お義父さんと呼ばせてとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
お義父さんと呼ばせて | 関西テレビ放送 KTV - KTV関西テレビ
息子”遠藤憲一 VS“父親”渡部篤郎!カンテレ・フジ系1月の火10ドラマは遠藤憲一& 渡部篤郎W主演!「お義父(とう)さんと呼ばせて」。愛する娘の結婚相手は、自分と同い 歳のオッサン!
『お義父さんと呼ばせて』 - とれたてフジテレビ
2015年12月19日 - 『お義父さんと呼ばせて』 -注目の2人!新川優愛&中村倫也が蓮佛美沙子と3兄妹に! サバサバ女子大生の妹と、神経質な兄が波乱を起こす!?
『お義父さんと呼ばせて』 - とれたてフジテレビ
2015年11月30日 - 『お義父さんと呼ばせて』 - “息子”遠藤憲一VS“父親”渡部篤郎。カンテレ・フジ系1月期の “火10”は遠藤憲一&渡部篤郎のW主演!愛する娘が連れてきた結婚相手は、父親と 同じ51歳のオッサンだった!
お義父さんと呼ばせて(ドラマ)最強親子に注目!キャストやあらすじも ...
2016年1月から火曜よる10時から放送される. ドラマ「お義父さんと呼ばせて」. もしも娘 が連れて来た彼氏が、 自分と同じ年齢だったら? もしも好きになった彼女の父親が、 自分と同じ年齢だったら? 年の差婚が流行りの今ならあり得る深刻な事態をコミカルに  ...
ドラマ お義父さんと呼ばせて のあらすじ(ネタバレ)やキャストについて ...
2015年12月21日 - フジテレビの2016年1月の火曜22時のドラマ枠で放送される新ドラマ「お義父さんと 呼ばせて」は個人的には非常に楽しみにしている作品の一つです。 ドラマ「お義父さんと 呼ばせて」は近年では当たり前になってきた(と言っても芸能界で)年の ...
お義父さんと呼ばせての画像や写真をYahoo!画像検索で見る

お義父さんと呼ばせて』(おとうさんとよばせて)は、2016年1月19日から 3月15日まで毎週火曜日22時 - 22時54分初回は直前の21時59分 - 22時に予告番組『新ドラマ「お義父さんと呼ばせて」放送開始1分前!』を別途放送。
に、カンテレ(関西テレビ)制作・フジテレビ系の「火曜22時枠」で放送された日本のテレビドラマである。
遠藤憲一と渡部篤郎のダブル主演で、遠藤は地上波ゴールデン・プライム帯の連続ドラマは初主演となる。
51歳で同い年の男性2人が、28歳年下の女性の恋人とその父親として出会い、結婚をめぐってコミカルに対立を繰り広げるホームコメディ。
; 大道寺 保(だいどうじ たもつ)〈51〉: 演 - 遠藤憲一: 中堅専門商社「やまびこ商事」の部長。
年収は手取りで650万円。
パソコンに疎く、やまびこ商事のシステムを請け負う美蘭の会社では「ミスター・フリーズ」とあだ名されている。
土日も返上してしまいがちなほど激務の日々を送っており、恋愛に無頓着なまま51歳を迎えた。
作中では砂清水や紀一郎からワニ呼ばわりされるほどのワニ顔。
強面であり、その容姿によって命拾いしたこともあった。
: パソコンの操作が苦手で、保守作業に来ていた28歳年の離れた美蘭と相思相愛になり結婚を申し込む。
素朴だが生真面目で几帳面な性格。
思いやりに厚く部下や得意先に好かれているが、上からの冷酷な命令には反発してきたため出世出来ずにいた。
仕事に対しては体を張って必死になる一方で花澤家ではどう振舞っていいのか分からず、常に挙動不審に陥っている。
美蘭とは年が離れすぎで父親と同い年のため、当然のごとく花澤一家には結婚を反対されるが、地道に家族を説得して行こうと奮闘を始める。
赤ワインには弱く、悪酔いをして花澤家に不満をぶちまけてしまう。
仕事の接待で偶然にも紀一郎も同席する中、得意先の部長のたってのリクエストで裸踊りを披露せざるを得なくなり、塞ぎ込んでしまう。
達筆であり、得意先に心のこもった手紙を送るために好感を持たれている。
美蘭のことを「みーちゃん」と呼ぶ。
また紀一郎のことを初対面で「お父さん(当初は義父という意味ではなかった)」と呼ばれるのを拒否された時から「ダディ」「パパン」「おとっつあん」「きーぼう」と紀一郎の呼び方が二転三転することとなる。
母の静香に対しては「お母さん」「奥さん」「静香さん」と曖昧である。
; 花澤 紀一郎(はなざわ きいちろう)〈51〉: 演 - 渡部篤郎: 美蘭の父で大手総合商社「帝洋物産」の最年少役員。
年収は3000万円。
成功したビジネスマンとして雑誌やテレビの取材にひっぱりだこで、勝ち組志向な人物。
海外相手には「アントニオ花澤」と名乗っている。
『LEON』を好んで読む。
週3残業のないゆとりのある生活が会社の方針。
保のような接待等で体を張った仕事方針を嫌い、頭脳戦で仕事を行う事を好み、仕事終わりにはジムに通っている。
上司に対しては常に媚を売っており、現帝洋物産社長に気に入られて現在の常務のポジションにつけた。
出世のためなら部下を大規模にリストラした事もあり、社内では「ヒラメ」「ハゲタカ」とも呼ばれている。
中小企業や昔ながらの営業手法を小馬鹿にしている。
美蘭が連れてきた同い年の保に父親らしく結婚を反対するが、それがきっかけで自身の家族が隠していた問題が次第に明らかになっていく。
結婚を反対された保が誠意を込めて書いた手紙を最初は美蘭の書いたものと勘違いして涙を流すものの、保のものだと分かると、父娘の情報が筒抜けになっていることに憤慨し、却って余計に結婚に反対する事となる。
仕事の接待で保が体を張って見せた裸踊りを根拠に家族に反対を煽る。
赤ワインなどの洋酒を好んで呑む。
上司に睨まれつつ部下に好かれ、土日返上で働き、赤ワインに弱く、素朴な保とは異なり、上司に媚びへつらい、週休3日残業のない労働、赤ワインが好きで、勝ち組志向という保とは対象的な存在である。
; 花澤 美蘭(はなざわ みらん)〈23→24〉: 演 - 蓮佛美沙子: 紀一郎の長女。
大手IT企業オーシャンソリューションズに勤めるシステムエンジニアで理系女子。
仕事で客先であるやまびこ商事のシステムを担当したことがきっかけで保と知り合い、素朴な人柄に惚れて相思相愛の恋愛関係になる。
保の事を「たもっちゃん」と呼ぶ。
結婚を決まるまでは家族には保の事を26歳の彼氏と話し、保には両親は75歳とごまかしていた。
父親に対しては強気で接して喧嘩になる事もしばしばではあるものの、親子らしく意気投合する事もある。
一度ハマった事にはとことん突き詰める性格で母親の静香からは猪みたいな性格だと言われている。
結婚に反対された際には、強引に籍を入れようと強行手段に出ようとするが、保に説得されいったん落ち着く。
結婚相手に幸せにしてもらうという考えは古く、結婚は二人で幸せになるものだと志向で保と家族を説得していこうと奮闘していうことになる。
; 花澤 静香(はなざわ しずか)〈46〉: 演 - 和久井映見:美蘭の母で紀一郎の妻。
良識人で献身的に家族を支えてきた専業主婦。
当初は保との結婚は他の家族と同様に反対していたが、保の人柄を次第に理解するようになり、美蘭との仲を応援するようになる。
紀一郎との関係は「最近、会話が少なくなってきた」とボヤいており、実は密かに離婚届を準備している。
隠し部屋を持っており超特急のグッズを大量に保持している。
人の名前を呼び間違えることが多く、保のことは「大文字」「大掃除」「大惨事」「道明寺」「らいおんず」、砂清水を「砂嵐」「スナネズミ」など適当である。
; 花澤 葉理男(はなざわ はりお)〈24〉: 演 - 中村倫也: 美蘭の兄。
父親のコネで有名企業に入社。
一人前にもなっていないのに「自分のやりたい仕事がしたい」などと愚痴を保にこぼすが、酔った勢いの保に一喝される。
「恋愛はコスパが悪い」と言っていたが、後に女装趣味があることが発覚(大学時代に冗談で女装をしたところ、ハマってしまったらしい)。
家族に言いだせずに悩んでいたところ、偶然保に目撃された。
「ありのままの自分をさらけ出せ」と説得され、家族の前でカミングアウトする。
この出来事がきっかけで自分に自信が付き、保への理解が深まることになる。
; 花澤 真理乃(はなざわ まりの)〈21〉: 演 - 新川優愛: 美蘭の妹。
大学生兼モデル。
父親と同じような勝ち組志向。
軽薄な面がある。
恋愛はメリットを考えて付き合う。
姉や祖父が起こす色恋沙汰のトラブルを楽しんで見物しているが、実は姉に対して常にコンプレックスを抱き、ライバル視してきた。
姉への対抗心ゆえの勇み足の就職活動ではトラブルに巻き込まれそうになるが、保と紀一郎の一時休戦・共同戦線により、間一髪で窮地を救われ、保つへの理解を示すようになる。
ただし、相変わらずトラブルを楽しんでいるようである。

引用:Wikipedia:データベース

お義父さんと呼ばせてに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング