かぐや姫の物語 視聴率とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
<かぐや姫の物語>高畑勲監督の最後の監督作品 視聴率10.2 ...
1時間前 - 4月に亡くなった高畑勲監督の最後の監督作品「かぐや姫の物語」が、「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系)で18日に放送され、平均視聴率は10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。 【写真特集】“盟友”宮崎駿 ...
高畑勲さん遺作「かぐや姫の物語」視聴率は10・2% 朝丘雪路も声で出演 ...
高畑勲さん遺作「かぐや姫の物語」視聴率は10・2% 朝丘雪路...
かぐや姫の物語:高畑勲監督の最後の監督作品 視聴率10.2 ...
4月5日に肺がんのため死去したアニメーション映画監督の高畑勲さん(享年82)の遺作となった映画「かぐや姫の物語」が18日に日テレ系「金曜ロードSHOW!」(金曜・後9時)で放送され、平均視聴率10・...- スポーツ報知- 2時間前

■2018年11月27日
今日、小柴葵に会えたら。:「政宗くんのリベンジ」原作者の新連載 「色づく世界の明日から」のフライが作画
 テレビアニメ化もされたマンガ「政宗くんのリベンジ」の竹岡葉月さんが原作の新連載「今日、小柴葵に会えたら。」が、27日発売のマンガ誌「月刊ComicREX(レックス)」(一迅社)2019年1月号でスタ

■2018年11月26日
劇団EXILE鈴木伸之:極寒の池で「4回も刺された」 先輩・小澤雄太に恨み節
 「劇団EXILE」の鈴木伸之さんが24日、名古屋市内で行われた映画「jam(ジャム)」(SABU監督、12月1日公開)の舞台あいさつに、同グループの小澤雄太さん、小野塚勇人さんらと登場した。小澤さん

■2018年11月26日
SUITS/スーツ:中島裕翔&今田美桜の10秒超キスに視聴者興奮 「月9っぽい」の声も
 俳優の織田裕二さんが主演する、フジテレビの“月9”ドラマ「SUITS/スーツ」(月曜午後9時)の第8話が26日、放送された。同話の終盤で、「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔さんが演じる鈴木大

■2018年11月26日
後藤真希:デビュー20周年の来年は「歌える機会をたくさん作れたら」 
 元「モーニング娘。」の後藤真希さんが26日、エイベックスビル(東京都港区)で行われたクリスマスツリーイルミネーション「青山クリスマスサーカス by avex」の点灯式に登場した。2019年の抱負を聞

■2018年11月26日
下町ロケット:NACSリーダー森崎&ヤスケンの絡みに「胸熱」「尊い」 北海道愛も? 
 俳優の阿部寛さんが主演を務める連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系、日曜午後9時)の第7話が25日に放送され、北海道発の演劇ユニット「TEAM NACS(チーム・ナックス)」のリーダー・森崎博之さん

■2018年11月26日
滝沢秀明:「anan」でラストグラビア 「未練はありません」 三宅健ら15人がエールも
 年内で芸能活動引退を表明している俳優の滝沢秀明さんが、12月5日発売の女性誌「anan(アンアン)」(マガジンハウス)2130号の表紙に登場する。同誌で表紙とグラビアを飾るのは最後となる滝沢さんは、

■2018年11月26日
緒方恵美:“おじさん女性声優”に? 「ランティス祭り」出演に意気込み
 声優の緒方恵美さんが、アニメソングを中心とした音楽レーベル「ランティス」の大型イベント「20th Anniversary Live ランティス祭り2019 A・R・I・G・A・T・O ANISONG

■2018年11月26日
浅川梨奈:映画「リケ恋」舞台の埼玉大でトークショー 劇場予告映像も解禁
 アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」の浅川梨奈さんと俳優の西銘駿さんがダブル主演する映画「リケ恋~理系が恋に落ちたので証明してみた。~」(旭正嗣監督、佐藤敏宏監督、2019年2月1日公開)のト

■2018年11月26日
Aqours:「ランティス祭り」初出演 伊波杏樹「9人で全力を」
 アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の声優陣によるユニット「Aqours(アクア)」が、アニメソングを中心とした音楽レーベル「ランティス」の大型イベント「20th Anniversary Live

■2018年11月26日
乃木坂46井上小百合:水着姿で“ホッと一息” ファースト写真集の表紙公開
 アイドルグループ「乃木坂46」の井上小百合さんのファースト写真集「存在」(光文社、12月12日発売)の表紙カットが、公開された。表紙の写真は、井上さんがレマン湖畔にあるホテルのプールで水着撮影をした

■2018年11月26日
ランティス祭り:伝説のアニソンイベントが5年ぶり復活 Aqours、虹ヶ咲学園、スフィア、アイマスが…
 アニメソングを中心とした音楽レーベル「ランティス」の大型イベント「20th Anniversary Live ランティス祭り2019 A・R・I・G・A・T・O ANISONG」が、2019年6月2

■2018年11月26日
Koki,:今年デビューで「いろいろな経験させてもらった」 映画賞で「ライジングスター賞」受賞
 木村拓哉さんと工藤静香さんの次女Koki,(コウキ)さんが、ファッションメディア「ELLE (エル)」(ハースト婦人画報社)の映画アワード「エル シネマアワード2018」で、「これからの活躍を期待す

■2018年11月26日
キルラキル:「ザ・ゲーム -異布-」がスイッチでも発売へ
 2013年に放送されて人気を博したテレビアニメ「キルラキル」のゲーム「キルラキル ザ・ゲーム -異布-」(アークシステムワークス)がPS4、PCに加えて、ニンテンドースイッチ向けにも発売されることが

■2018年11月26日
さすらい温泉 遠藤憲一:ともさかりえ、山口紗弥加、SKE48大場美奈がマドンナに 地上波放送前にパラビで先行配信
 俳優の遠藤憲一さんが主演する1月スタートの深夜ドラマ「さすらい温泉 遠藤憲一」(テレビ東京、水曜深夜1時35分)のマドンナ役として、女優のともさかりえさん、山口紗弥加さん、「SKE48」の大場美奈さ

■2018年11月26日
ルルアのアトリエ:発売日は19年3月20日
 錬金術を題材にしたコーエーテクモゲームスのRPG「アトリエ」シリーズの最新作「ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~」(PS4・ニンテンドースイッチ)の発売日が2019年3月20日になることが

■2018年11月26日
野木亜紀子:けもなれ脚本家が「VOGUE JAPAN Women of the Year」受賞 「宣伝の一助になれば」
 ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)や現在放送中のドラマ「獣になれない私たち(けもなれ)」(日本テレビ系)などで知られる脚本家の野木亜紀子さんが、ファッション誌「VOGUE JAPAN

■2018年11月26日
中村アン:大学時代の「ヴォーグ」志望明かす 10年後の受賞に感激
 モデルで女優の中村アンさんが、ファッション誌「VOGUE JAPAN(ヴォーグ・ジャパン)」(コンデナスト・ジャパン)が、“今年輝いた女性たち”に贈る「VOGUE JAPAN Women of th

■2018年11月26日
マクロスF:シェリル・ノームの豪華なイヤリング、ピアスセット 10周年でK10使用
 アニメ「マクロスF」に登場するシェリル・ノームが身に着けているアクセサリーをモチーフにした「マクロスF 10th アニバーサリー シェリル・ノーム コレクション イヤリングセット/ピアスセット」が、

■2018年11月26日
松本穂香:“今年輝いた女性”に選出 「VOGUE JAPAN Women of the Year」受賞に「キラキラした場所に立っていいのかな」
 女優の松本穂香さんが、ファッション誌「VOGUE JAPAN(ヴォーグ・ジャパン)」(コンデナスト・ジャパン)が、“今年輝いた女性たち”に贈る「VOGUE JAPAN Women of the Ye

■2018年11月26日
平成仮面ライダー:「超全集」ボックスセットのクラウドファンディング達成 3000冊受注で商品化へ
 特撮ドラマ「平成仮面ライダー」シリーズの書籍「超全集」シリーズを集めた「平成仮面ライダー超全集BOX Vol.1」(小学館)のクラウドファンディングプロジェクトで、目標受注数の3000冊を達成し、締

かぐや姫の物語:高畑勲監督の最後の監督作品 視聴率10.2% | ニコニコ ...
<かぐや姫の物語>高畑勲監督の最後の監督作品 視聴...- まんたんウェブ- 7時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもかぐや姫の物語 視聴率に関連のある画像ばかりではありません。
かぐや姫の物語 視聴率の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

かぐや姫の物語』(かぐやひめのものがたり)は、『竹取物語』を原作としたスタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画。
監督は高畑勲が務めた。
2013年11月23日に公開された。
キャッチコピーは「姫の犯した罪と罰」。
高畑による監督作品は1999年の『ホーホケキョ となりの山田くん』以来、14年ぶりとなる。
高畑は本作公開から4年半後の2018年4月5日に死去し、本作が最後の監督作品となった。
※かぐや姫を除き、作中の登場順。
読み仮名は公式サイトに基づく、『かぐや姫の物語』公式サイト、2014年3月9日閲覧。

; (かぐやひめ): 声 - 朝倉あき/幼少期・内田未来: 本作の主人公。
光るタケノコの中から現れたときには、手に乗るほどの大きさの幼い姫の姿であったが、まもなく(その日のうちに)普通の赤子に変じた。
翁と媼からは一貫して「姫」と呼ばれる絵コンテや坂口理子のノベライズ版では、台詞・地の文(ト書き)を問わず、カタカナで「ヒメ」と記した箇所が多数存在する。

約半年あまりで少女に成長した。
その成長ぶりに木地師の子どもたちからは「タケノコ」と呼ばれるようになり、都に行く前には自らも称する場面がある。
: 裳着の際には成人貴族の化粧(お歯黒・引眉)を拒んだが、披露目の宴から脱走した事件の後はそれを受け入れた。
しかし、公達を退散させたあとにお歯黒をぬぐい去り、眉も元に戻している。
都暮らしには十分馴染まず、慰みとして屋敷の裏庭で草花を育て故郷を模した箱庭を作ったりしたが、石上中納言の訃報を聞いたときに「偽物(の野山)」だと破壊した。
御門からの出仕の命には翁に対して、拒否が御門の命に背くなら自分を殺してほしい、(御門が授けるとした)官位が翁の幸せになるなら、御門のところに行って官位が与えられるのを見届けてから自害すると答えている。
基本的に奥ゆかしく過ごす深窓の令嬢的な原作の姫とは違って姫君であることの窮屈さを嫌うようなお転婆な面がたびたび描かれており、また原作の最後にある帝に対して想いを寄せて和歌と不死の薬を残す場面などもない。
; (おきな): 声 - 地井武男・三宅裕司(特別出演): かぐや姫の育ての父。
名前は本作では「讃岐造(さぬきのみやつこ)」とされている『絵コンテ全集』pp.10、681『竹取物語』における翁の名前はテキストによって「さかきのみやつこ」「さぬきのみやつこ」の2種類存在する。

竹から黄金や衣を授かって以来、姫を「高貴の姫君」に育てることが姫の幸せと信じて疑わないキャラクターとして描かれる。
都の貴族からは成り上がり者と見られており、かぐや姫の名付けの祝宴に訪れた貴族から「名付けのためにいくら金を出したか」と絡まれたり、石作皇子がかぐや姫を「成金の娘」と表現する場面がある。
; (おうな): 声 - 宮本信子他に作中のナレーションも担当。
: かぐや姫の育ての母。
姫が赤子の姿になったあと突然母乳が出るようになり、姫に授乳している。
都に移り住んでからも、「落ち着く」という理由で機織りや野菜作り、炊事といった下働きにいそしみ、姫が草花を育てた裏庭も元は媼が野菜を育てていた場所である。
姫の理解者として振る舞い、悲しんだり落胆した姫の肩に手をかける描写が複数ある。
御門からかぐや姫を出仕させる命を受けて欣喜する翁には、姫の気持ちがまだわからないのかとたしなめた。
原作においては出番がほとんどなく、描写の大半は本作のオリジナルである。
; (すてまる): 声 - 高良健吾: 本作のオリジナルキャラクター。
木地師の子どもたちのリーダー格で、登場時の年齢は絵コンテでは「13歳」と記されている『絵コンテ全集』p.120。
他の子どもたちや姫からは「捨丸兄ちゃん」と呼ばれる。
山を去ったあと、都で何人かの仲間と物盗りのようなことをしていた(のちに姫と再会した折には、「よんどころなきゃ泥棒まがいのこともやって」と述べている)。
姫が月に帰る直前、山を訪れたときには大人に成長し、妻子もいた(姫は妻子は見ていない)。
; (めのわらわ): 声 - 田畑智子: かぐや姫の身の回りの世話をする侍女見習いの少女。
本作のオリジナルキャラクター。
外出できない姫のために桜の枝を折ってきたり、姫と屋敷の庭で羽根突きをしたりする場面がある。
姫が月に帰る夜は、姫がこもる塗籠の前で薙刀を持って守りについていたが、天人たちが来る前に外に出、子どもたちを率いて童歌を歌った。
この歌が、雲の上に引き上げられた姫を我に返らせている。
; (さがみ): 声 - 高畑淳子: 翁が姫の教育係として宮中から招いた女官で本作のオリジナルキャラクター実在した歌人の相模との関係は明言されていない。

立ち居振る舞いや琴、手習いなどを教える。
ふざける姫に手を焼きながらも、やれば見事なできばえであることは認めざるを得なかった。
貴族のしきたりや常識に疑いを持っておらず、5人の公達からの姫への求婚を見たときには、姫はなんと幸せなのかと感想を漏らしている。
「会ったこともない人とは添えない」と公達との面会を拒む姫に、翁が落胆するだろうと述べて翻意させた。
しかし、姫が難題を出して縁談を断ったことに驚き、「もう何も教えることはない」と屋敷を辞去した。
姫が月に帰っていくときには、斎部秋田と月見の宴をしていた。
; (いんべのあきた): 声 - 立川志の輔: 宮中の祭祀を担当する斎部氏の一人。
翁が姫の名付けを頼んだ相手。
初老の人物として描かれている。
翁の屋敷を訪れた際に地面で猫と戯れる姫を見て「なかなか愛らしい姫君」と評し、その後の対面の場で姫に「なよたけのかぐや姫」と命名した。
宮中の花見の宴の際に石作皇子にかぐや姫について問われ、それに答えたことが他の公達にかぐや姫への関心をかき立てるきっかけとなる(その際、かぐや姫が翁の実の娘ではなく、「竹から生まれた」と述べている)。
; (すみやきのろうじん): 声 - 仲代達矢 ぴあ映画生活 2013年9月17日(特別出演): 姫が故郷の山に戻ったときに出会った男。
木地師は木の枯渇を防ぐために移動して10年は戻ってこないと教え、芽を出した木の枝を見せて春がまた巡ってくることを姫に告げる。
; (くらもちのみこ): 声 - 橋爪功: 5人の公達の一人。
「蓬莱の玉の枝」を求められ、本作では最初に宝物を持参する公達として描かれている原作では石作皇子が最初。

姫から宝物を手に入れた経緯を問われて、身振りを含めた迫真の語りを演じるが、宝物は職人に作らせた贋物で、その場に職人が代金の支払いを求めて訪れたことで露見し、遁走した。
このエピソードはほぼ原作通りである。
; (いしつくりのみこ): 声 - 上川隆也: 5人の公達の一人。
美男子として描かれている。
原作とは持参する宝物やエピソード、順番が変えられており、「仏の御石の鉢」を求められたのに対して、レンゲソウの花を持参する原作では最初に姫に宝物を持参するが、その正体は寺にあったただの鉢であった。

「姫の求めているものは宝ではなく真心と気づいた」「都を捨てて自然とともに生きることが望み」と述べて姫の心を動かすが、実は気に入った女性を甘言で誘っては捨てている人物であることが、正妻である北の方に暴かれてしまう。
最初の登場時には口元にひげを生やしているが、再訪時にはひげのない顔になっていた絵コンテでは一貫してひげがない。

また、再訪時に屋敷の縁側に腰掛けて話す場面がある。
これは『源氏物語絵巻』「東屋」で薫の君が取ったポーズをモチーフとしている高畑勲・辻惟雄「日本美術とアニメーション」(対談)『美術手帖』2014年1月号、pp.66 - 73『絵コンテ全集』p.644。
; (あべのうだいじん): 声 - 伊集院光: 5人の公達の一人。
肥満体の人物で、常に化粧(白粉・口紅)をしている。
火にくべても燃えずにより輝く「火鼠の皮衣」を求められる。
多くの財をつぎ込んで手に入れたものの、姫からの求めで火にかけ、贋物であることが露見した。
宝物とそれにまつわるエピソードはほぼ原作通りである。
; (おおとものだいなごん): 声 - 宇崎竜童: 5人の公達の一人。
武人系の貴族として描かれており、翁の屋敷にも牛車ではなく騎馬で赴いている。
「龍の首の珠」を求められ、実際に筑紫の海まで取りに出かけたが、手に入れることはできぬまま、嵐と荒波に龍を見て翻弄されるまま脅える醜態を見せる。
原作にある逃げ帰ってからの後日談(顔を病気で腫らし、目がスモモのようになる)は、船中での出来事として描かれ、それ以外の宝物のエピソードはほぼ原作通りである。
かぐや姫が月に帰る際には、御門を囲んで月見をする公達の中にいた。
; (いそのかみのちゅうなごん): 声 - 古城環スタジオジブリの制作部長。
プレスコ時に人選に苦慮していた高畑監督からの指名でオーディションを受け、配役に決まった(パンフレットによる)。
スタッフとしては「音響制作デスク」としてクレジットされている。
: 5人の公達の一人。
年若い貴族として描かれており、翁の屋敷には騎馬で訪れた。
「燕の子安貝」を求められ、実際にツバメの巣に近づいて取ろうとしたが落下、腰を強打したことが原因で亡くなる。
この経緯はほぼ原作通り(落下していたとき手にしていたのがツバメの糞から、卵から孵化したばかりの雛に変えられている)だが、事故から亡くなるまでの間にかぐや姫と歌のやりとりがあったというエピソードは本作にはない。
; (きたのかた): 声 - 朝丘雪路(友情出演): 石作皇子の正妻で、本作のオリジナルキャラクター。
美しいとはいえない器量の持ち主。
石作皇子がレンゲソウの花を持って翁の屋敷を訪れた際に後を追い、御簾の裏側で皇子の話を聞いていたかぐや姫と入れ替わった。
皇子が御簾を払いのけてかぐや姫に突進したとき、そこには憤怒の表情の彼女が座っていた。
北の方は皇子の行状を暴き立て、皇子は平伏するばかりだった。
; (みかど): 声 - 中村七之助: 下顎の尖った容貌をしている。
漢詩の屏風を飾り、椅子に座るなど「中国かぶれの人物」として描かれている『絵コンテ全集』p.692。
5人の公達の求婚を拒んだかぐや姫は自分の元に来たがっていると考え、姫の出仕と翁への官位の授与を命じる。
姫が出仕を断ったため、自ら忍びで翁の屋敷を訪れ、姫を連れ去ろうとした。
原作ではこのあと約3年にわたってかぐや姫と文のやりとりをするがその下りは本作にはなく、月からの迎えが来るときに警護の兵を翁の屋敷に遣わせたり、かぐや姫が形見に残した「不老不死の薬」を燃やさせたりしたエピソードも用いられていない。
姫が月に帰るときには4人の公達(死亡した石上中納言以外)と月見をしていた。
; : かぐや姫を迎えに訪れる天人の王。
「月の王」という名前は絵コンテによる(言葉を発しないので台詞も存在しない)。
阿弥陀如来に酷似した姿をしている。
; : 声 - 朝倉あきクレジットやパンフレットには記載なし。
『ロマンアルバム エクストラ かぐや姫の物語』に言及がある(pp.91、163、169)。
その意図について高畑勲は「かぐや姫もまかり間違えばこうもなりうるという、合わせ鏡のような感じにならないかと思って」と述べている(p.163)。
: かぐや姫を迎えに訪れた天人の一人。
名前は絵コンテによる。
地上の記憶を失う天の羽衣を姫に着せる役目。
翁・媼との別離を悲しむ姫に、月に戻れば心乱れず地上の穢れもぬぐい去れると、早くすませることを促す。
絵コンテには「こういう愁嘆場は好きではない」と記されている『絵コンテ全集』p.866。
日本のアニメ映画としては破格ともいえる、企画開始から8年の歳月と50億円を超える製作費が投じられた - 東宝ウェブサイト(2013年11月7日)。
技法面では、『ホーホケキョ となりの山田くん』で導入された、アニメーターの描いた線を生かした手書き風のスタイルが本作でも使用された。
加えて、背景も動画に近いタッチで描かれ、両者が一体となり「一枚絵が動く」ような画面をもたらしている。

引用:Wikipedia:データベース

かぐや姫の物語 視聴率に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもかぐや姫の物語 視聴率に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング