城 玲らは、ジアザジボリニンを触媒前駆体として用いるカルボニル化合物の触媒的ヒドロホウ素化反応を達成した。系中生成する化学種が基質と静電相互作用することで反応を加速させると

■2018年4月26日
持続可能性社会を拓くバイオミメティクス
内容 生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍的な展開により,表面のぬれ特性や形態・自己修復能等,より広範な視点から生物の機能に学ぶバイオミメティクス研

■2018年4月25日
鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化
2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメタルカルベン種を活用し、アリル位・ベンジル位の分子内C-Hアルキル化反応を達成した。 “Cataly

■2018年4月24日
「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より
「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。 向井さんはカリフォルニア大学バークレー校・Richmond Sarpong研に博士研究員として滞在され、難関化合物の全合成研究に取り

■2018年4月23日
研究者向けプロフィールサービス徹底比較!
研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査員、高インパクト論文の読者、講演の聴講者、就職先の面接官などなど、ありとあらゆる人が研究者名を検索エ

■2018年4月21日
天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略
概要 生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子であり,特別な機能をもつ.その天然物の全合成は創薬への応用など,科学的な重要性はきわめて高く,合成を効率化

■2018年4月20日
細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾
地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の回りのたくさんのものに含まれています。 答えは、植物の細胞壁の主成分、セルロースです。セルロースは、

Kracie オンラインショッピング | ねるねるねるね | 子ども菓子 | クラシエ
ねるねるねるねはひぇーっひぇひぇひぇっ練れば練るほどいろが変わってこうやってつけ て.... てーれってれーっ♪」 このCMほとんど知らない人いいないと思います。筆者はこの CM結構怖かったイメージですが。そう謎のお菓子「ねるねるねるね」のCMです。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもねるねるねるねに関連のある画像ばかりではありません。
ねるねるねるねの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

ねるねるねるねは、1986年よりクラシエフーズ(旧カネボウフーズ・ベルフーズ)から発売されている菓子。
砂糖を主成分とした粉に水を加えて「ねるねる」を作り、キャンディチップやチョコクランチを付けて食べる。
化学実験を思わせる手順によって自ら菓子を「作る」斬新さや、作る過程でねるねるの色が変わる点などが子供の心を掴み、発売から30年以上経った現在も根強い人気を誇っている。
開発当初は「ねりっちょ」という名称も検討されたが、議論の末「ねるねるねるね」となった。
2011年時点で、累計7億食を販売している 、ZAKZAK、2011年7月27日。

ねるねるねるねを始めとして、クラシエフーズが発売する一連の作る菓子は、サイバー菓子(ケミカル菓子)などと呼ばれていたが、社名がクラシエフーズになってからでは知育菓子というジャンルで展開している。
「知育菓子」はクラシエの登録商標である。
ねるねるねるねの場合、着色に使われるのはアントシアニン系の色素であり、着色料の原材料は紫キャベツの葉(赤紫色)、クチナシの果実(黄色)、スピルリナ(青色)である。
色の変化も酸性値の変化によるもので、これはリトマス試験紙と同じ原理である。
初期には練ると糸を引く物もあった。
2011年2月に、味のリニューアルが行われ、現代の子供の味覚に合わせて「おいしいブドウ味」を甘めに変更した。

引用:Wikipedia:データベース

ねるねるねるねに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもねるねるねるねに関連のある動画ばかりではありません。

ねるねるねるねに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング