ぎぼむす 脚本絶賛とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
ぎぼむす 脚本に原作への敬意 | 2018/9/4(火) 9:01 - Yahoo!ニュース
TBS系連続ドラマ「義母と娘のブルース」は、3話連続で番組最高視聴率を更新中と絶好調。森下佳子氏が手掛ける「笑って泣ける」脚本に視聴者からは絶賛の声が上がっている。
「ぎぼむす」綾瀬はるかのアドリブシーンを原作者が絶賛! - BLOGOS
19時間前 - よく綾瀬はるかさんが一瞬、ビクッとしたり、目を大きく見開いたりするのですが、表情一つ変えるだけで、亜希子さんが、怒っているとか、驚いているといった感情が伝わってきて、すごいなと思います」こう語るのは、綾瀬はるかが主演を務める『 ...
『ぎぼむす』に見る、無機質な“ロボット系主人公”ドラマが人気のワケ ...
綾瀬はるか主演の『義母と娘のブルース』(TBS系、略称『ぎぼむす』)が好調だ。初回 視聴率11.5% ... 脚本 ...
「ぎぼむす」綾瀬はるかのアドリブシーンを原作者が絶賛! - 琉球新報Style ...
19時間前 - 【女性自身】「よく綾瀬はるかさんが一瞬、ビクッとしたり、目を大きく見開いたりするのですが、表情一つ変えるだけで、亜希子さんが、怒っているとか、驚いているといった感情が伝わってきて、すごいなと思います」こう語るのは、綾瀬はるかが ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもぎぼむす 脚本絶賛に関連のある画像ばかりではありません。
ぎぼむす 脚本絶賛の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

義母と娘のブルース』(ぎぼとむすめのブルース)は、桜沢鈴による日本の漫画作品。
『主任がゆく!スペシャル』(ぶんか社)にて連載された。
血の繋がらない母娘の辿る20年間の軌跡を描く。
2018年7月期にTBS系でテレビドラマ化された。
; 岩木亜希子(いわき あきこ) → 宮本亜希子(みやもと あきこ): 仕事一筋のバリバリのキャリアウーマン。
32歳の若さで部長。
良一とみゆきからは聖徳太子や千手観音に例えられるほど有能である。
また部下を育てる力に長け、取引先の接待術にも優れたまさにスーパー部長。
: 宮本良一と結婚し、みゆきの義母となる。
結婚後は退職して専業主婦。
結婚当初は家事が不得手であったが、みゆきが高校生になるころには上達している。
: みゆきの高校進学を機に近所のパン屋「フランセ」にパート勤務をし、業績を改善。
この経験を活かして経営コンサルタント会社を立ち上げた。
: 仕事一筋過ぎて世間の常識に疎い面があり、おしゃれができなかったり、みゆきの一般常識に関する質問をビジネス用語の質問と勘違いしてそれを教えてしまったりしている。
恋愛にも疎かったが、良一に対しては結婚後に愛情が芽生え、良一だけを生涯愛し続ける。
; 宮本良一(みやもと りょういち): みゆきの父。
亜希子の夫でみゆきの実母(前妻)とは死別している。
余命僅かで身寄りもいないため、自分の死後にみゆきを託せる相手を求め、亜希子と再婚する。
その結果亜希子は退職したため、「(ライバル会社のスーパー部長と結婚して会社を辞めさせ、結果的に自社の仕事を増やした)救世主」と呼ばれるようになった。
: 入社八年目にして花見の場所取りをする、自社の入札金額をライバル会社にいた亜希子に言ってしまうなど、決して有能とは言い難いが、人柄が良く、上司に可愛がられていた。
: 再婚から約1年後、病気が悪化して亡くなる。
; 宮本みゆき(みやもと みゆき): 良一の娘。
当初は義母になる亜希子に対して反発していたが、徐々にズレてはいるものの一生懸命な亜希子を受け入れていく。
良一の葬儀の日に初めて亜希子を「おかあさん」と呼んだ。
亜希子の教育の結果、姿勢や箸などの立ち居振る舞いは完璧だが、勉強は「7×8=54」と九九を間違えるなど、亜希子やヒロキがあきれるほどできない。
また亜希子が一般常識をビジネス用語で教えてしまったため学業には役立っていない(CD→「譲渡可能定期預金証書(Certificade of Deposit)」など)。
ただしビジネス用語には非常に詳しく、告白の返事を「鋭意検討して善処します」と言ってしまうほど。
: 大学卒業後ヒロキと結婚し、二児の母となる。
; ヒロキ: みゆきの小学校のクラスメート。
実母の死後ふさぎこんだみゆきを心配してちょっかいをかけていたがのちに友人関係となる。
しかし些細なことがきっかけで絶交してしまい、高校生になるまで会話もなかった。
高校生になってからみゆきとの交友が再開し、麦田章(下記参照)の恋路をみゆきと応援する。
大学卒業後みゆきと結婚し、二児の父となる。
: 母は小学校時代はボスママで、結婚して間もなかった亜希子と保護者会で2時間にわたるバトルを繰り広げた因縁がある。
; 麦田章(むぎた あきら): 宮本家の近所のパン屋「フランセ」の店主。
腰を痛めて隠居した父から店を受け継ぐ。
元ヤンキーで、それもあって店の売り上げは悪かった。
年齢は亜希子より一回り以上年下。
: 亜希子がスーツでパートに面接に来た時には国税局か保健所の抜き打ち検査だと勘違いし、履歴書の立派さに持て余しかけ、大企業の元エリートだと金銭感覚は普通ではないと思って一度採用を見送るが、パンの耳を欲しがったのを見て採用。
その後店の立て直しをする中で亜希子に惹かれ、退職の際に告白するが玉砕する。
; 下山さん(しもやまさん): 宮本家の近所の噂好きなおばさん。
情報通で、企業の会長のゴシップを話したのがきっかけで亜希子と親しくなる。
その噂好きはみゆきが結婚後里帰りしたときも変わらなかった。
; 希美、大樹: みゆきとヒロキの間に生まれた長女と長男。

引用:Wikipedia:データベース

ぎぼむす 脚本絶賛のツイート

ぎぼむす 脚本絶賛に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもぎぼむす 脚本絶賛に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング